真夏の方程式 (文春文庫)

  • 8074人登録
  • 3.84評価
    • (519)
    • (1237)
    • (740)
    • (78)
    • (9)
  • 745レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 文藝春秋 (2013年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (463ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167110154

真夏の方程式 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白いではなく良かった、良い物語だった。

    物語は、
    美しい海を誇る町・玻璃ヶ浦で発見された男の変死体。当初単純な事故と思われたものが、やがて16年前のある事件との関係が浮かび上がってくる...

    湯川が少年 恭平や玻璃ヶ浦を守る成実に語りかけていく。
    とても深い愛情が巻末になればなるほど伝わってきた。
    湯川の一言一言がとても良かった。

    ガリレオシリーズは「容疑者Xの献身」しか読んでいない。
    「真夏の方程式」を読んで、湯川をもっと知りたくなった。

  • ガリレオ・シリーズ、『聖女の救済』に続いての長編第3弾。
    舞台は玻璃ヶ浦という海辺の街、そこでの一夏の物語。

    「とある人の人生を狂わせたくない」との想いに彩られ、物語は綴られます。
    いつか答えは出せるけど、出すのは自分、でも一人ではない。

    湯川の想いがうまく伝わっていけばいいのですが、なんて。
    読んでいて、夏は海に行きたくなす、、モデルは伊豆辺りなんですかね~

    そうそう、映画も公開されるそうで、その予告は惹かれる内容でした。

    ん、読んでから観るか、観てから読むか、、
    私は読み終えてしまいましたが、ちょっと悩んだ一冊でした。

  • こんな物理学者に夏休みの自由研究の手ほどきしてもらえるなんて・・シアワセな小学生。

  • 久しぶりのガリレオ長編。
    すっかりドラマのイメージに染まってしまい、子供アレルギーなんじゃ。
    恭平は大人びているから大丈夫なのか?とか思いながら読んでいる。

    玻璃ヶ浦で男性の死体が発見される。事故死と思われていたが、彼の身元が明らかになると…。
    なんとも後味が悪い。
    上辺の幸せとか個々の身勝手さが最後には彼に大きな傷を残すことに。
    どんなに追い詰められてても、それはやってはいけないでしょう。
    湯川先生のおかげで少しは明るい終わり方なんだけど、なんだかなあ。

    湯川先生がこんなに人情家になってるのが不思議。いろんな事件を体験して、歳もとってまるくなったってことかな。
    小学5年生の恭平くんと湯川先生の関係が微笑ましい。
    どんなこともやはり良い指導者に出逢うっていうのは大事だな。

    「どんな問題にも答えは必ずある」「だけどそれをすぐに導き出せるとはかぎらない。人生においてもそうだ。今すぐには答えを出せない問題なんて、これから先、いくつも現れるだろう。そのたびに悩むことには価値がある。しかし焦る必要はない。答えを出すためには、自分自身の成長が求められている場合が少なくない。だから人間は学び、努力し、自分を磨かなきゃいけないんだ」

  • 最後まで一気に読みました。
    久しぶりに東野作品を読んだせいか
    新鮮な感覚で進めました。
    どうしても福山が浮かんでくるのは
    なぜなんでしょうね。。。(笑)
    イメージって怖いですね

  • ラストはあれでいいのか、疑問は残りますが、子供嫌いの湯川と少年のやりとりがよかったです。

  • 献身系は切なすぎる。「誰かを、何かを、守りたい。」全てがこの強い思いから引き起こされていることから、その心情(特に仙波の)を思うと、涙が…。ラストまで目が離せなかった。 湯川氏が偏屈な学者というだけでなく、とても温かい人柄であるということも十分にうかがえる一冊。

  • あーやっぱり面白い!!いつもの短編ではないので、チビチビと楽しもうかと思ったけど、無理でした。一気読みしてしまいました。
    やっぱり東野圭吾すごいです、読ませる力。(ナゼに上から目線…)
    寂れた観光地でガリレオ先生が遭遇する事件に過去のいろいろな事件が絡んで…決して気持ちスッキリの結末ではないけど、人は図らずもなんらかの秘密を持って、そしてそれと向き合って生きて行くんだな~と。
    そんな人達の気持ちを軽減させることも決して厭わないガリレオ先生…おいおいかっこよすぎない?やっぱり福山の顔が浮かんでしまうからかしら・・・?

  • 湯川学が勝手に福山雅治に変換される
    動機も心情も全部納得で終わる東野作品はやっぱり凄い

  • 寂れた観光地で湯川と出会った小学五年生の少年・恭平くんを中心に展開する、ガリレオシリーズ長編三作目。

    シリーズ最長464頁のボリュームでもって語られる物語は、湯川&恭平くんの凸凹コンビがジュブナイル的展開を見せながら、『容疑者Xの献身』と重なる部分をうかがわせつつ、また松本清張『砂の器』へのオマージュと思わしも描写が用意されている、多層的な仕上がりである。

    読後にのしかかる重みも、そんな多層的な物語に相応しい、複雑なものであった。

全745件中 1 - 10件を表示

真夏の方程式 (文春文庫)のその他の作品

真夏の方程式 ハードカバー 真夏の方程式 東野圭吾

東野圭吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

真夏の方程式 (文春文庫)に関連する談話室の質問

真夏の方程式 (文春文庫)に関連するまとめ

真夏の方程式 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

真夏の方程式 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

真夏の方程式 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

真夏の方程式 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

真夏の方程式 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

真夏の方程式 (文春文庫)の作品紹介

映画公開を前に、ガリレオ最新長編待望の文庫化!夏休みに美しい海辺の町にやってきた少年。そこで起きた事件は事故か殺人か。湯川が気づいてしまった真実は? 6月末映画公開決定!

ツイートする