探偵ガリレオ (文春文庫)

  • 21771人登録
  • 3.46評価
    • (1099)
    • (2748)
    • (4732)
    • (555)
    • (90)
  • 1977レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 文藝春秋 (2002年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167110079

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

探偵ガリレオ (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 初の東野圭吾さん!!
    気になっては居たものの
    有名所でなかなか手が出せず…

    どうせならガリレオシリーズから読んでみようと!!
    ドラマで見た事はあったので思い出しながら…

    面白くて読み出したら止まらない。
    次が気になって仕方がない。
    だけど結構頭を使うお話でした…
    バカは辛い…笑

  • 解説を読んでびっくり。福山雅治をイメージしながら読んでいたのだが・・・

  • 一つ一つのストーリーをもっと深くじっくり書いてほしかった。真犯人の心理が、サクッと飛ばされていたのが少し残念であり、もっとそこを読みたかったのにーと思い、すぐ終わってしまった。

  • 東野圭吾作品を初めて読んだ。短編かける5の構成で、結構あっさりとしている印象。物理、化学の観点からのトリックは大学時代を思い出し面白かった。読みやすくスッキリと解決するが、若干物足りなさも。次はもう少し読み応えのあるものに挑戦したい。物理、化学、電気。また勉強し直したいなあ。

  • レーザー光線。衝撃波。超音波。ナトリウム。液体の濃度が濃くなると光の屈折率が。

  • 安定の面白さでした。ただ、ヒロインがいないのが少し残念…、全体的に男臭い感じ。あと、理系オンチの自分としては、TVシリーズの方が親しみやすかったかな。映像の方が作中で起こる不可思議な現象がイメージしやすくて良い。

  • 根本的に文系脳なせいで、バリバリ理系のトリックがほぼ理解できなかった…。

    東野さんの初期作品はあまり得意でない。
    初期作品読んでると、小説家になって経験積んで成長したヒトなんだなぁと思う(偉そうに言ってスミマセン)。

  • 短編集。
    「燃える」感想
    深夜、公園にたむろしていた若者たちの一人が、突然頭部から発火し死に至る人体発火事件が起こる。
    事件を担当する草薙は、帝都大学理工学部物理学科の助教授・湯川学に人体発火の原因解明を依頼する。
    しかし、湯川は「変人ガリレオ」と呼ばれるほどの変わり者だった。
    子どもが見たという「赤い糸」から事件解明の糸口を見つける湯川の洞察力がすごい。
    きちんとした理論に基づいた推理は、理系的な整合性を読者にしめしてくれる。
    湯川の人物造形もいい。
    変わり者だけれど憎めない、愛すべき人物だ。
    子どもと直接話のできない湯川は、草薙を通して知りたい情報を少女から聞きだしていく。
    子どもが苦手!!頭脳明晰で有望な人材がひとりでは子どもと話もできない。
    面白すぎるキャラクターだ。

  • 内容紹介

    オカルトを科学で解明する名探偵登場! 突然、燃え上がる若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、幽体離脱した少年……。天才科学者が常識を超えた謎に挑む連載ミステリー

    内容(「BOOK」データベースより)

    突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年…警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一作。

    内容(「MARC」データベースより)

    突然、火の気もなく燃え上がった若者の頭、心臓の周りだけが腐った死体。常識では考えられない謎を、天才科学者湯川が挑み、解明する連作ミステリー。 --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

    東野圭吾
    1958年、大阪生まれ。大阪府立大学電気工学科卒。エンジニアとして勤務しながら、1985年、「放課後」で第31回江戸川乱歩賞受賞。1999年、「秘密」で第52回日本推理作家協会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • 2002年刊、初出1996〜98年。ガリレオ湯川シリーズの短編五本。TV再放送を機に積読本を消化すべく読破。TVとはかなり違うという印象。割に淡々とした人間像と一見すると超常現象・特殊な殺人ギミックの解明に力が注がれる本作に比し、犯人や関係者の人間性(善悪多様)や湯川との関係性を強調する一方、過剰演出が気にかかるTV版という比較ができそう。という意味で、両者とも一長一短があること、ひいては別物と考えた方がよいというのは否めないか。なかなか思いつかない殺人のギミックは(工学的とも)、間違いなく素晴らしい。
    予知夢を読みかけているが、湯川初期シリーズの著者の底意は「オカルト信奉風潮に対する、ライトな手法による批判的目線」にあるのでは、と憶測してしまう。それくらい人物描写よりもサイエンス的な説明に力点がある。なお、本書と関係ないが、読書を全くしない家内に「福山雅治でなく、佐野史郎主演で、柴咲コウの出ないガリレオのテレビは見る?」と聞くと、「絶対見ない。だって冬彦さんでしょ…」と宣わった。テレビスタッフの慧眼は流石である。

  • 今コレですか?という感じが否めないですかね
    福山雅治が以前からドラマとか映画やっていますもんね

    先日図書館で見かけたので借りてみました
    しかしながら私はこのシリーズのドラマや映画をあまり見ておらず、少なくともファンという訳ではないのですね
    少し見た事がある程度ですが作品の面白さみたいなものは分かっているつもりで読んでみた感じですね

    でも読んでビックリ
    5作品書かれていますが、そのうちの4作品は内容知っていましたね
    あー、そんなにドラマ見ていたんだなぁと
    さらに思うのはよくできたドラマだったんだな、原作を忠実に映像化できていたドラマだったんだなということですね
    小説では女性刑事は出てこないが、そこは映像化に必要だったのでしょうね
    商業的に必要というのか

    ・燃える(もえる)
    静かな住宅街にたむろして騒いでいるヤンキーを黙らせようとガソリンを入れたポリタンクを配置
    工業用のレーザーを使ってポリタンクを燃やしてビックリさせようとしたところヤンキーの後頭部にレーザーが照射されてしまうという陰惨な事件
    ただ、背後にある物語にはホロッとくるところがある

    ・転写る(うつる)
    デスマスクの話
    中学校の製作発表会にマスクが出ているのを見た刑事さん
    死者の顔を見慣れている刑事は、そのマスクに死相を見た
    聞いていると「ウチの旦那にそっくり」という人が現れ、そのマスクの出元を確認すると中学生が「池で拾った」という
    池を確認するとその旦那さんの殺害遺体が発見される
    殺人は殺人としてあった事ではあるが、ガリレオ先生は自然現象によってデスマスクができた事を証明し、事件を解決する

    ・壊死る(くさる)
    借金女が金づるにしていた男を殺害する事件
    妻子有りの男の愛人として体を提供する代わりにお金をという良くある話
    体とお金だけの関係でいれば良かったのかもだが、男がのめりこみすぎて「奥さんと別れるから結婚しよう」というウザい話になる
    女はそんな気はないが、無下に断ると建て替えてもらった借金を返せという話になってしまう

    そんな時に超音波による殺人方法を同じ会社の同僚に教えてもらって実行する
    それで全て終わるはずだったがその同僚も女に好意を持っており、「黙っているから僕と結婚しよう」というウザい話に。。。
    同僚も超音波で殺そうとするが逆襲にあってピンチ、、、のタイミングにガリレオ先生到着

    ・爆ぜる(はぜる)
    海水浴場で火柱をあげて爆発、女性が死亡するところから開始

    その後、別シーン
    三鷹アパートで他殺体が発見される
    三鷹で殺害されたのがガリレオ先生と同じ大学の出身であるところからガリレオ先生登場

    結論、三鷹で殺害された男性が最初の女性を殺害(女性と男性は大学で関係があった)したのだが、ナトリウムという物質を使ったものであると
    三鷹の男性は大学からナトリウムを盗難しており、それがバレると困る大学側の人間が男性を殺害したという話

    ・離脱る(ぬける)
    殺害されたのは女性
    まずはその女性の見合い相手の保険外交員に話を聞く
    その保険外交員が殺人時刻には多摩川にいたと
    唯一そのアリバイを証明したのが子供、それも幽体離脱して見たという
    子供がいた場所からその外交員がいた場所は普通では見えない場所だったのだ

    結論は被害者の元上司で女性の不倫相手だった男性の犯行
    それも、保険外交員に見合いを勧めたのがこの上司だという
    上司は関係を清算したく見合い相手を紹介したのだが、女性側にはそんな気はサラサラなく「奥さんにバラす」という話でもめた結果の殺人

    幽体離脱は殺人事件とは全く関係無かった訳だが、ガリレオ先生はこっちの方が本職
    工場で液体窒素が漏れるという事故があり、それで... 続きを読む

  • ドラマは見たことあったけど、本は読んだことなかったので、読んでみました。柴咲コウみたいなヒロインがいないせいでドラマよりむさくるしい。内容は読みやすく面白いけど、毎回人が死んでるのを読むのがちょっとだけ嫌かな

  • ガリレオシリーズの一作目。

    物理学の観点から謎を解決していく。東野さんの作品は、加賀恭一郎シリーズは読んでいましたが、こちらが人情物だとすると、ガリレオは、謎のトリックの解明に重点を置いている感じがしました。

    湯川はテレビの影響か、福山雅治のイメージで読んでいました。草薙刑事との友情も素敵ですね。シリーズものなので、続編も読んでみたい。

  • テレビドラマは原作に忠実だったんだ。
    それと連作短編集だった。
    ・燃
    ・転写
    ・壊死
    ・爆
    ・離脱

  • みんなが読んでいる本は敢えて跨いで通る方なので、
    職場の上司に甚く勧められて今更手に取った1冊。
    当時はセンセーショナルだったのかなー

    映画もドラマも見た事無いのですが、
    ガリレオ先生と呼ばれる湯川と云うキャラを
    福山某さんが演じているという知識が有ったため、
    読んでる最中は福山さんでしか再生されなかったものの、
    其処まで容姿を称えるような描写もなく、
    キラッとした福山さんよりもっと陰気な…基い
    暗い感じのボソボソと喋るような人の方が
    良いんじゃないかなーとか。
    巻末の解説で佐野史郎氏が
    東野さんは僕をイメージして湯川を描いた云々とあり、「そっちだ!!」と感心しました。

  •  ガリレオシリーズの第1弾。
     5話からなる短編集です。

     実は私、ドラマを見たことがなくて、『容疑者Xの献身』をDVDで見たことがあるだけなんだけれど。
     柴崎コウさんがやってた役の人は出て来ないんですね。
     彼女の立ち位置が何なのかも、もう忘れてるんだけれど、とりあえず湯川さんの身近に女性がいなかったから。。。

     それにしても、この本も、警察が民間人に捜査の手助けを依頼するヤツだった…。
     捜査内容を、そこまで言っていいの? てくらいにまでは話さないけど、警察にだって科学とか物理だとかそういうものに詳しい部署だってあるだろうに、どうしても警察組織だけではどうにか出来ないのね。

     そう考えると…、この本に限ったことではないけど、警察ではとても無理、名探偵を以てしか解決できないようなトリックを、よく犯人が思い付くよね。

     私は科学も物理もそういうのは全然分かんない人なんで、この本も、トリックは何のことやら…て感じだったんで、フーダニットとワイダニットだけを楽しむしかなかったかな…。

  • なるほど、これはストレートな科学ミステリーだ。
    科学技術的なものを使って行われた犯罪を、科学技術の知識を活かして解決する。ものすごく正統派。

    人が結構死んでしまうけど、私が一番怖かったのは親だった。

  • 2006年に、当時勤めていた書店の店長からもらって、それから10年積んでいた。
    ガリレオ先生って佐野史郎のイメージで書いたんだ!
    じゃあ映画も佐野史郎にやらせればよかったのに。
    もっと早く読めばよかった。

  • はじめは面白かったけど、段々と読むのがしんどかった一冊。

  • 5つの物語からなる推理小説。理系オンチの刑事と物理学の助教授という相反するコンビが事件の謎を解明する。
    トリックに関しては科学的であり、一筋縄では解けないと感じる。ストーリーに関しては、犯人が捕まってから真相を話すスタイルは個人的には好めず、閻魔のごとく証拠と証言で追い詰めるスタイルが好みなので、私にとっては合わない作品であった。

全1977件中 1 - 25件を表示

探偵ガリレオ (文春文庫)に関連する談話室の質問

探偵ガリレオ (文春文庫)に関連するまとめ

探偵ガリレオ (文春文庫)を本棚に登録しているひと

探偵ガリレオ (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

探偵ガリレオ (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

探偵ガリレオ (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

探偵ガリレオ (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

探偵ガリレオ (文春文庫)の作品紹介

突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年…警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一作。

探偵ガリレオ (文春文庫)の単行本

ツイートする