第二次世界大戦 ヒトラーの戦い〈6〉 (文春文庫)

  • 28人登録
  • 4.13評価
    • (3)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 児島襄
  • 文藝春秋 (1992年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (524ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167141417

第二次世界大戦 ヒトラーの戦い〈6〉 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イタリア降伏、ノルマンディ、バグラチオン。
    ヒットレル氏終了のお知らせ。

    あと4巻何を書くのだろうか?

  • 感想はまぁ前作と同じ。
    6巻では前半がドゥーチェ失脚からその救出まで、後半がノルマンディ上陸作戦をメインに描かれています。

全2件中 1 - 2件を表示

児島襄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

第二次世界大戦 ヒトラーの戦い〈6〉 (文春文庫)はこんな本です

第二次世界大戦 ヒトラーの戦い〈6〉 (文春文庫)の作品紹介

1943年9月、イタリヤのバドリオ政権は連合国に無条件降伏する。前首相ムソリーニはドイツ軍に救出されファシスト政権を樹立するが、もはや有明無実の存在でしかない。一方、東部戦線の相次ぐ敗退でヒトラーが前線の将軍に不信の念を募らせている'44年6月、連合軍による"史上最大の作戦"ノルマンディ上陸作戦が開始される。

第二次世界大戦 ヒトラーの戦い〈6〉 (文春文庫)の単行本

ツイートする