黒の回廊 (文春文庫 ま 1-45)

  • 19人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 松本清張
  • 文藝春秋 (1979年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (475ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167106454

黒の回廊 (文春文庫 ま 1-45)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 清張だから読みやすいだろ、というレベルで夜見はじめたら、普通に旅行記みたいな話で面食らった。女性ばかり30人の、ヨーロッパ漫遊記?という感じ。というのも、最初の1/3は、清張が北欧などへ旅行に行った時の記録といった感じで、特に何も起こらない。ようやく事件が起こるのが、だいたい半分のところ。そこまでは、清張らしくない文章が続く。

    とはいえ、普通の情景を描写しているだけではなく、ちょっとしたくすぐり、皮肉を差し込んでいるところは面白い。中盤より少し後に「英語には男性語、女性語がないから、「○○○○。」と男は言った、というように書かなくてはならないので、読んでいてだるい」というような話が入ってくる。

    後半も、簡易裁判をひたすら会話だけで記載し、その内容もかなりコナン・ドイルなどの影響を強く受けたもの。外国である意味があるのか無いのか、少々疑問になってくる。

    とはいえ、読んじゃうんだよなあ。読みにくいと思っているのに、読み始めると没頭してしまう。このへんが、清張の文のバランス感覚のよさというところでしょう。内容は結構単純です。

  • なんか好き

全2件中 1 - 2件を表示

松本清張の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
松本 清張
ヘミングウェイ
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

黒の回廊 (文春文庫 ま 1-45)はこんな本です

ツイートする