探偵ガリレオ (文春文庫)

  • 22036人登録
  • 3.46評価
    • (1106)
    • (2773)
    • (4753)
    • (557)
    • (90)
  • 1990レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 文藝春秋 (2002年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167110079

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
東野 圭吾
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

探偵ガリレオ (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本で得た知識、学校で学んだ知識、正しい知識、役に立つ知識、
    それは常識。

    大抵の謎は、常識辞書を引けば解明はされるけど、
    起こりえない事件が起こってしまうと
    もう常識辞書しか携えていない頭ではパニックになってしまう。

    人の頭がいきなり燃える?
    池にデスマスクが浮かんできた?
    想像だに出来ぬ凶器?

    「実におもしろい」
    にやっと笑う湯川教授の好奇心が刺激される瞬間がたまらない。
    考える事が何よりも好き。
    現象が起こる、と言うことは必ずその原因がある、信念のもとで
    推理する。

    そこには私には難しくて、理解し難い謎解きで解明される事もあるけれど
    (物理、苦手…)
    常識を覆すほど威力を持った科学の力の面白さにわくわくしてしまう!

    とても、面白かった。

  • 何度目かの再読でびっくりしたことは、
    今まで読む時にガリレオ先生こと湯川先生は
    東野さんがモデルにされて書かれただけあって
    佐野史郎さんはイメージにぴったりで、
    読みながら動く湯川先生は佐野さんだったのに、
    今回はすべてのシーン、小さな仕草まで
    脳内で映像化される湯川先生は見事に福山さんだった。

    映像が脳みそに残していく影響の凄さたるや!
    ドラマ版と小説版、いろいろと違いがあって
    どちらも好きなので別物としてそれぞれ楽しい。

    小説版の湯川先生の元に事件を持ってくるのは
    大学時代の同級生の草薙さん。
    ドラマとはまったく別の男同士の友情も素敵。
    友情といってもベタベタした分かりやすい
    友情ではないところも素直じゃなくてかわいらしい。

    湯川先生は面倒臭がりながらも、きっちり期待以上の
    結果を絶妙のタイミングで用意してくれたりして、
    なんともコミカルでありつつ、楽しい2人の謎解きは
    いつまでも見ていたくなる。
    ガリレオシリーズはこれからも長く長く続いてほしい♡

  • 難事件を科学の視点から推理し犯人を追いつめる。
    捜査に行き詰まったとき頼みの綱は物理学者・湯川教授。
    ミステリー小説を読み始めるきっかけになった一冊。

  • 突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年…警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一作。
    「BOOK」データベース より

    説明できない現象はないのか!?と思わせる助教授湯川せんせいの頭の中はステキ.子どもに接すると蕁麻疹が出るなんて.

  • 警視庁捜査一課の草薙俊平と帝都大学理工学部物理学科の名物助教授・湯川学。このコンビが常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一作です。原作には原作の面白さがあります。

    この本を読もうと思ったきっかけは以前テレビで僕がずっとみたかった「容疑者xの献身」の映画版が放送されていたんで、それでもう何年も前に確か読んでいたような気がしているのですが、いい機会だと思って読み返していたんですよ。この話には柴咲コウが演じる内海薫という女性刑事は出てこないんですが、ドラマの影響でどうしても湯川学=福山雅治で草薙刑事=北村一輝なんですよね、それで一連の話をイメージしながら読んでしまいました。

    ドラマ版とは若干違いますが、原作は原作での奥深さがありました。特に、湯川と草薙の大学の同級生で同じ部活の同期という男同士の遠慮のないやり取りが大好きですね。いや、ドラマ版の内海刑事とのやり取りもあれはあれでいいんですけどね。この話はいわゆる短編集なんですが、これだけのことを詰め込んできっちりと完結させられる作者の力量にも脱帽です。

    ちなみに僕が好きだった事件は『爆ぜる』の最後に語られた学問に対する覚悟を登場人物の教授が口にした場面でした。あの場面に凄みを感じた僕はおそらく変わっているのでしょうがそれを受け入れるとこのできる人間には、どうやらなったようです。

  • ガリレオシリーズ1作目
    科学的トリックを解明していくところが面白い。
    湯川先生はシリーズ後半と初期ではやはりイメージが違うが、これはこれで面白い。

  • ドラマを見てから読みました。

    いやあ~面白いですね!ドラマより面白いかも!
    内海薫はいませんが、全然問題ないですね。

    ドラマはやっぱり、柴崎コウさんみたいな綺麗な人が
    いた方が華があるし、恋愛要素も入れられるしそれはそれで
    よかったけど、私は原作の方が好きです。

  • 東野圭吾さんの「探偵ガリレオ」を読んだ。奇妙な事件に刑事の草薙と天才物理学者の湯川が挑む「ガリレオシリーズ」の第一弾。5つの事件が収められており、第一章「燃える」から刑事の草薙と学者湯川のやりとりが面白く、トリックを科学的に立証するストーリーが新鮮。個人的には短編よりも長編が好み。

  • 1話完結でとても読みやすい。

  • 物理学者・湯川学が、刑事・草薙俊平の依頼を受けて人体発火や幽体離脱など一見超常現象とも取れる不可解な事件を科学によって解決していきます。短編なので通勤途中などにちょこちょこっと読むのに最適です。普段あまり本を読まない方にもオススメです!

全1990件中 1 - 10件を表示

探偵ガリレオ (文春文庫)に関連する談話室の質問

探偵ガリレオ (文春文庫)に関連するまとめ

探偵ガリレオ (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

探偵ガリレオ (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

探偵ガリレオ (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

探偵ガリレオ (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

探偵ガリレオ (文春文庫)の作品紹介

突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年…警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一作。

探偵ガリレオ (文春文庫)の単行本

ツイートする