青い月曜日 (文春文庫)

  • 45人登録
  • 3.46評価
    • (1)
    • (4)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 開高健
  • 文藝春秋 (1974年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (476ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167127015

青い月曜日 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 戦中戦後の騒乱を駆け抜けていく、恐らく開高少年の生き様で自伝的小説。"的"はいらないか。

    戦中の鉄道整備をしていた少年時代を書いた第一部は、第二部以降にくらべて、独特の熱に浮かされたような文体である。戦後の第二部以降は、綱渡りをするような、スリリングな唯一無二の人生を描く。

    第一部は読みやすいが、第二部以降は結構読みにくい。特に死体についての会話や改行のない情景の羅列は、内容も伴って、なかなか読み進めることが難しい。

    かといって難しくて読みにくい文ではない上に、ついグイグイと引き込まれてしまって、電車の乗換えを忘れてしまいそうになるほどである。

    また、当時の世俗を表すものとして、ステレオタイプではない当時の流行語などが、会話に挟まれている。これが非常にすばらしい。登場人物の行動が一気にみずみずしいものとなり、キャラクターが立ってくるのだ。

    よく考えて見れば、最近の小説ではそういった「無駄な会話」が行われるのは稀なのではないか。

  • 久しぶりに読み返す。
    電車の中で、一語一語、宝石を拾うような気持ちになる。

  • 2008/7/13購入

全3件中 1 - 3件を表示

開高健の作品

青い月曜日 (文春文庫)はこんな本です

青い月曜日 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

青い月曜日 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする