新装版 坂の上の雲 (8) (文春文庫)

  • 3486人登録
  • 4.10評価
    • (615)
    • (290)
    • (443)
    • (12)
    • (6)
  • 269レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 文藝春秋 (1999年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167105839

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 坂の上の雲 (8) (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • ノンフィクションに限りなく近い。プロットよりも作者の歴史観や人物評がめっぽう面白い。物語後半の戦争シーンになると、具体的情景がイメージできず辛い。

  • 東郷平八郎、秋山真之の日本海軍対ロジェストウェンスキー率いるバルチック艦隊の闘い。ここでロシアを殲滅しないと敗戦確定のため、考えに考えを重ねた七段構えの海軍戦術で、ロシアを迎え撃つ。
    対馬を通るか、太平洋を回るか。。戦術家達は気が滅入る中、最後には運の良いリーダー・東郷の判断を信じて対馬で待ち伏せ。キターーー!!ロシアキマシタヨーー!!

    勝負、ここ一番というときは、最終的には運だって。ほんとね。人事を尽くして天命を待とう。なかなか尽くしきれないんだけどね。もっとできたんじゃないかなぁ、と思ってしまううちは、まだダメだ。

    戦争の良し悪しは別として、この時代の軍人たちは格好良い。文明開化後、あっという間に近代化した時代。皆勉強熱心で情熱的、無駄な装飾は好まず真実を求める。言語ってそれを使う民族の特徴がにじみ出ているものだと思う。司馬さんの引用文を見ると、曖昧で断定を避ける今の時代に比べて、明治時代の文章はまだ少し漢文調が残っていて、すっきり男性的。恐らく民族性にも似たような傾向があったんだろうな。すっかり巻角さえないような羊になってしまった私は、明治時代の人々の力強さをとても尊敬した。甘えんぼダメね。

    休み休み、長い時間をかけて読んできたけど、とうとう終わってしまった。今月中に多磨霊園だ。

  • 侵略をもくろむ「悪の帝国」との戦いという正義を胸にいだき、外国との戦いの中で、一般の日本人が自分が国家の国民であるとの強い自覚をいだいた日露戦争の時代。信じられないような貧窮と、負ければ国が滅ぶというのっぴきならない事態でありながらも、自らの行動に一転の曇りも感じない、すがすがしくこれほど迷いがない理想を人々が生きることができた時代、そんな歴史の中の特異な一時代を鮮やかに切り取って読ませてくれた。日露戦争の30年後、太平洋戦争という大いなる錯誤を犯すことになったわれわれ日本人の教訓を、この物語で描かれる「不思議な勝ち」から学ぶこともできるが、私は本作から端的に味わったことは、その時に持てる力のすべてを一点に注力し数々の難局へ立ち向かった人々の姿だ。仕事でへばりそうになった時、「やれることをやるしかないではないか」という彼らの姿にどれほど勇気を与えられたことかわからない。彼らの勇気と強さの源泉こそが「迷いなく理想を生きる」という、そこにあったのだと思うのだ。

  • ようやく読破。秋山兄弟然り明治期の人々にしても、とても高い意識と使命感をもって生きてたんだなぁ、と思うとまだまだ自分の努力は足りないぞ、と。海戦はそのまま組織にもあてはめられて、全艦の意識統一とリーダーの優秀さ、そして一つの生き物のような連携、考えさせられるなぁ・・・。

  • スバリ?かなり面白かったです?引き込まれて引き込まれてあれよあれよという間に読んでしまいました?

    幕末の薩長の動きはよく知られるところですが土佐藩の動き、板垣退助等の動きがあまりよく知らなかったので知識として勉強になりました?

    それとビジネスにおいて物事の時勢というのは非常に大切です。いつ仕掛けるか、それまでの下準備、耐えるところは耐える、こういった事の大切さも勉強になりました。

  • やっと読み終わった。最近は読書スピードも落ちてきている。反省反省。

    この小説で学んだことは非常に多い。
    夏目漱石の世界ではほとんど神のような存在である乃木大将が実は有能な大将とは言えないこと、東郷平八郎の厳然たる存在、秋山兄弟という、類まれなる才能と精神を持った兄弟の存在などなど・・・。

    語れば語りつくせないほどだけれども、この小説が小説である限り、それはあくまでフィクションの要素を多分に含んだものである。

    ただ、この時代の日本がとてつもなく危うく、それでいてワクワクする存在だったことは間違いないだろう。
    国家自体が夢を持つ、国家と国民の夢が共通である、そんな時代の高揚感、そしてその時代に本気で国を守り、国を発展させようとした人々の息遣いは多少脚色がされていようと事実であろう。

    今の時代に欠けているのは民度である。誰かがやってくれるわけがない。僕らがやるしかないのである。日露戦争のようなギャンブルを超えてこの国家が存在し続けてるのだから、どっかり座れるような土台などないのである。

    変人でも何でもいい。歴史に名を刻もうぜboys!

  • 日露戦争終盤における日本海海戦が生々しく描かれており、海戦における連合艦隊とバルチック艦隊の組織力の差が鮮明にあぶりだされている。巻の終盤では日露戦争の閉じ方が端的に述べられている。また、あとがきと解説により物語の読解に深みを加えられた。1巻から8巻までを通して読むことで、明治の開国時期における日本の姿を垣間見ることが出来、そこから現在、我々が何を出来るのかを考えさせられる文学である。

  • 日本海海戦。物語はいよいよ終局です。この後に続けて『ポーツマスの旗』を読むと面白いかもしれない。

  • ついに読み終わってしまった。全てはこの文章に表現されていると思います。

    ”そのような時代人の体質で、前をのみ見つめながらある​く。のぼってゆく坂の上の青い天にもし一朶の白い雲がか​がやいているとすれば、それのみをみつめて坂をのぼって​ゆくであろう。”

  • オトナとして一応よんでおくべきと思い読み始めた作品。
    戦争ものをオモシロイと、言うのは非常に気が引けるけれど、
    知的興味としてとっても面白かった!
    近代史ってなんか、ものすごーくとっつきにくくて、
    歴史の授業でも苦痛なことが多かったけれど、
    この本は人物に焦点をあてて世界的な流れや、日本のおける状況が書かれているので、とってもわかりやすい!
    1巻2巻は辛かったけれど、中盤からは一気に読んだ感じ。
    太平洋戦争や昭和にかけての日本を形成したもの、その後の日本についても考えさせられる作品。

    みんな読むべし。

  • 「敵艦見ユトノ警報ニ接シ,連合艦隊ハ直ニ出動,之ヲ撃滅セントス」「本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」
    「神明はただ平素の鍛錬に力め戦はずしてすでに勝てる者に勝利の栄冠を授くると同時に,一勝に満足して治平に安んずる者よりただちにこれをうばふ。古人曰く,勝って兜の緒を締めよ,と」

    これだけ細密に,日露戦争における日本の人々,軍の力,ロシアのそれら,世界情勢等を,挙げ,分析しながら,多くの人に読ませる本は他に存在し得ないのではないだろうか。司馬遼太郎の執念に脱帽の☆5つ。

    日露戦争の勝利が日本にもたらした暗い影について司馬遼太郎は,何度も言及する。この司馬良太郎の問いかけは,しかし,今を生きる人間に対する問いかけにつながる。自分達の国力を客観的に把握し,ロシアに挑んだ日本と,大東亜戦争に突入した日本とは連続しており,更に,その日本は現在に続いている。戦前と,戦後を全く別物と考えがちであるが,たとえ日本人の意識が戦争を機に変わったとしても,戦前の日本人と戦後の日本人は連続しており,歴史上の要素は,脈々と現代へと受継がれている。そうだとすれば,日露戦争の失敗,成功を現代にも当てはまらないか検証することで得られるものは,大きいとおもわれる。

    「『東郷は若いころから運のついた男ですから』
     というのは,山本権兵衛が明治帝に対し,東郷を艦隊の総帥に選んだ理由としてのべた言葉だが,名将ということの絶対の理由は,才能や統率能力以上に彼が敵よりも幸運に恵まれるということであった。悲運の名称というのは論理的にありえない表現であり,名将はかならず幸運であらねばならなかった。」
    「純粋に東郷とこの海域で智と勇と誠実さのかぎりをつくして戦いの功績を描ききろうという考えはかれにはなかった。もしかれがその覚悟を決め,この海域を正念場として資力を尽くしてたたかえば,互いにその麾下の諸艦を沈めあいつつも残艦がウラジオストックに入れたかもしれなかった。
     むろん,かれは,
     -何隻かはウラジオストックへ辿りつける。
     とおもってはいた。しかしかれのとらわれは,その遁入成功の何隻かのなかにかれ自身が乗っていなければならないと思っていたことであった。そのとらわれが,かれの戦術思考をして尖鋭さを欠かしめ,かれの決断をして鈍重たらしめた。」
    このような,ロジェトウィンスキーに対し,東郷は自分が死んでも,戦に勝つ腹積もりだった。結局この大将の違いが,勝負を分けた面がある。しかし,精神論だけに頼ることは危険であり,バランスが難しい。司馬遼太郎が,読者が誤解しないよう注意して書いているのが伝わる。
    「・・・この海戦は,敵味方の各艦の性能や,各兵員の能力や士気より,日本側の頭脳がロシア側を圧倒したという方が正確であろう。
     ちなみにこの場合の『頭脳』とは,当然ながら天性のそれを指していない。考え方というほどの意味である。」
    「『最初の三十分間だった。それで大局がきまった』・・・『ペリー来航後五十余年,国費を海軍建設に投じ,営々として兵を養ってきたのはこの三十分間のためにあった』」
    「『剣にかぎらず物事には万策尽きて窮地に追いこまれることがある,そのときは瞬息に積極的行動に出よ,無茶でもなんでもいい,捨て身の行動に出るのである,これがわが流儀の極意である』」
    「敗戦が国民に理性をあたえ,勝利が国民を狂気にするとすれば,長い民族の歴史からみれば,戦争の勝敗などというものはまことにふかしぎなものである。」
    論功行賞のために,価値論のまったくない官修戦史。

  • 6月24日読了。「敵艦見ゆ」より連合艦隊がバルチック艦隊を「撃滅」し、日露戦争が終結し、それとともに全8巻のこの物語も終わりを迎える・・・。3/28に第1巻を読み終えてから、長い旅が終わった気がする。司馬自身による長い後書き(集)も、この旅に付き合った身からは嫌味ナラズ。読み終わると、第1巻から繰り返し作者が主張した「作戦の天才・真之」はそれほどでもなく、東郷平八郎の器の大きさばかりが印象に残る、気がする。とは言え東郷自身も艦隊指揮で重大なミスをしており。戦争(に匹敵する、重大な事業)は個々人の天才性に重きを置くのではなく、天才や凡才がそれぞれ有機的に呼応する組織を構築し、その組織を目的に向け一丸となって動かすことなのではあるまいか、と思う。新聞連載小説であったためか、日露戦争の後の日本・各登場人物のその後については随時語りつくされており、最終章でダラダラ後日談をはさまずスパッと終わってくれるあたり、いい余韻を残しつつ読み終えることができた。

  • 本巻ではとうとうバルチック艦隊が日本海に到着し、会戦、そして勝利を掴んで終了となる。
    主人公の一人:秋山真之が発したとされる電文「本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」はまさに日露戦争のハイライト。秋山真之はまさにこの日(明治38年5月27日)のために精神的に追い込まれながら連合艦隊参謀として作戦を練り続けていたのだ。日本海海戦の勝利は秋山真之によるところが大きいが、真之の生涯を掛けた大仕事がまさに完了したかたちである。真之は学生の頃、兄好古に「男というのは一事をなせばたる」と教えられてきたが、見事に実弟:真之にその理論がつうじ大成したと言えるだろう。残念ながら、戦後に兄弟が再会して勝利とわが身の無事を祝いあうというシーンは記述されていない。私としては兄弟の感動の再会を描いて欲しかったのだが。

    本書において感銘を受けたフレーズは以下のもの。
    「海戦というものは敵に与えている被害がわからない。味方の被害ばかりわかるから、いつも自分の方が負けているような感じを受ける。敵は味方以上に辛がっているのだ」
    →東郷平八郎が海兵員に述べた教訓である。これは仕事、スポーツなど人生のあらゆる勝負にあてはまる。自分のミスや失点に落ち込み過ぎると、相対的な勝負の状況を見失ってしまう。勝負は相手もまた辛い思いをしている。自分で勝手に処理しないようにしなければならないのだ。

    上記のように、本書のなかで様々な司馬先生が引用するたくさんの言葉によって勉強ができた。また、数えきれない登場人物がそれぞれの個性をアピールしてくれた。何度も読んでみたいと思える書である。その時々で感銘を受ける言葉は違ってくるだろうが、それはそれで面白いだろう。次回再読する際には、登場人物の相関図を自身で作成しながら読んでみるのも面白いだろう。楽しみだ。

  • 3か月かけて読み終わりました。

    秋山兄弟と正岡子規がメインなのは最初の2割ぐらいで、
    あとは日露戦争の主要な人物に焦点を当てた展開。
    その主要人物にもちろん秋山兄弟が出てきます。

    日露戦争を陸・海・政と多面的に知ることが出来て
    「203高地」「白襷隊」「バルチック艦隊」など言葉は知っていたものの、
    その背景に関しては知らなかったこともたくさんありました。

    この戦争は日本(本土)を守る為の戦争で、
    勝てたことは、数々の好条件が重なった奇跡的なものである。

    そのことにより、かなり美化されている面もあるかと思うが、
    この後の戦争とは一線を画した象徴的な戦争であったのかと思う。

    上級階層から見たストーリーというのも、今まで読んだことがなかったので新鮮でした。
    東郷平八郎の経歴もイメージも全然知らなかったし。
    山県有朋、乃木希典など意見もかなり別れるかもしれないが、
    それぞれの要人の描写も面白い。

    また皇帝ニコライ2世もちろん、バルチック艦隊を率いた
    ロジェストヴェンスキーなど、ロシア側の要人についてもよく書かれてます。

    歴史小説という面で、淡々と進んでいく面が多いですが、
    列強の脅威にさらされている日本への思いが入りました。

    さすがに全8巻は長かったですが、後半はぐっと読めました。

  • 全8巻、読破しました~
    8巻では日本海海戦というクライマックスが劇的に描かれており、その反面終りはあっさりと書かれていて、じ~んとした読後感がありました。
    あとがきで、司馬遼太郎氏が10年間かけて完成させたものだということを知りました。
    長いですが、明治時代の雰囲気を知ることができますし、勉強にもなるので是非読んでみてください。

  • 夏に四国に旅行してから興味を持ち、
    時には少しずつ、時には一気に読み進めて
    ついに文庫版全8巻読破しました!!

    愛媛県松山出身の秋山兄弟と正岡子規を主人公に
    日露戦争から見る明治期の日本を描いた作品

    初めての歴史小説、初めての司馬遼太郎
    感想がいろいろありすぎるけど特に思ったことを


    「戦争とは勝っても負けても虚しいもの」
    これは本文中にあった言葉

    それぞれの大将、東郷とロジェストウェンスキーが
    最初で最後の対面をするシーンで、本当にそう思った

    失敗すれば国や大量の命がなくなるという
    超ハイリスクを背負っているのに、
    ほとんどリターンが見込めないのだから
    (その当時の民衆は開戦気分で気づいていなかったけど)


    「適材適所の重要性」
    この小説全編読んで強烈に思ったこと

    人には性格とか立場とか思想とかいろいろある
    どんなに完璧に見える人でも短所や不得意なこともある
    目立たないやつが役立たないとは限らない

    役割を与えられて生き生きする人がいれば、
    立場にあぐらかくやつもいる

    せっかく能力を持っていても場所が悪ければ活かせない
    場所がよければわずかな特技が活かせるかもしれない

    日本という国の存亡をかけて
    今じゃ考えられないほど莫大な量の
    人や物やお金を投入したこの戦争

    ロシアという強大な国となんとか渡り合うには、
    できるだけ正確に、そして臨機応変に
    作戦を遂行しなければならない

    そんな超巨大プロジェクトで最も重要だったのは
    どこにどんな人を配置するかだと思った


    あと最後、「謙虚でいることの難しさ」も

    この巨大な作戦遂行の歯車をなんとか
    きちんとかみ合ったままにしたのは
    東郷や好古が持っていた謙虚さにあるような気がする


    まだまだ感想は語りつくせないけれどこのへんで

    歴史の授業で習う部分なんて、出来事全体の
    0.1%ぐらいにしか満たない情報量なんだろうなぁ
    これをまとめ上げた作者は本当に超人的

    作者の40歳代がこの作品の調査・執筆のために
    ほとんど費やされたというのも納得です

  • 全部読むのに半年以上かかってしまいましたが、ようやくすべて読了。秋山真之が書いたという有名な「本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」の的確かつ文学的情緒を秘めた表現の意味にグッときました。

  • とにかく長かった。
    が、総じて言えば「読み通してよかった」と言える作品だった。
    小説かどうかは作者自身も言っているとおり微妙なところではあるが、単に良く知らない歴史のひとコマをこれだけ興味を保って眺めることができたのは収穫。

    ただ、2巻くらいまでと最終章、あとがきがあればこの物語は片がついたのではと思う。
    それくらい、最終章とあとがきはよかった。

  • 司馬さんはこの本を書いたのか40代。真之が亡くなったのが49歳。自分が情けない。(-。-;

  • 最終話の「雨の坂」が一番好きになりました。
    秋山弟…私がもし彼だったら、なんて大それた仮定ですが、同じ行動を取ったと思います。
    風呂場で泣きながら読みました。
    秋山兄も…満州…そうか、満州…
    これ…映像で見たら、どうなるんでしょう…。
    翌日、目をはらして会社に行くこと間違いなしです。
    あとがきで、作者がこれを自分のために書いているというくだりが、驚きました。

  • 大きなストーリーだけでなく、細かなところにも学ばされる。それも幅広いことが学べ、非常にタメになる。ストーリー自体も、淡々と進むところに逆に熱さを感じられ、面白かった。

  • 2017/08/09
    長かった…
    秋山兄弟と正岡子規のエピソードはとても興味深かったのだけれど、戦争の話になると正直私には難しかった。
    でも司馬遼太郎の取材力は本当に本当にすごい。

全269件中 1 - 25件を表示

新装版 坂の上の雲 (8) (文春文庫)に関連する談話室の質問

新装版 坂の上の雲 (8) (文春文庫)に関連するまとめ

新装版 坂の上の雲 (8) (文春文庫)を本棚に登録しているひと

新装版 坂の上の雲 (8) (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新装版 坂の上の雲 (8) (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新装版 坂の上の雲 (8) (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新装版 坂の上の雲 (8) (文春文庫)の作品紹介

本日天気晴朗ナレドモ浪高シ-明治三十八年五月二十七日早朝、日本海の濛気の中にロシア帝国の威信をかけたバルチック大艦隊がついにその姿を現わした。国家の命運を背負って戦艦三笠を先頭に迎撃に向かう連合艦隊。大海戦の火蓋が今切られようとしている。感動の完結篇。巻末に「あとがき集」他を収む。

新装版 坂の上の雲 (8) (文春文庫)のKindle版

ツイートする