新装版 竜馬がゆく (5) (文春文庫)

  • 4444人登録
  • 4.05評価
    • (754)
    • (456)
    • (626)
    • (13)
    • (1)
  • 200レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 文藝春秋 (1998年10月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167105716

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 竜馬がゆく (5) (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • わずか150年前の事だが、50歳を過ぎれば老人で命に対する考え方も風習も全く異なる。
    坂本龍馬は大胆にして意外と思慮が深く、常に目標達成を考え抜いている。海軍、貿易、経済と幅広く知識を吸収し、吸収した知識で行動している。交渉術も相手の利益も考えてwin-winを目指している
    西郷隆盛の鈴虫の対応はなかなか出来ない

  • 勝が一旦表舞台から去る。そして、西郷吉之助、満を持して登場。大久保一蔵の影が薄いのは止むを得ないが、ようやく役者が揃った感がある。しかしまぁ、お竜の「女」の部分は、善悪はともかく、どうにも引いてしまう。幕臣最後の一言居士大久保一翁については、中公新書を読みかえそうかな。

  • 罪悪感を感じながら本を読んでる今日この頃

  • 龍馬の第2期青春期として、海軍操練所が閉鎖となるまでのお話し。閉鎖を決定理由には、蛤御門の変、池田屋事件などに参加した諸藩の脱藩浪人が実は、操練所で教育を受けていた志士がいたということ。これで、勝麟太郎は失脚…

    新撰組花盛りの京都市中。長州藩の落日。
    薩摩藩の台頭と西郷と龍馬の出会い。

    大きく畝る時代の中で、剣ではなくあくまでも話し合いで解決を目指す龍馬。

  • 5巻は池田屋事件、蛤御門の変と新撰組が登場する歴史の流れでこの後長州征討の勢いが強まってくる時代背景が描かれています。 

    逆らうものは容赦をしないという時代背景ですが、今の時代にも殺害というものは減ってきてはいますが、
    仕事の中で逆らうものは容赦しないという考え方は今でも残っていると感じます。 

    対企業でも、対社内でも日々闘争を繰り広げられています。

    竜馬は優れた剣術を使わずにあくまでも話し合いを持って和解、同盟(共通の目的を持つ)に進める志は今の私に必要な意識を思い出させてくれます!

  • 学校閉鎖に対する策が、株式会社設立とは、あまりにも突飛。時代を飛躍して未来からもってきた考えかたで、竜馬の背後には英国がいたというのもうなずけてしまう。

  • メモ…このへんからだれてきていたような気がする。竜馬が最初の方が面白い。

  • 時代小説の名作(代表作、入門の一冊)。

    薩長同盟に向けて、盛り上がりを見せる巻。

    おもしろいぜよ。

  • 読み始め…10.8.17
    読み終わり…11.3.19  ・・オットの本棚より・・

    レビューは最終巻 8巻に書きました。

  • 新選組視点からではない池田事件を読む。長州藩高杉晋作、来島又兵衛。天王山とは。薩摩藩西郷吉之助。禁門の変。蛤御門の変、京都全市が3日間燃え続けた。西郷と坂本出会う。おりょうめんどくさい。ごわす、どん。ちょうど大鐘のごとし。小さく叩けば小さく鳴り、大きく叩けば大きく鳴る。評するも人、評せらるるも人。坂竜飛騰。神戸海軍塾解散。

  • 時代の大きな波にのまれながらも、大局からその波を見極めようとする龍馬の姿は今日でも見習うべきことがあるはずだ。いかに目の前が暗かろうが、一段も二段も高みに上って眺めてみれば、きっとなにがしかの突破口はあるのだろう。

    長州が暴発して、そこからの薩摩の台頭を迎え、いよいよ西郷吉之助が登場。そのおかげで、主役の龍馬の出番が減りだした!

    志半ばで斃れる志士たち。たとえ目の前が辛くても、命あってこそだ。生きてさえいればいずれ何とかなる時が来るかもしれないとこの作品は教えてくれる。

  • 池田屋事件、禁門の変と長州の没落、そして長州征伐と時代が動く。神戸海軍操練所の閉鎖と勝麟太郎との別れと西郷隆盛との出会いと坂本龍馬も慌ただしくなる。

  • 寺田屋事変と、蛤御門の変。
    そしていやいよ世紀の連合へーー。

  • 勝の先見性に、ひたすら感心する。
    おりょうとお田鶴さまの接触には、妙な緊張感を覚えた。長州の話は重苦しく、激変への踏み台的な巻である。

  • 勝海舟と坂本竜馬、立場を超えた師弟愛に感動した。
    長州の没落と薩摩の台頭など、情勢がどんどん変わっていって面白い!

    竜馬って案外好色だったのかなと思った(笑)

  • 長州藩がどんどん悪者になっていって、薩摩藩が着実に力をつけてきて、の第5巻。西郷どんが表舞台にガッツリ出てきて、いよいよ竜馬とも意気投合。その竜馬は、勝海舟のバックアップを失って、せっかく手に入れた船も手放すことになってしまったけど、上記薩摩藩を後ろ盾に私設艦隊作りに着手。英雄の邂逅が着々と進んで、いよいよ大きく歴史が動き出す、って感じ。

  • 竜馬がゆく(一)ご参照。

  • 「お見やーン」がツボに入った。土佐独特の気合をかける時に使う言葉だと書かれているけど、逆に気が抜ける。……亀、逃げ切ってほしかった。

  • 池田屋事件。
    蛤御門の変。
    海軍塾解散。
    勝との別れ。
    おりょうとの恋で狼狽える竜馬など、見所たくさんの巻。

    「お覚悟なさいませ。お田鶴さまも、さな子さまも、きっと間違っていらっしゃったんです。坂本さまのようなひとには、憑く覚悟でかからねば、どこへ行ってしまわれるかわかりません」
    おりょうの大胆さと奇抜さに、竜馬は次第にのめり込んでいく。

  • 06133

    池田屋の変、蛤御門の変と、みせ場の多い巻。

全200件中 1 - 25件を表示

新装版 竜馬がゆく (5) (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新装版 竜馬がゆく (5) (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新装版 竜馬がゆく (5) (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

新装版 竜馬がゆく (5) (文春文庫)の作品紹介

池田屋ノ変、蛤御門ノ変と血なまぐさい事件が続き、時勢は急速に緊迫する。しかし幕府の屋台骨はゆるんだようにも見えない。まだ時期が早すぎるのだ…次々死んでゆく同志を想い、竜馬は暗涙にむせんだ。竜馬も窮迫した。心血を注いだ神戸海軍塾が幕府の手で解散させられてしまい、かれの壮大な計画も無に帰してしまった。

新装版 竜馬がゆく (5) (文春文庫)の単行本

新装版 竜馬がゆく (5) (文春文庫)の文庫

新装版 竜馬がゆく (5) (文春文庫)の単行本

ツイートする