高丘親王航海記 (文春文庫)

  • 922人登録
  • 3.97評価
    • (155)
    • (88)
    • (143)
    • (6)
    • (4)
  • 122レビュー
著者 : 澁澤龍彦
  • 文藝春秋 (1990年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167140021

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
谷崎 潤一郎
安部 公房
J.K. ユイス...
三島 由紀夫
ジョルジュ バタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

高丘親王航海記 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 再読。随分と久方ぶりなので細かいエピソードを失念していたせいか、初読のような瑞々しい感覚で物語を味わうことができた。まるで玉手箱のよう。禁を犯して蓋を開けると澁澤龍彦の生涯を賭けた(彼の見た夢の)コレクションが蜃気楼の如く浮かんでは空気中に拡散し私はうっとり恍惚となる。最後に残った一粒の真珠が彼の生きてきた証だ。それを最後の最後、渾身の力で残してくれた。迫りくる死を意識し見つめ乗り越え、一流の美学とユーモアで装飾しながらこの怪傑作を書き切り死に尽きた。その生き様に憧れる。死に際まで彼はかっこよかった。

  • 貞観7年正月、高丘親王は唐の広州から海路天竺へ旅立つ。
    幼い頃に藤原薬子が添い寝で語った天竺の話。
    薬子の思い出と寄り添うように天竺へ旅をする。
    「そうれ、天竺まで飛んでゆけ。」
    夢か現か。
    異国の景色、むせ返るようなジャングルの熱、しんとした湖の舟。大蟻喰い、儒艮、蘭房の女、獏園、蜜人、卵生の娘、王妃の肉身像。

    夢のようで、でも天竺までの彼の地ならそんなことが起きても不自然でないように思うのは西遊記が頭にあるからかな。
    ほんわかとじっとりとミーコと一緒に旅をしてきた。
    親王の歳を感じさせない好奇心と行動力にニヤリとしつつ。親王の薬子への想いが甘酸っぱさとヒリヒリした闇を垣間見させて切ない。
    地図を見ながらミーコの旅したあとを追ってみたくなる。

    「一生に一度しか夢を見ず、夢というものの効能も知らずに死んでゆく人間が、この国にはざらにいるのじゃ。おまえは天竺へ達することを一生の念願としているそうだが、そんなに夢を見ることに堪能ならば、どうしてまた天竺なんぞへ足を運ぶ必要があろう。天竺は夜ごとの夢で見ていれば十分ではないか。」

  • 22年ぶりの再読。あれ?こんなマイルドだったけ?「パタリロ!」と世界観が重なる。珍動物とか、エロ風味とか、奇想天外な感じが。て、パタリヤパタタ姫のせい?実はパタリロのほうが、先に発表されてるのは驚きの事実。

  • 天竺へ向かう高丘親王らが波瀾万丈の旅の途上で目にしたのは、人語を操る儒艮や、えもいわれぬ香気を放つ糞をひる獏や、怪しい真珠や、砂地を離れて空を飛ぶ舟。飄々とした口調で蘊蓄を垂れる、めくるめく幻想の世界へようこそ。

    率直な感想は3.5、とはいえこの手の小説はレアなので加算0.5、総計星4と言ったところ。澁澤龍彦の文体が、個人的にそこまでぐりぐりと壺に入らないせいかもしれない。

  • 実在した高丘親王の話を元に作り上げた物語.高丘親王が天竺を目指して弟子たちとともに旅に出る.道中の不思議な,夢とも幻とも言えるような出来事の話.この本には面白いか,面白くないか,といった評価基準はあまり適していないと思う.適しているのは気持ちいいか,気持ちよくないか,という基準である.そしてこの本はものすごく気持ちのいい本である.両手両足が伸ばせるお風呂があったとする.仰向けに寝っ転がってもおぼれないような深さのお風呂.そこでぬるめのお湯につかりながら,仰向けになってぼーっと上を向いている感じの心地よさ.そういう心地よさの本.最後に書かれた高橋克彦の解説は実にくだらないが,ただ「これは大人の小説だと思う.できるならば,四十になり,五十になって読み返して欲しい.その時期ごとに別の思いが生ずるはずである.」という部分には賛成できる.きっとその通りだと思う.

  •  言わずと知れた澁澤龍彦による幻想文学の名作であります。
     実は宇月原晴明の「安徳天皇漂海記」を読みかけていて、そのあとがきで触れられていたので再読したもの。
     平安時代に高丘親王が天竺に向かおうとした逸話をベースにしているものの、決して歴史小説ではなく、珍妙な生き物などが次々と登場する幻想譚となっています。
     天竺を目指して進む親王は、同時に夢と現実のはざまを旅していく。人語を解すジュゴン、鳥女を閉じ込めた後宮など、ある意味バカバカしくも、しかし非常に美しい世界観に魅了されます。
     澁澤龍彦氏はガンによる死を前にしてこの小説を書き上げたとか。美をもって死を迎え入れる姿勢に、遺作として単純に心打たれます。
     初めて読んだときはそれを知らなかったため、衝撃的なラストは氏の芸術至上主義とニルヴァーナ願望を表出したものと考えてたんですけど。

  • 時間も空間も夢も現実も自在に行きつ戻りつ、こんな幻想譚…、楽しいなぁ。
    美しくも死の象徴である真珠を飲んで親王が喉の病いを患ってしまう最終章は、本作を執筆していたのが筆者の咽頭癌末期であったことを知ると切ない。

  • 幼少期、父平城帝の愛人・薬子に寝物語で聞かされた天竺のことが忘れられず70歳に至って天竺を目指す高丘親王のお話。

    不思議な感触の小説である。
    天竺を目指しあらゆる島々を巡り、そのたび親王は夢とうつつの淡いを行き来する。
    一見ファンタジーのようだけれど、親王の行動や奇態な夢に強烈な「男の性」を感じるというか……男の腋の下の臭いをかぐようなリアリティがおもしろいのだ。

    それぞれの女の役割というのを考えてみても、なんだかおかしいというか割り切れない。
    薬子は親王の母代わりのようであり愛人のようでもあり、そこに実の父平城帝に対するエディプスコンプレックスも感ぜられる。けどそういう事は意外と瑣末なことであるかもしれず、親王が抱く薬子の思い出はどこか「やわらかい」。

    秋丸・春丸もどういうものだろう。
    「蘭房」において、口惜しそうにしながらも親王を欄房に見送る秋丸の姿に僕はどこかくすぐったい気持ちになる。

    解説にあったが40歳くらいになって読むとまた違った感慨が湧いてきそうである。

  • 河口慧海の『チベット旅行記』を読んでいたらふいにこの本のことを思い出して再読。澁澤さん好みのモチーフ、アイテム、変な動物満載で、小説なのだけれどいつものエッセイを読むのと同じ感覚で読んでしまう。アナクロニズムを多用するだけでなく登場人物自らそう言ってしまうのもご愛嬌。何度読んでもどうしても親王(みこ)と澁澤さん自身の姿が重なります。

  • 澁澤氏の遺作となった作品。『うつろ舟』を読んで彼の世界にハマった身として、とても面白く読んだ。人面鳥身の女、犬頭人、獏、諸々の奇怪な生き物と出会いながら、高丘親王を育てた藤原薬子の転生を軸に繰り広げられる冒険譚。読み物として楽しいし、一気に読んでしまった。

  • 澁澤 龍彦が書いたと思うとそれほどグロくない。
    でも、まあ、アルコール抜きの場では語りづらいことも。苦笑。

  • ジャンルのよく分からない小説だが、おそらく幻想文学……かな。
    これぞ爺ファンタジー 笑
    自由な想像力の世界を堪能。

  • 夢の中、というか時空の迷路に迷い込んだような感覚が堪らない。上品な狂気。ふと、自分も天竺を目指す旅に出るのもいいかもしれないと思った。いや、もうその旅の途上にいるような気もしてきた。

  • 澁澤龍彦の読み返し月間で。澁澤ワールド満載の美しい描写と皮肉が魅力。今読み返すとワンピースと似たワクワク感があるなと思った。新しい世界に飛び込んで行くという、好奇心をくすぐられる感じ。そして出会った変わった人々や生き物のキャラクターが、各地の伝説やシンボルに基づいているところも。尾田栄一郎さんも澁澤好きなのかな? 澁澤氏の遺作ということで死への想いも綴られているが、暗くなく、ホッとするような感覚に溢れている。

  • ゴチャゴチャした高度で奥行深い世界を一所にまとめ、壁天上を抜いて、練乳を掛け太陽に透かして覗いた様な印象。淡泊な気もしたが無性感が良いのだろう。直ぐに読み終わった。

  • 不思議な旅。不思議とその世界観に引きこまれます。史実もベースにある夢のようなお話。

  • 過去に読んだ本。

    マンドリンの曲に、この本と同じ題名の曲があるので、どんな本なのだろうと手にとってみた作品。

    濃厚な幻想世界が繰り広げられている。

  • 澁澤龍彦の手になる唯一の長編小説。
    お伴を三人連れ、天竺へ旅する高丘親王の航海記。

    メロドラマ以外でひさしぶりに面白いと思える小説を読んだ。

    歴史小説の体をし、旅行記という面をつけてはいるものの、実態は幻想小説だ。
    つまり、物語の中で、現実世界に唐突に不思議や怪異が現れる。

    さらに面白いのは、その少しねじれた現実世界の中で高丘親王が夢を見る。
    夢は高丘親王のいる現実世界の続きであり、彼にとっては不思議というより妥当な世界に違いない。
    だがそれを読む読者にとっては、(両者がはっきりと書き分けられているにもかかわらず)両者の質的な差は判別しがたく、それゆえ二重に覆われた虚構といった様相をあらわしてくる。

    ひとつひとつの幻想の描き方もさることながら、その仕組みがこの物語に一層、いわば夢以上の儚さを与えている。

    一方で、歴史小説の体をなしているおかげで器はしっかり作られており、物語としての終わりもきちんとやってくる。

    これはうまいこと作ってあるなぁ、とただただ感心するばかりだ。

  • 蜜金色に輝く夢幻郷への旅路

  • 書籍の中でも、群を抜く面白さ。
    大人になってもう一度読みたい。

  • 貞観七(865)年、高丘親王67歳は、
    お供を連れて船で天竺(インド)を目指す。
    奇妙な人獣との邂逅や、うたた寝に見る夢のまにまに、
    親王は徐々に自身の「死」へ近づいていく。
    しかし、悲壮感はない。
    むしろ、旅の果ての、そのまた向こうの世界へ赴くことを
    心待ちにしているようだ。
    読むたびに目頭が熱くなる美しい小説。

  • (要チラ見!)春風亭昇太/文庫

  • 親王っていうから若者が航海する話かと思ったら、お爺さん親王が家来とともに、実在するのかしないのか分からない東南アジアの国々をゆるゆると巡っていく、夢のような話だった。

    各章で小さなエピソードが語られるのだけれど、エピソード自体は強力ではない。でも文章に味わいがあって、情景の描写が鮮やで、きらびやかな錦織を眺めているような楽しさがある。毎日寝る前に一章ずつ読みたい、とっておきのお菓子のような本。

  • 澁澤龍彦の遺作だけあり、
    彼の生涯が集約された小説だったのかもしれない。

    まだ筆者についての教養は浅学だが、
    本作は彼の生涯が見て取れたように感じた。

    ワンピースや最遊記を彷彿とさせるような
    海をかける冒険譚であり、
    妖しげで淫らな描写ものぞかせ、
    最後には悟りを開いた敬虔な宗教観も
    感じさせられた。

    冒険→幻想→淫猥→悟り→解脱とでも
    いったように次々と進む一連のストーリーには
    ページを捲る手を進めさせられた。

    このストーリーこそが
    高丘親王こと、澁澤龍彦の生涯であり、
    両者の共通項であるストーリーの発端には
    童心からなる好奇の心があったのだと感じさせられた。

    作家としての戦友、三島由紀夫にも言えることだが
    芸術家の表現の原動力になる物の1つは、
    幼年期症候群ともいえる好奇心なのだろう。

  • 澁澤龍彦フェアが催されていたので初読み。平城帝の第三皇子・高丘親王60歳を過ぎて天竺を目指し旅をする航海記なのですが、白昼夢のような幻想的な作風で驚きました。幼い頃、共に過ごした藤原薬子の影響たるや凄まじい。もしや親王の見る夢は、薬子がしてくれたおとぎ話に重ねて幼児帰りしているのではないか?あるいは思慕か。親王(みこ)が可愛らしくミーコと呼ばれるのが、好かれている皇子だったのかなと、異国で死しても救われる気がしました。

全122件中 1 - 25件を表示

高丘親王航海記 (文春文庫)に関連するまとめ

高丘親王航海記 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

高丘親王航海記 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

高丘親王航海記 (文春文庫)の作品紹介

貞観七(865)年正月、高丘親王は唐の広州から海路天竺へ向った。幼時から父平城帝の寵姫藤原薬子に天竺への夢を吹きこまれた親王は、エクゾティシズムの徒と化していたのだ。鳥の下半身をした女、犬頭人の国など、怪奇と幻想の世界を遍歴した親王が、旅に病んで考えたことは…。遺作となった読売文学賞受賞作。

高丘親王航海記 (文春文庫)のハードカバー

高丘親王航海記 (文春文庫)のKindle版

ツイートする