新装版 雲ながれゆく (文春文庫)

  • 125人登録
  • 3.66評価
    • (8)
    • (22)
    • (28)
    • (0)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 池波正太郎
  • 文藝春秋 (2006年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (437ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167142858

新装版 雲ながれゆく (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 完本 池波正太郎大成23にて読了

    若くして後家になってしまった、笹屋の女将、お歌。
    主への義理を果たすため、番頭や職人たちと店を盛り立てていこうと店に残って頑張る彼女に、義弟夫婦との諍いや実家からの干渉、敵討ちを成そうとしている若者の世話など次々と問題が降りかかる。
    そんな彼女と雷雨の日にであった源吾。物凄い剣客らしいけれど、謎ばかりの奇妙な男。

    女は、環境で、恋で、母となることでどんどん変わっていく。
    男は変わらない。変われないのかもしれない。

  • 強く強く引き込まれて、まさに一気読み!!

    なにより主人公「お歌」が、とても魅力的。
    心身ともに強くて、機転がきいて、かしこくて、
    何より情にあつく、人のためにくるくると
    よく働く。
    そんな逞しいお歌さんが、心の中であらがいながら
    眼光に不思議な力をもつ、強い男、馬杉源吾に
    惹かれていく様子は、娘のようで、艶っぽくて。
    ハラハラしたり、胸ときめかせたりしながら
    読むのを止めることができなかった。

    人のために、そして、やってくる状況に臆せず
    心尽くして立ち向かえば、全てうまくゆく、
    というわけでもないけれど、
    心が春のようなあたたかで、嬉しい時がくる。

    そんな希望が読後に湧いてくるすばらしい小説だった。

  • ”男”を描くことが多い池波氏だが、どっこい女を書いてもイイ女を表現し、男と女の生き様を素晴らしく演出する。この作品の主人公、お歌は夫に先立たれ菓子舗を切り回しているが夏の或る日雨宿りの小屋で正体不明の男に・・・・。それからの展開が面白い。

  • 2013/04/28完讀

    (6.5/10)

    お歌是菓子屋笹屋的女主人,丈夫過世且膝下無子,下一代主人、先夫之弟福太郎懷疑お歌要把店據為己有,お歌憤而離開笹屋回到娘家料亭大村。但笹屋的生意漸漸走下坡,在奉公人強力的要求下,お歌只好答應回去在幫忙一年,但其兄平四郎對她相當不諒解,甚至和他斷絕關係。

    お歌不但必須掌管店內,還受到其他親戚誤會她想奪取這家店;同時她又受武士関口之託,藏匿欲為父報仇的三沢又太郎,焦頭爛額。某天,福太郎居然找流氓謀取お歌性命,而武士馬杉源吾正好救了她一命。お歌因而對他有了好感,也開啟了一段小小的戀情,後來お歌的無私的心終於讓親戚們和陷入險境身受重傷的福太郎理解,而由於お歌告訴馬杉報仇的事,馬杉也協助三沢最終為父報仇,得以回歸故里。馬杉就此離開,但お歌生下了他的孩子。福太郎找到了適合他的職業也就是印判師,再度將店託付給お歌。

    久違再讀池波順暢舒適的文體,十分快意。池波常常描隨著環境與命運的變化,堅強地活下去的女性,お歌也是這樣一個角色。這本小說好像是側寫女性的觀察手記,當女人會怎麼樣說謊?當女人遇到環境變化會怎麼樣?當女人戀愛會怎麼樣…這個側寫觀察實在非常有趣。

    --

    「男らしさと女らしさとか言う前にね、男も女も共通して大事なことがあるんだよ。『人の身になって考える』ということがね。。。。これがなかなか、口で言うのはやさしいが、できないことなんだけどね。」

  • 軽妙な文体に濃いい内容

  • 読んだあとの何とも言えない清涼感。
    29歳 歌子。夫を3年前になくす。
    和菓子屋のおかみさん。福太郎という跡継ぎが、頼りない。
    実家に戻ろうとするが、しかし、和菓子屋を続けるために、
    努力をする。
    そんな歌子が、雨宿りした小屋で、ある男に、
    襲われてしまう。その男は、源吾という。
    あっという間の早技と眼光が鋭い。
    憎しみから、徐々に好きになっていく。歌子。
    自分でも、その変化に驚く。
    又太郎という武士が、敵討ちをしようとするが、相手は強すぎる。
    歌子は、源吾を紹介する。

    物語は、単純な構成であるが、歌子の思いが、
    場面場面で、際立ってくる。
    番頭 長助の必死な願いと思いがいじらしい。

  • 女性が主人公の話はめずらしいなと思った。主人公のお歌が仕事に恋に悩みつつ、一歩一歩進んでいくところがよかった。義弟のダメ男ぶりが最後にはやはり思いもしなかった道へすすむというところもダメだけで終わらず、話の流れからいってお店を継ぐという終わりじゃないところがよかった。朝の通勤電車で読んでいたが、話に引き込まれ降車駅まで熟読した。

  • 913.6 イ 登録番号8927

  • テレビで鬼平犯科帳を観ながら、いつも食べ物が出ることから、氏のエッセーは読みましたが、
    初めて池波正太郎の小説を、まともに読みました。感激でした。
    文体に非常な特徴があって、勉強になった。

  • 菓子舗の若後家が浪人に犯されてしまう。といういきなり楽しい場面から始まる。

    江戸時代に生きるすてきな女の生き方が、私を楽しませてくれました。もちろんチャンバラ有り

全15件中 1 - 10件を表示

池波正太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池波 正太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 雲ながれゆく (文春文庫)はこんな本です

新装版 雲ながれゆく (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新装版 雲ながれゆく (文春文庫)の文庫

新装版 雲ながれゆく (文春文庫)の単行本

新装版 雲ながれゆく (文春文庫)のKindle版

ツイートする