熱い街で死んだ少女 (文春文庫)

  • 57人登録
  • 3.52評価
    • (4)
    • (7)
    • (12)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : Thomas H. Cook  田中 靖 
  • 文藝春秋 (1992年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (518ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167136079

熱い街で死んだ少女 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 舞台は、1963年の米国アラバマ州バーミングハム。マーティン・ルーサー・キングが指導する公民権運動が勢いを増す中、ある黒人少女が殺された事件を市警本部のベン・ウェルマン部長刑事が捜査する。
    ミステリとしての謎解きはあくまでも添え物で、本作の主題は白人と黒人、虐げる側と虐げられる側の対立構造を描き、その先にある共存への道を模索することにあるのだろう。清潔で正義感に溢れた主人公に好感は持てるのだが、残念ながらレイシズムの持つ深い闇を照射するまでにはいたっていない。

  • なんとなく買った本。当然ながらクックの本は初めてです。
    ストーリーも楽しめましたが時代背景、空気感がとても生々しく、ドキュメンタリーフィルムを観ている様な錯覚を覚えました。いや、下手なドキュメンタリーよりもリアルに感じた!

  • ひきこまれるサスペンスに人種問題が太く編み込まれた傑作。うだるような暑さや草いきれ、コンクリートの臭いなどが感じられるような文章もすごい。

  • 強く心に響くものがあった。キレイな文の流れを書く作家、トマス・H・クック。読めて良かった。人種差別とはなんて残酷なのだろうと改めて思う。白人とか黒人を扱う本は根底にある「抗いがたい何か」を感じる。もう少し資料を読んでみたい。

  •   クックはなぜか、……の記憶、達は書店にあるのに、……女(少女)、はない! なんでやねん、といつも思います。だもんで、これも古本屋でゲット。あと、「だれも知らない女」を捜してます。求む、情報(笑)
     1963年ルーサー・キングの公民運動で揺れるアラバマが舞台。偏見にとらわれる黒人と白人の双方に阻まれながら、たった1人で黒人少女の殺人事件に取り組むベン(白人)の高潔さや強さは、感動的だ。
     クックは、どの作品の根底に人間の弱さ故の悲しみがあると思う。差別もまた、弱さが生み出すものなのかと、思う。

  •  悪は、虐げられた者たちの魂まで踏み台にするのか?シンプルだが、どっしりした骨太な作品。この作品は、現実の歴史的事件に絡めて描くことによって、より深みを増し、社会問題を意識させる仕上がりになっている。内容(「BOOK」データベースより)1963年5月、アラバマ州バーミングハム。ただでさえ暑い町が、マーティン・ルーサー・キング師に率いられる公民権運動デモで煮えたぎっていた。デモの潮が引いたあとの公園に、黒人少女の死体が残されていた。捜査は白人、黒人双方の偏見と猜疑にはばまれて難航する。「だれも知らない女」「過去を失くした女」の著者による傑作。 本書は1989年に刊行されたそうだ。黒人大統領が、ありえないことの代名詞に使われていた時代。そんな時代を背景に、主人公の刑事・ベンは苦悩とともに黒人少女殺しの捜査に乗り出す。捜査を通して、自分の心に忠実でありたいと願い始めるベン。黒人の公民権運動デモに共感している、己の気持ちの存在を知ることとなる。一歩間違えれば怪我を負いかねないデリケートな問題に挑戦した、著者の意欲作だと思う。真犯人は、すぐそばにいるかもしれないという、緊迫感あり、美しい黒人女性との淡く哀しい交流あり、そして仲間の刑事の剥き出しの感情ありと、胸苦しさとともに深く考えさせられる作品だった。

  • クックながらの読み応え

全7件中 1 - 7件を表示

トマス・H.クックの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サラ ウォーター...
トム・ロブ スミ...
パトリシア・コー...
ウンベルト エー...
トマス・H. ク...
トマス・H. ク...
トマス・H. ク...
宮部 みゆき
パトリシア・コー...
トマス・H. ク...
パトリシア・コー...
トマス・H. ク...
トマス・H. ク...
トマス・H. ク...
トマス・H. ク...
有効な右矢印 無効な右矢印

熱い街で死んだ少女 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

熱い街で死んだ少女 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

熱い街で死んだ少女 (文春文庫)の作品紹介

1963年5月、アラバマ州バーミングハム。ただでさえ暑い町が、マーティン・ルーサー・キング師に率いられる公民権運動デモで煮えたぎっていた。デモの潮が引いたあとの公園に、黒人少女の死体が残されていた。捜査は白人、黒人双方の偏見と猜疑にはばまれて難航する。「だれも知らない女」「過去を失くした女」の著者による傑作。

熱い街で死んだ少女 (文春文庫)のペーパーバック

熱い街で死んだ少女 (文春文庫)のKindle版

熱い街で死んだ少女 (文春文庫)のペーパーバック

ツイートする