快楽主義の哲学 (文春文庫)

  • 1261人登録
  • 3.62評価
    • (108)
    • (123)
    • (250)
    • (14)
    • (6)
  • 124レビュー
著者 : 澁澤龍彦
  • 文藝春秋 (1996年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167140038

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョルジュ バタ...
ポーリーヌ・レア...
梶井 基次郎
三島 由紀夫
安部 公房
フランツ・カフカ
谷崎 潤一郎
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

快楽主義の哲学 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 幸福と快楽の違いを知っていますか?

    幸福は「苦痛を回避しようという傾向」そして「主観的なもの」
    快楽は「進んで快楽を獲得しようとする傾向」そして「客観的なもの」

    貧乏だろうが、自分が幸せだと思っている人もいる。
    回復不能の病気であっても、ひたすらに神を信じていて、自分は天国にいけると思い込んでいる人は幸せかもしれないし。
    昔の人が不便で、汚くて、不幸だったと考えるのも間違っている。

    著者は幸福なんて存在しないという。
    そんなものに憧れて、ため息をついているのなら、
    まず実際に行動してみること。を説いている。

    赤ん坊が笑う時、幸福だから笑うのではない。笑うから幸福なのだ。
    哲学者アリストテレスも言っている「幸福とは実践である。」

    精神分析学者のライヒによると、性交回数を自慢したり、誇ったりする男は、自分の強さや男らしさの証拠を示したいだけで、実際にセックスの快楽を十分に楽しんでいるのではない。
    つまり勃起能力や射精能力を誇ったところで、一回ごとのオルガズムに達しなければ、そもそも性の快楽の意義はどこにあるのかと発言している。

    どうすれば真の快楽を味わえるのか。

    ①誘惑を恐れないこと
    ―――飲む、打つ、買う、色んな誘惑がある。人を堕落させるものというイメージが強いが、いつも絶対に悪いものなのだろうか。良い悪いは誘惑を受けるものの態度遺憾だと思う。
    誘惑を受けて変化するとしても良い方にいけばいいのだ。
    影響されたから悪くなったのだ、などの考え方は卑怯だ。
    強い人間だったら、これを自分の進歩発展のための有益な糧として消化していくだろう。

    決心を努力を、接吻を抱擁を、あすに引き伸ばすことくらい、愚かなことはない。

    ②一匹狼も辞さぬこと。
    ―――「人のふりみてわがふりなおせ」、ふざけちゃいけない。他人は他人、自分は自分である。
    いつも他人とくらべて、「こんなことしたら笑われないだろうか」「変に思われたりしないだろうか」などビクビクしている人は、すでに自分の主体性を喪失している。
    大衆社会の疎外の産物である。

    ③誤解を恐れない。
    ―――真理であれ偏見であれ、わたしたちが一定の立場に立つ時、たとえその立場が他の多くの物と異なるとしても、これを気にするに及ばない。たとえ自分の立場が絶対多数の意見に一致しないとしても、遠慮したり撤回したりする必要は毛頭ない。
    同性愛だろうと、なんだろうと誇れば良いのです。

    ④精神の貴族たること
    ―――強い精神が必要不可欠。戦後の民主主義では、貴族主義などは非難の対象になる。
    やれ平等にしろ、やれみんな同じにしろ、同じに接しろ。
    1個のりんごを10人で等分に分けた場合、もうそこには快楽はない。

    ⑤労働を遊ぶこと

  • 全集で読了。初版はカッパブックスで1964年辺り。まだフランス文学者として駆け出しの頃で自宅新築の為に企画に乗った雑談形式の書物。代表作を読んだ後に目を通したせいか非常に微笑ましい読後感だった。いや嫌味じゃなく澁澤龍彦が若輩な若者に教鞭をとったようなそんな一冊。

  • 快楽主義についてのエッセイ。おもしろいけれど、澁澤龍彦もこんなに俗っぽいものを書くのかと意外なここち。新居を建てる資金のために書いたとかいうのも納得。
    とはいえ薄っぺらくも安っぽくもなく、ただ平易に人の気を引けるように意識してかかれたのかなという印象。

    「ジイドの回想によると、オスカー・ワイルドは「楽しむことを義務として」おり、「人が義務におもむくごとく快楽におもむいた」
    「自分の死を誰にも譲り渡すまいと固く決意すふこと」
    「ひたすら陽気で、あけっぱなしで、自分自身の快楽から快楽へと足どりも軽く飛びまわる」
    「自分を客観的にながめることによって、人生のばかばかしさ、世界の愚劣さをわらってやろうという精神、これがユーモアの本質」
    「人間が労働の鉄鎖を引きちぎって、子供や動物と同じように、いつでも遊んでいるような存在にならなければ、真の意味で、社会や文明が進歩したということにはならない」

  • 澁澤作品2作目だがやや期待はずれ。快楽主義、動物的に生きる、それ自体は大いに賛同するがどうにもしっくり来ない。なるほどと膝を打つところがない。主張もやや一貫性を欠くように見える。

  • 購入

    昔、初めて読んだ澁澤龍彦の本。
    当時は、とっても面白可笑しくて夢中で読み進めた。
    それから色々読んだけど今思うと、
    これが初めて手に取った本でよかった。

  • なんだかずいぶん昔に読んだきりなのですが、「本当に澁澤龍彦がこんなもの書いたの?」と訝ったのを覚えています。
    よほどレベルの低い読者向けに書かなくてはならなかったんだろうな~と思いました。二度と読み返すことはないと思います。

  • あんまり面白くなかった

  • 一部同意するところはあったけど、よくわからない話が多かった。これを読めるほど、自分のレベルがない気もした。

  • 何か勢いで書いとる感満載な感じなんやけども、澁澤龍彦ってこんなんも書くのね。

    国語教育学が幸福、国文学が快楽だと思った。
    同じ作品を扱っていても、いつもえらい畑違いやと感じさせられることが多々あったんやけどね、求めるものが幸福なのか快楽なのかっていう違いなのかもなと思った。

  • とてもわたくしごとですが。
    この本で若かりしわたしは読書をほぼ初めて、楽しいと感じました。
    今はもう少し捻たので、手放しに大絶賛するような感想は持てなくなってしまいましたが、読み物としてとても面白いことは今でも何も迷わず主張できます。
    10年前後昔に、澁澤みたいなお父さん欲しいなって思ったのを思い出しました。
    完全にチラ裏です本当にありがとうございました

  • カッパブックスから出てたのかな、
    浅羽さんが、解説、澁澤龍彦でこの手の本は
    珍しい。

    李白、ジャリ、マルキドサド
    色んな人が出てきた。

    印税で家を買うために、書いたみたいな本。
    サングラスをかけた、近影が目に浮かぶ。

  • ・人生には、目的なんかない
    ・幸福とは、まことにとりとめのない、ふわふわした主観的なものであって、その当事者の感受性や、人生観や、教養などによってどうにでも変わりうるものだ
    ・快楽には確固とした客観的な基準があり、ぎゅっと手でつかめるような、新鮮な肌ざわり、重量感があります
    ・「汝の隣人を愛せ」は空虚な理想
    ・夢の中に出てくるネクタイはペニスの象徴

  • 古き時代の名著。快楽主義という言葉は一見すると欲望のまま遊びほうけて暮らせばいいというイメージがあるが、そうではなく、外部に作られた欲望をを消費しようとするのではなく、内に秘めた欲望に素直になるためにはというとても硬派な内容。出会えてよかったと思える一冊。

  • 「語り」の方法が、いつもの澁澤と全く違っていて違和感が否めなかった。澁澤が語ったのを誰かが文字に起こしたような印象だ。小見出しも何か変だ。解説によると、もともとはカッパ・ブックスに書かれた、いわく付きのものであるらしい。帯には「幻の名著」とあるが、澁澤ファンとしては、とうてい首肯できない。本書の最大の欠点は、読者を説得しようとし過ぎていることだ。澁澤には、いつものように自由気ままにペダンティック(衒学的)に語ってほしい。わざわざ、ことさらにヒューマニズムを否定したりする必要もないのだ。

  • 「現実原則」に支配され、規格品のレジャーを供与されることで満足しきって「幸福」を感じている大衆は、今も昔も変わらない。一匹狼として、つくられた流行や価値に反抗し自ら快楽を発見することが肝要であると言った澁澤氏の思考や生活の理想が、大量消費社会や欺瞞に満ちた民主主義の中に生きる私の胸に突き刺さり、決して忘れることができないものとなりました。
    しかしながら、現代の同性愛や風俗の乱れ、過剰な自己表現などの抑圧された欲求が解放された社会がスタンダードとなり、澁澤氏の主張が一匹狼的ではなくなった皮肉な情況をみて、単純に良い世の中だとは言えない気持ちになってしまいました。
    終局的には、既成の道徳や価値、法律といったものは偏見の集合体であり、偏見を否定することは社会のルールを否定するのと同義であるという撞着の論理の導出から、本書で性感帯の拡大、性のアナーキズムと言われているような一種の「原始的社会」の成立が必要なのかもしれません(文明的退行という意味ではなく)。

  • 消極的な幸福より、積極的な快楽を!
    …といったところでしょうか。
    数十年前の著作なので時代を感じるとこもチラホラと。

  • 古今東西の快楽主義者の著作に関する博識を駆使し、快楽主義とは何かを説いていく。

    内容に少し時代を感じるものの、読んでいて納得する部分が多々あり面白かった。

  • 快楽主義とは、一言では言えないが、幸福と快楽を全く別物であると言いきり、ただ享楽的に生きるのとは意味が違って、自らの歓びを得るために、あの手この手でパワフルに生きることや、遁世し山水に生きることなど、それぞれにそれぞれの快楽があることを述べた書。何十年も前の本だが、今だからはっとする箇所もあり、読んでいてがつんときた。これから何度か読み返すことになるかもしれない。

  • 日々の労働や将来への不安だけでなく、性愛の自制さえも優しくいなしてくれる一冊。人間的であれ、文化的であれ、そう洗脳されてきた私たちが、今更「動物的に生きる」なんてことはできそうもない。しかし、幸福・道徳・健全を是とする現代社会を、これほどバッサリ切ってくれる文章は痛快この上なく、まさに快楽である。

  • 1960年代に書かれた澁澤龍彦さんの雑談。

    色んなものに縛られていないでやりたいようにやろうよ!という呼びかけが冗談交じりに行われる本。
    ユーモア溢れる内容です。

    人間がいつでも遊んでいるような状態にならなければ真の意味で社会や文明が進歩したということにはならないという考えには文句無しに首肯する。

  • 人生に目的なんか無い。幸福の基準はあいまいだが、快楽の基準は明確だ。だから快楽主義をすすめたい。身も蓋もなくいうとそんな感じ。
    人と同じである必要はないけれど、世間の物差しからはずれちゃうと生きにくい世の中なんだよねぇ。。。

全124件中 1 - 25件を表示

快楽主義の哲学 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

快楽主義の哲学 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

快楽主義の哲学 (文春文庫)の作品紹介

人生に目的などありはしない-すべてはここから始まる。曖昧な幸福に期待をつないで自分を騙すべからず。求むべきは、今、この一瞬の確かな快楽のみ。流行を追わず、一匹狼も辞さず、世間の誤解も恐れず、精神の貴族たれ。人並みの凡庸でなく孤高の異端たれ。時を隔ててますます新しい渋沢龍彦の煽動的人生論。

ツイートする