新装版 坂の上の雲 (1) (文春文庫)

  • 7942人登録
  • 3.95評価
    • (1074)
    • (818)
    • (1079)
    • (54)
    • (15)
  • 756レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 文藝春秋 (1999年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167105761

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 坂の上の雲 (1) (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 2017/4/29 第一巻読了。

  • おもしろくないことはないのだろうが、あまり興味が湧かない。そのため1巻で終わりにする。
    読み止めは久しぶりで2作品目だ。

  • 維新後の明治初期。
    なんだかよくわからない時代としか認識せず、食わず嫌いの節があった。

    大半が司馬さんの力量のおかげで、グイグイ引き込まれる。
    なんともエネルギッシュな人々が溢れている。
    この調子で行けば最終巻はいったいどうなってしまっているのだろうか。

    次巻へ

  • 歴史物が食わず嫌いで、初めての司馬遼太郎なんだけど、ツラい。事実を並べているようなところから、いきなり人物が語ったかの様にフィクションが混ざる文体が苦手。こういうのが好きな人がいるのは理解するけど、慣れてないせいか、頭が混乱する。実在の人物を好き勝手動かす事への拒否感が先に立って、フィクションとして楽しめない。とりあえずあと7巻、読破はしよう…

  • 2017.03.10読了。

    明治期という、日本の大変革期の世相とそこに生きる人々がよく描かれている。
    秋山好古・真之兄弟と正岡子規、3人の幼少・青春期を中心に展開しており、大変に読みやすい。
    次巻が気になる。

  • 幼少期、学生時代

  • 最近のマイブームである日本史に関する本。特に戦国以降に関しては、疎く知識が乏しかったから勉強になった。
    続きが気になる。

  •  明治時代が上り坂と見るのなら、日露戦争勝利はその坂の天辺に相当するのかもしれない。私は必ずしもそう考えないが……。

     そして、司馬が明治を描く題材(そして戦前昭和を糾弾する素材)として、維新期では西郷と大久保を選んだ。
     が、明治期全体としては、陸海軍其々で名を成した秋山好古・真之兄弟とその畏友の詩人正岡子規を選んだ。ここが著者の慧眼、目の付け所の鋭さと感じる。


     全8巻中の第1巻。本巻は幕末から真之の海軍任官まで。

  • まだほんの序盤。
    明治初期の日本の実情を分かりやすく解説した教科書のようで面白い。この当時に活躍して今でも名前が残っている人たちは殆どが知り合い同士の濃い関係であるところを読むと、本当に小さな国だったのだなあと改めて思う。
    こういう本はある程度の年齢になって初めて楽しめる気がする。

  • 明治初期の著名人達が織りなす直向きな物語にテンションがあがる。NHKドラマもオススメです。一朶の白い雲を見つめただひたすら登る。そうありたいと思います。

  • 古本屋物色していたら全巻セットで売ってたので購入
    こういうのも出会いだな
    昔、読んだきりだったが、やはり司馬遼太郎作品は、精緻で引き込まれる。

  • 八巻もあり、読み始めには覚悟がいると思ったが、序盤は読みやすい。しかし後半は余談が多く読んでいて散漫になった。
    好古、真之、そして正岡子規の、青春時代の快活さや揺るぎなき信念が描かれており、そのエピソードには笑えるものも多く、楽しめました。
    作者の取材力によるどこまでも濃い内容に毎回驚嘆させられます。多少創作は入っていると思われるがその区別がないのは気にはなりつつも作品としてしょうがないですね。

  • 著者の知識量に感動する。文章は分かりやすく読みやすいが、何せ詰め込まれている情報量がすごいので読むのに少し時間がかかってしまった。軍艦のスペックとか丁寧に書いてあるし。

  • 今 2巻目の途中。

    なかなか進まない。

    多分、半分くらい(4巻)
    読めば、止まらないくらい
    面白くなってくるんじゃないかと
    思うんだけど、なかなかそこまで
    辿り着かない…

    軍隊の話は難しいし、
    あんまり興味ないからなぁ。

    でも読みたいのだ!

    頑張ろう…

  • 明治を生きた男たちの青春群像。男たちの生き様を通して明治という時代、近代国家日本の青春期を描こうとしているようだ。オジサンたちの愛読書といった印象があるが、自分自身オジサンと呼ばれても反論できない歳になった。ゆえにこの本を読んでみようという気になった。

    オジサンは失われた青春時代を懐かしみ、過去を振り返る。そして自分の歩いてきた道に意味があったことを証明しようとするものなのである。

  • 2016/7/3宝塚西図書館から借りた。
    登場人物たち
    正岡子規

    秋山信三郎好古(よしふる)
    *この秋山好古という若者は、のち軍人になり、日本の騎兵を育成し、日露役のとき、世界でもっとも弱体とされていた日本の騎兵集団をひきい、史上最強の騎兵といわれるコサック師団をやぶるという奇蹟を遂げた。
    日露には少将として出征した。

    秋山淳五郎真之(さねゆき)
    「智謀湧くがごとし」といわれたこの人物は、少佐で日露戦争をむかえた。
    それ以前からかれはロシアの主力艦隊をやぶる工夫をかさね、その成案を得たとき、日本海軍はかれの能力を信頼し、東郷平八郎がひきいる連合艦隊の参謀にし、三笠に乗り組ませた。東郷の作戦はことごとくかれが樹(た)てた。作戦だけでなく日本海海戦の序幕
    「敵艦見ユトノ警報報ニ接シ、聯合艦隊ハ直(ただち)ニ出動、之ヲ撃滅セントス。本日天候晴朗ナレドモ浪高シ」
    という電文の起草者でもあった。

    父:秋山平三郎久敬(ひさたか)

  • やはりいいよね

    2016/6/16

  • 初めて、司馬遼太郎さんの本を読んでみた。

    歴史小説。史実を基にして、より忠実に、そして、読みやすく。

    明治維新後の日本。
    その時に日本人が何を考え、どう行動したのか。

    物語の中に司馬さんの意見、考えが普通に入ってくる。

    明治日本の位置。
    切磋琢磨して強大な国となっている西洋。
    西洋を嫌う清。それに忠実な朝鮮。
    西洋の猿真似をしている日本を馬鹿にしているそれらの国。
    日本人は、猿真似を真面目に行い、死ぬ気で行い…。
    そんな時代に生きた3人の物語。特別な3人の物語でなく同じような同じようなえねるきをもった人がこの時代には溢れていた。
    生きがいのある時代。続きを読もう。

  • 1999年新装版 概算605枚。富国強兵策を取った明治期日本──その構造的な欠陥、弱点は那辺にあるか、という読者側の問題関心から読んでみたい。 全8冊。 52

  • 何回読み返したかわからないくらい。大好きです。

全756件中 1 - 25件を表示

新装版 坂の上の雲 (1) (文春文庫)に関連するまとめ

新装版 坂の上の雲 (1) (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新装版 坂の上の雲 (1) (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新装版 坂の上の雲 (1) (文春文庫)の作品紹介

明治維新をとげ、近代国家の仲間入りをした日本は、息せき切って先進国に追いつこうとしていた。この時期を生きた四国松山出身の三人の男達-日露戦争においてコサック騎兵を破った秋山好古、日本海海戦の参謀秋山真之兄弟と文学の世界に巨大な足跡を遺した正岡子規を中心に、昂揚の時代・明治の群像を描く長篇小説全八冊。

新装版 坂の上の雲 (1) (文春文庫)の文庫

新装版 坂の上の雲 (1) (文春文庫)の単行本

新装版 坂の上の雲 (1) (文春文庫)の単行本

ツイートする