逆襲される文明 日本人へIV (文春新書)

  • 79人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (7)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 塩野七生
  • 文藝春秋 (2017年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166611409

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
佐々木 圭一
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

逆襲される文明 日本人へIV (文春新書)の感想・レビュー・書評

  • 【待望のシリーズ第四弾!】「イスラム国」の台頭、激発するテロ、軋むEU、トランプ登場…ローマ帝国滅亡を思わせる激動の時代、歴史は何を教えてくれるのか。

  • 20171015 日本人へ シリーズ。出ると買ってしまうのは歯切れの良い文章を浴びたいから。読むと何かスッキリした気になる。歴史を学ぶ事の意義は計り知れない。今の日本に置き換えて読めるのも塩野さんの勉強のおかげだと思う。ギリシャ人の物語も読みたくなった。

  • 2013-2017年に文藝春秋の連載。エッセイ連載、ということもあるので、記載されている時事は少し昔?を感じさせるけれど、それは逆にほんの少し前だからかも。もっと時間がたてば逆に新鮮に読むことができるかもしれない。おそらくは(残念なことに)このエッセイから学べることは10年後も、なるほど、と思わせるでしょう。
    いつもの著者の平易でわかりやすい文章のおかげで、読者は政治や世界情勢といったものへの興味を惹かれるのではと思います。それらは、多くの人が難しいと思っていると思いますが、それは自称先生たちが、自分を偉そうにみせるために難しく言っているせいだなぁと思うのです。著者の考え方はもちろん色々な考え方の一つだと思いますが、多くの人が(特に若い人が)そのようなことを考えるようになれば著者もうれしく思うのではないかなと思います。
    それにしても歴史というのは多くを示唆してくれている。もっと歴史から学ぶーそれは世の中を良くしそうだなと、著者の本を読んでいるといつも思います。
    ただ、もしこのレビューを読んだ方が、著者の本を読んでみたいと思うなら、このエッセイから入るのではなく、著者のこれまでの本を先に読んでみてほしい。そうすればより、著者の思いが理解できると思うので。
    そうですね、ローマ人の物語のような重厚なものではなく・・・やっぱり「海の都の物語」がお勧めです。
    もう20年も前にもなりますが、母親に勧められて読んだ、著者の作品ですね。僕も、久しぶりに読んでみようかなぁ・・・

  • その本を読んだあとだからか、散漫さを感じた。過去の「日本人へ」と比べても。読み手の側の変化か?

  •  塩野さんが文藝春秋に連載されている「日本人へ」をまとめた4冊目の作品です。「ギリシア人の物語」を執筆されているときのエッセイということもあり,タイトルの「逆襲される文明」に当てはまる内容が多くあったように思います。
     民主主義を代表とする至近の価値観が現在,そして今後も通用するのか,そして今の価値観が本当に正しいと信じ切ることが正しいのか,そのようなことを問いかけるエッセイが多くあったと思いますし,このスタンスは,過去からの塩野さんの作品群でも共通していると考えます。

  • 「想像力とは相手を思いやる力」。はい。そうだと思います。プラス優しさだと思います。はい。

全6件中 1 - 6件を表示

塩野七生の作品一覧

塩野七生の作品ランキング・新刊情報

逆襲される文明 日本人へIV (文春新書)の作品紹介

騒然とした日々の出来事から、普遍の教訓を抜き出す珠玉のエッセイ集。「イスラム国」が引き起こした戦争とテロが世界を震撼させる一方で、EUは揺らぎつづけ、ついにイギリスが離脱。その間も難民の流入は止まることがない。アメリカではトランプ大統領が誕生し、その発言が物議をかもす。そして日本はいまだ不況から抜け出せず……まるでローマ帝国の滅亡を思わせる激動の時代に、私たちは生きている。 古代ギリシア、ローマ帝国、ルネサンス時代の歴史との対話を、およそ半世紀にわたってつづけてきた著者は、移りゆく日々の情勢を扱いながら、そこから歴史の教訓を抜き出す。「宗教は、人間が自信を失った時代に肥大化する」「民主政が危機に陥るのは、独裁者が台頭してきたからではない。民主主義そのものに内包されていた欠陥が、表面に出てきたときなのである」「歴史を経ることで人間は進歩するとは思っていない」 また、世界情勢だけではなく、祖国日本への愛にあふれた提言や、先達として後輩女性への率直なアドバイスもつづられる。 月刊「文藝春秋」の好評連載「日本人へ」第4弾。

逆襲される文明 日本人へIV (文春新書)はこんな本です

逆襲される文明 日本人へIV (文春新書)のKindle版

ツイートする