新装版 竜馬がゆく (3) (文春文庫)

  • 5018人登録
  • 4.06評価
    • (864)
    • (566)
    • (710)
    • (10)
    • (2)
  • 277レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 文藝春秋 (1998年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167105693

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 竜馬がゆく (3) (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • なんか、マンガを読んでるような感覚だな〜別にワクワクするとかスリリングとかそういうことでは無いのだが、竜馬がどんどん大きくなっていく姿が読んでて楽しすぎる。

  • 土佐藩脱藩から海舟勝麟太郎との出会い、神戸での船舶株式会社設立までの流れと、尊王攘夷・倒幕の機運の高まりが主題となります。
    竜馬が思い描く(この時代では)独自の倒幕・開国論が先見性がありすぎて痛快です。
    また司馬遼太郎のカットインが見ものです。
    楽しくて毎回ワクワクします。

  • p.410 竜馬持論
    「人の一生というのは、たかが五十年そこそこである。いったん志を抱けば、この志にむかって事が進捗するような手段のみをとり、いやしくも弱気を発してはいけない。
    たとえその目的が成就できなくても、その目的への道中で死ぬべきだ。生死は自然現象だからこれを計算に入れてはいけない。」

  • 脱藩した竜馬がようやく動き始める。
    竜馬が何をやりたいのか、どういった才能があるのかまだわからないが、勝海舟との出会いや私設海軍の創立に向けては奔走するなど。
    どんどん物語にひきこまれる。

  • この時代になると、登場人物の写真が残ってるから、イメージがしやすいな。

  • いよいよ竜馬の人生が動き出した!
    勝海舟との出会いから、竜馬の生きる道標が照らし出される。
    「われは奇策家ではないぞ。おれは着実に物事を一つずつきずきあげてゆく。現実にあわぬことはやらぬ。それだけだ。」

    今までの常識にとらわれず、そして現実をふたつの眼でしっかり見据えた竜馬がいよいよ天をゆく竜となり地をかける馬となる。

  • 勝海舟との出会い。海外への憧れ。脱藩浪人から志士への変化。お田鶴様の心遣い。そして何より一目惚れしたおりょうとの出会い。それ以外にも、それらすべてが未来の龍馬を形作ってゆく。

  • 寺田屋騒動、生麦事件、勝海舟との出会い、お竜との出会いなどと重要な出来事が沢山出てくる。息つく暇もなく進む。竜馬は一見、傍若無人で出た所勝負だが、自分が生きていく舞台をよく分かっているようだ。

  • P71 寺田屋騒動「まだ、夜は暗い。が、維新の陽は、やがてこういう連中の累々たる屍のむこうに、昇るのであろう。」司馬遼太郎のこういう煽り?がすごく好き。

  • 竜馬がいよいよ動き出したところ。男は事を成すために生まれてくる。僕もそう思う。

  • 坂本竜馬がその時代の志士たちの数歩前を歩む姿が描かれており、これぞ坂本竜馬だという思いがした。
    薩摩、長州、土佐の志士たちが、いぜんとして幕藩体制という枠組みの中でのみ論じ、世の中を見ているのに対して、世界の中の日本という視点をもち未来を眺望していた、かつその中で自分がどうあるべきかを考えて形にする能力をもっていたという点で、まさに単なる剣豪、単なる尊皇攘夷を超越した英傑である姿が現れはじめた。

  • 時世が段々と竜馬に追いついてきた。
    竜馬に限らず、この時代の人物の「熱さ」を自分も欲しい。
    もう一度。

    竜馬を見て思ったが、旅や人との出会いは自己を成長させる。

  • 人間、好きな道によって世界を切り拓いてゆく。
    竜馬はそんな言葉を残している。
    船。ふねに託された竜馬の夢は大きい。


    (ていうか、重太郎、いいヤツ!)


    ”既成事実”
    竜馬の終生の理想は、アジア連邦政府。

    世の既成概念をやぶる、というのが真の仕事というものである。

  • 剣術という一つの柱を持つこと、
    大志を持つこと、
    人との出会いを大切にすること、
    行動すること、

  • しばりょ先生の小説の書き方が自由なところがとっても好きです。このシリーズではついに、竜馬としばりょ先生が会話し始めたので大喜び。筆遅ない?って言う竜馬に、仕方ないんじゃって言い訳してる。ライトノベルのあとがきみたいでうきうきしました。

  • 勝麟太郎との出会い、そして海軍操練所へ。一方、お竜との出会いから、一目惚れへ、そして有無を言わさぬ結婚宣言。龍馬、人生における公私の転機となった巻である。自由人龍馬が持て囃されるが、実のところ、幕府という強固なしがらみの中で、組織人として困難な処世に挑みつつ、理想を追う勝麟太郎が実に魅力的に映る。

  • 脱藩後、京都、東京へ。半平太との反目シーン。岡田以蔵の人斬りへの進化。勝海舟との出会い。いよいよ、僕らの知ってるあの坂本龍馬が形成されてきます。

    おりょうさんも後半登場!いよいよ役者が揃ってきました。

  • いよいよ竜馬が忙しくなってきた。脱藩を許され帰藩。おりょうも出てきた。個人的にはお田鶴様が好きだがしょうがない。

  • ついに動きはじめる。面白くなってきた。

  • 本当に、小説のような人生だ。
    しかし、やはり腑に落ちない点がいくつか。竜馬があまりにも民主主義に精通していること。越前の殿様から五千両あっさり投資してもらったこと。スルーしそうになるが、これはありえない。なぜ実現できたのか不思議。

  • 時代小説の名作(代表作、入門の一冊)。

    「世に生を得るはことを成すにあり」

    おもしろいぜよ。

  • 土佐藩の脱藩、江戸、京都、大阪などを転々としながらも竜馬は自分の道を見つけ始める巻でした。 勝海舟との出会い後の物語がスピード感がよく次へ次へと読みたくなる内容でした。 

    この本を読んで江戸時代というのは、決まったことを行っていれば、ある意味幸せに暮らすことができた時代かなとも受け取れました。 

    その反面、「〜は出来ない」と「〜しか行ってはいけない」という規則が多く従うしか生活が出来ない制度を作ったため、俯瞰してものを見るという考え方が生まれにくい時代だったのかも知れません。 その中で竜馬は本当に稀な存在だったのでしょう。 同じ時代に竜馬のような人物は大勢いたとも思えますが、利他的な考えを持つ人がいなかったのでしょう。 

    現代社会でも同じような考えで大企業病というのがそれに当てはまるのでしょうか。 

    次が楽しみです。

  • 読み始め…10.8.17
    読み終わり…11.3.19  ・・オットの本棚より・・

    レビューは最終巻 8巻に書きました。

全277件中 1 - 25件を表示

新装版 竜馬がゆく (3) (文春文庫)を本棚に登録しているひと

新装版 竜馬がゆく (3) (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新装版 竜馬がゆく (3) (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新装版 竜馬がゆく (3) (文春文庫)の作品紹介

浪人となった竜馬は、幕府の要職にある勝海舟と運命的な出会いをする。勝との触れ合いによって、かれはどの勤王の志士ともちがう独自の道を歩き始めた。生麦事件など攘夷熱の高まる中で、竜馬は逆に日本は開国して、海外と交易しなければならない、とひそかに考える。そのためにこそ幕府を倒さなければならないのだ、とも。

新装版 竜馬がゆく (3) (文春文庫)のKindle版

新装版 竜馬がゆく (3) (文春文庫)の文庫

新装版 竜馬がゆく (3) (文春文庫)の単行本

ツイートする