赫奕(かくやく)たる逆光 (文春文庫)

  • 24人登録
  • 3.83評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 野坂昭如
  • 文藝春秋 (1991年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167119126

赫奕(かくやく)たる逆光 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3部構成(オール読物昭和62年1.5.6)
    掲載分をそのまま残したものであろう。

    生前の三島との交流が語られている。現在、三島が生きていれば87歳である。米寿だ。生の記録を最早、書物として残っているものしかなくなってきている。生前の姿を知る生き証人も少ないだろう。三島のイメージ才能あふれる華やかさ、日本美、また、社会的に流行する話題には敏感、才能あふれる新人には助力、勉強する時間は、どうやって作っていたのだろう?ノーベル賞候補の噂があり、海外での著作出版にはお金がかかることなどが書いてあった。あとがきにも示されていたが、本書が書かれた時代が、過渡期であった。三島の幼少時代を知る人々が、死んでいくときであり、著者も、生の声を聞いて書くよりも、前研究者の参考文献を基本とすることが多かったようだ。

    三島誕生以前のことは、明治期の出世没落物語

    幼少時期、戦中戦後、作者を記憶と三島の記録が交錯する。三島は生活上は裕福であるが、心情では浮き沈みがあるように語られる。作者は実生活で変転流布があったようである。
    男色ついて、三島&作者ともに経験はないように書かれている。オチンチンを崇拝すること、男らしさへの憧れなのだろう。しかしこれも一つの「仮面」である。母や女へのあこがれ、求めていることが。深層にあるのではないか。


    三島のキーワードを考えた
    華族、男色、
    詳細な調査(事件見識)
    日本の美(歌舞伎)

  • (1996.12.17読了)(1991.05.11購入)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    焼跡で読んだ短篇に強姦されたような衝撃を受けて以来、深く三島由紀夫を意識し、三島の激賞によって文壇にデビュー、70年11月の突然の自裁まで、さまざまな形で一方的な「恩恵」を受け続けた著者が、父祖の地、幼時体験をはじめとする三島と自らとの数奇な共通項をたどりながら、十七回忌にあえて描いた三島由紀夫の禁忌。

全2件中 1 - 2件を表示

野坂昭如の作品

赫奕(かくやく)たる逆光 (文春文庫)はこんな本です

赫奕(かくやく)たる逆光 (文春文庫)の作品紹介

焼跡で読んだ短篇に強姦されたような衝撃を受けて以来、深く三島由紀夫を意識し、三島の激賞によって文壇にデビュー、70年11月の突然の自裁まで、さまざまな形で一方的な「恩恵」を受け続けた著者が、父祖の地、幼時体験をはじめとする三島と自らとの数奇な共通項をたどりながら、十七回忌にあえて描いた三島由紀夫の禁忌。

ツイートする