快楽主義の哲学 (文春文庫)

  • 1274人登録
  • 3.62評価
    • (108)
    • (122)
    • (251)
    • (14)
    • (6)
  • 124レビュー
著者 : 澁澤龍彦
  • 文藝春秋 (1996年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167140038

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
谷崎 潤一郎
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

快楽主義の哲学 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 快楽主義とは、一言では言えないが、幸福と快楽を全く別物であると言いきり、ただ享楽的に生きるのとは意味が違って、自らの歓びを得るために、あの手この手でパワフルに生きることや、遁世し山水に生きることなど、それぞれにそれぞれの快楽があることを述べた書。何十年も前の本だが、今だからはっとする箇所もあり、読んでいてがつんときた。これから何度か読み返すことになるかもしれない。

  • 澁澤世界はなかなか面白い。私は此の人は評論・哲学を語るより、芸術作品を産み出す側であってほしい。
    要するにこの本はイマイチ、だが、澁澤作品にはこの一冊を引き金に惹かれる事になった。
    人類はこの通りになった―とあるが、果してそうだろうか。究極美をどこまでも追求する快楽は見当たらない。
    美に倒錯し給え、人類よ。

    快楽の追求は最早、芸術世界でしか不可能であると私は思うのだ。

  • 幸福と快楽の違いを知っていますか?

    幸福は「苦痛を回避しようという傾向」そして「主観的なもの」
    快楽は「進んで快楽を獲得しようとする傾向」そして「客観的なもの」

    貧乏だろうが、自分が幸せだと思っている人もいる。
    回復不能の病気であっても、ひたすらに神を信じていて、自分は天国にいけると思い込んでいる人は幸せかもしれないし。
    昔の人が不便で、汚くて、不幸だったと考えるのも間違っている。

    著者は幸福なんて存在しないという。
    そんなものに憧れて、ため息をついているのなら、
    まず実際に行動してみること。を説いている。

    赤ん坊が笑う時、幸福だから笑うのではない。笑うから幸福なのだ。
    哲学者アリストテレスも言っている「幸福とは実践である。」

    精神分析学者のライヒによると、性交回数を自慢したり、誇ったりする男は、自分の強さや男らしさの証拠を示したいだけで、実際にセックスの快楽を十分に楽しんでいるのではない。
    つまり勃起能力や射精能力を誇ったところで、一回ごとのオルガズムに達しなければ、そもそも性の快楽の意義はどこにあるのかと発言している。

    どうすれば真の快楽を味わえるのか。

    ①誘惑を恐れないこと
    ―――飲む、打つ、買う、色んな誘惑がある。人を堕落させるものというイメージが強いが、いつも絶対に悪いものなのだろうか。良い悪いは誘惑を受けるものの態度遺憾だと思う。
    誘惑を受けて変化するとしても良い方にいけばいいのだ。
    影響されたから悪くなったのだ、などの考え方は卑怯だ。
    強い人間だったら、これを自分の進歩発展のための有益な糧として消化していくだろう。

    決心を努力を、接吻を抱擁を、あすに引き伸ばすことくらい、愚かなことはない。

    ②一匹狼も辞さぬこと。
    ―――「人のふりみてわがふりなおせ」、ふざけちゃいけない。他人は他人、自分は自分である。
    いつも他人とくらべて、「こんなことしたら笑われないだろうか」「変に思われたりしないだろうか」などビクビクしている人は、すでに自分の主体性を喪失している。
    大衆社会の疎外の産物である。

    ③誤解を恐れない。
    ―――真理であれ偏見であれ、わたしたちが一定の立場に立つ時、たとえその立場が他の多くの物と異なるとしても、これを気にするに及ばない。たとえ自分の立場が絶対多数の意見に一致しないとしても、遠慮したり撤回したりする必要は毛頭ない。
    同性愛だろうと、なんだろうと誇れば良いのです。

    ④精神の貴族たること
    ―――強い精神が必要不可欠。戦後の民主主義では、貴族主義などは非難の対象になる。
    やれ平等にしろ、やれみんな同じにしろ、同じに接しろ。
    1個のりんごを10人で等分に分けた場合、もうそこには快楽はない。

    ⑤労働を遊ぶこと

  • とてもわたくしごとですが。
    この本で若かりしわたしは読書をほぼ初めて、楽しいと感じました。
    今はもう少し捻たので、手放しに大絶賛するような感想は持てなくなってしまいましたが、読み物としてとても面白いことは今でも何も迷わず主張できます。
    10年前後昔に、澁澤みたいなお父さん欲しいなって思ったのを思い出しました。
    完全にチラ裏です本当にありがとうございました

  • 1960年代に書かれた澁澤龍彦さんの雑談。

    色んなものに縛られていないでやりたいようにやろうよ!という呼びかけが冗談交じりに行われる本。
    ユーモア溢れる内容です。

    人間がいつでも遊んでいるような状態にならなければ真の意味で社会や文明が進歩したということにはならないという考えには文句無しに首肯する。

  •  人生に目的などはありはしない。ただひたすら快楽を求めよ、それが異端でも構わない。一匹狼を辞するな。という扇動が込もったシブサワ哲学。
     なるほどな、と思ったのが、幸福と快楽は違うということである。一見、類似しているかのような二つの言葉だが、意味が全然違う。まず、幸福とは苦痛を回避するものだ、という。確かに、幸福というイメージは平和、安泰、保険などがあり、どれも苦痛を回避している。澁澤はこれを苦痛の欠如とも言っている。
     ところが、快楽となると、これは進んで快感を求めることである、という。例えば、おいしい料理をたらふく食べたい、絶世の美女(または美男)を手に入れたい、という欲求が快楽であるという。
     なるほど、確かに幸福ばかり続くとつまらない。「日常に刺激が足りない」とよく言うが、この刺激こそが澁澤の言う快楽なのであろう。
     澁澤自身、黒魔術についてだったり、妖怪についてだったり、超常現象についてだったりと、様々な日常とはかけ離れたものを好んでいた。それは小説にも見られ、澁澤の書く小説は「衒学的だ」、「異端だ」、「役に立たない」と人々は揶揄し、非難したそうであるが・・・私は首を捻ってしまう。私には、澁澤の書くものが、人間の自然的快楽欲求に叶っているとしか思えないからである。そういうお気楽な幸せ者たちに、「非難されるのはどちらなのか」と、思わず訊きたくなる。

  • 本日のナビで紹介した澁澤龍彦の「快楽主義の哲学」のブックコードをお送りします。3.11以降の風潮に逆行するように思えますが、ある種突き抜けた感のある主張に、下手な自己啓発本よりもよっぽど為になるのでは、と思います。少なくとも、私はこの本は良書だと思います。

  • 世の中がどんどん禁欲主義に向かっているのを教えられた。これからは「幸福<快楽」という価値観を持って生きていきたい。

  • 普段の生活を見直す機会になる一冊。まぁ、内容が内容だけにすべてが参考になるわけではありませんが。
    なんにせよ、普段過ごしている「日常」や疲れている現状に刺激的な「何か」を抱かせてくれる一冊です。

  • 澁澤龍彦のことはこの上なく好きなのだけれど、レジャーも愛する私としてはものたりない。

  • 快楽主義の啓蒙書です。
    人生に目的はない。ならば自分で作ればよい。では何を望むか。欲望の満足である。
    この時、選択肢は2つ。苦痛を駆除して持続的な幸福を求めるか、瞬間的な快楽を獲得するか。
    積極的な態度である後者の立場を採るのが本書です。
    肉体の無政府主義という発想は面白いですし、自分自身を知る有害も新たな発見でした。
    あまり深みは感じませんでしたが、脳は構造的に快楽主義ですし、哲学の視点から考える貴重な機会になりました。
    最後に、解説の岡本太郎批判は的外れです。あの像は万博への"アンチ"テーゼなので。

  • これめっちゃ面白い

    もっと勉強しよう

    がんばるんば

  • 2009/8/14図書館で借りる
    2009/8/22読了

    三島由紀夫が序文を書いているところで、すでに鳥肌ものです。澁澤龍彦は珍書奇書に埋もれた書斎で、殺人を論じ、頽廃芸術を論じ、その博識には手をつけられないが、友情に厚いことでも、愛妻家であることでも有名である。

    第一章:幸福より、快楽を
    第二章:快楽を拒む、ケチくさい思想
    第三章:快楽主義とは何か
    第四章:性的快楽の研究

    15分くらいで読みきるほど、おもしろかった。

    第五章:快楽主義の巨人たち
    血と太陽の崇拝者――反逆児ワイルド
    ワイルドは快楽主義を自分の生き方として堂々と押し出した人物である。


    第六章:あなたも、快楽主義者になれる

  •  「快楽主義の哲学」は、彼の中ではポップな部類の本で、エロティシズムや博物学の本を読んでいるファンにとっては、どこか彼らしくない押し付けがましさが感じられる。あとがきを読むと、売れる路線で企画されたために、改稿を余儀なくされたらしい。

     とはいえ、簡潔な文章で彼の思想を語る本なので、澁澤さんって誰?という人にうってつけだと思う。

     面白いのは、宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」が、こてんぱんに叩かれているクダリ。
    ・・・いつも静かに笑っている・・・そういう気持ち悪い人に、私はなりたくありません!って、そこまで言うか(笑)

     文学をやる人のライフヒストリーには、自分の「生まれ」で苦労する話がしばしばある。宮沢賢治も、太宰治も、生まれと環境のジレンマに悩まされた人だ。鴎外や漱石は、西洋と日本の文明の狭間で困難にあう。芥川龍之介は極端で、「一行のボオドレエル」よりも価値のない自分を嘲笑って死んだ。

    どれも澁澤龍彦より前の世代の話ではあるけれど・・・

     私が澁澤さんのファンなのは、彼が自分の生まれや、人生や、社会的な環境・・・そういった事に対してアッケラカンとしていて、もし自分に苦労があっても、それについてグチらずに文を書くところが好きだからだ。「雨ニモ負ケズ」をこき降ろすのは、徳の高い人格を目指しながら、へんに自分をすり減らそうとするコンプレックスの丸出しに我慢がならなかったんだろう。

     澁澤さんは、子供っぽい作家だと思う。だだをこねる子供、夢見がちな子供、理屈っぽい子供。子供でいることは、快楽を追い続けることだ。彼の本のなかでは唯一、自己啓発の要素があって元気づけられるものでもある。 

  • 18歳の時に読んで、それまで死にそうに真面目に生きていたのに、膝かっくんされたみたいに笑われて楽しくなった。何度もコタツに潜って読んだっけ。

  • 哲学というと、堅いイメージ
    誰かがいう「頭のよい人ほど難しい言葉を使わず表現できる」にそった本
    知性、学問を自分のものに(自己顕示欲のもとにではなく)した人はこういった文がかけるのかしら、と素直に関心
    いつだったか(ファッションとは周りを伺いながら、少しだけ道をそれてアイデンティティを主張するものだ)という文章を読んだことがある。この人の主張はさらにその上の(他人に流されない)(迷惑をかけない自己中心主義)であるように思った。素直に良書。

  • 人間は死ぬことを知ってる動物だから、哲学があると思う。良くも悪くも生き物はどうせ死ぬ、って考えたときにどうするか。中島義道の本に対する解説みたいになっちゃった。凄く一方的な視点な気がするけど、中々いい本。

  • 澁澤 龍彦著の怪作。
    「幸福は不幸。幸福より快楽を選択せよ」1965年当時にこんな大胆な人生論を世間に突きつけてる澁澤先生はある意味リアルパンクスです。しかし当時異端だと思われていたことが21世紀に突入した現在では当たり前のことになっている等、多少の内容の古さは否めない。
    それでも不可侵と思われがちな"聖人"宮沢賢治を卑屈などとけなしたりだの歴史上の快楽主義者を羅列して論じて見せるだのやりたい放題で面白い。
    今の時代、こういったことを本気で書ける作家ってなかなかいないだろうなぁ。

  • 全集で読了。初版はカッパブックスで1964年辺り。まだフランス文学者として駆け出しの頃で自宅新築の為に企画に乗った雑談形式の書物。代表作を読んだ後に目を通したせいか非常に微笑ましい読後感だった。いや嫌味じゃなく澁澤龍彦が若輩な若者に教鞭をとったようなそんな一冊。

  • 快楽主義についてのエッセイ。おもしろいけれど、澁澤龍彦もこんなに俗っぽいものを書くのかと意外なここち。新居を建てる資金のために書いたとかいうのも納得。
    とはいえ薄っぺらくも安っぽくもなく、ただ平易に人の気を引けるように意識してかかれたのかなという印象。

    「ジイドの回想によると、オスカー・ワイルドは「楽しむことを義務として」おり、「人が義務におもむくごとく快楽におもむいた」
    「自分の死を誰にも譲り渡すまいと固く決意すふこと」
    「ひたすら陽気で、あけっぱなしで、自分自身の快楽から快楽へと足どりも軽く飛びまわる」
    「自分を客観的にながめることによって、人生のばかばかしさ、世界の愚劣さをわらってやろうという精神、これがユーモアの本質」
    「人間が労働の鉄鎖を引きちぎって、子供や動物と同じように、いつでも遊んでいるような存在にならなければ、真の意味で、社会や文明が進歩したということにはならない」

  • 澁澤作品2作目だがやや期待はずれ。快楽主義、動物的に生きる、それ自体は大いに賛同するがどうにもしっくり来ない。なるほどと膝を打つところがない。主張もやや一貫性を欠くように見える。

  • 購入

    昔、初めて読んだ澁澤龍彦の本。
    当時は、とっても面白可笑しくて夢中で読み進めた。
    それから色々読んだけど今思うと、
    これが初めて手に取った本でよかった。

  • 買ってよかった!この人の本もっと読みたい。性についてのはいまいちだけど・・・

全124件中 1 - 25件を表示

快楽主義の哲学 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

快楽主義の哲学 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

快楽主義の哲学 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

快楽主義の哲学 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

快楽主義の哲学 (文春文庫)の作品紹介

人生に目的などありはしない-すべてはここから始まる。曖昧な幸福に期待をつないで自分を騙すべからず。求むべきは、今、この一瞬の確かな快楽のみ。流行を追わず、一匹狼も辞さず、世間の誤解も恐れず、精神の貴族たれ。人並みの凡庸でなく孤高の異端たれ。時を隔ててますます新しい渋沢龍彦の煽動的人生論。

ツイートする