それ行け狐狸庵 (文春文庫)

  • 34人登録
  • 3.27評価
    • (2)
    • (1)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 遠藤周作
  • 文藝春秋 (1974年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167120016

それ行け狐狸庵 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 氏の好奇心旺盛な一面を存分に味わえる書。現代の視点からすると、前時代的な印象を持つ箇所もなくはないが、昭和のよき時代の側面と捉えればそれでよいのかもしれない。

  • 狐狸庵先生の好奇心の盛んなこと、いくつ読んでも飽きたりません。「禿げてカツラの緒をしめよ」ドリフのような日常を当たり前のように送っておられた昭和の風景が、生きたこともないのに目に見えるようにおもしろい。また特にささやかなビートルズファンとしては、実際に来日をした時に実物を見た先生の表現があまりにも愉快痛快、どんな時代にもジェネレーションギャップというものがあるのだとしみじみ思います。

  • 上品なユーモアで大笑い。遠藤周作って天然なのでは・・・・・
    BGなる言葉が出てきて、時代を感じさせるが今はOL。言葉が変わるように人も変わるのだ。若い者をなじってはいけないよ、周作さん。天国でも好奇心旺盛に楽しんでいることだろうな。北海道の3000坪の土地はその後ホテルが建ったろうか?

  • 遠藤周作の狐狸庵シリーズ。
    模試によく出ている作家なので読んでみた。
    話題や人の姿には時代を感じたが、ユーモアにあふれる文体や
    歌物語のような流れ。頭髪の話には思わずふいてしまいました。

  • 左藤愛子さんのエッセイがきっかけで読み始めました。こちらも負けず劣らず面白い!この時代の作家さんは本当になんというか面白い。北杜夫さんのマンボウシリーズもこれらのエッセイがきっかけで読み始めました。

全5件中 1 - 5件を表示

遠藤周作の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

それ行け狐狸庵 (文春文庫)はこんな本です

それ行け狐狸庵 (文春文庫)のKindle版

ツイートする