ニードフル・シングス〈下〉 (文春文庫)

  • 166人登録
  • 3.52評価
    • (11)
    • (15)
    • (42)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
制作 : Stephen King  芝山 幹郎 
  • 文藝春秋 (1998年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (712ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167148164

ニードフル・シングス〈下〉 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • キャッスルロックの最後に相応しい怒濤の騒乱。
    ホラーよりかはスラップスティクコメディーだな。
    なんとなくどさくさに紛れての解決にも目をつぶれるぐらい盛大な大騒ぎ、お祭り騒ぎに満腹。
    途中でクトゥルー物を匂わせたので結果クトゥルー物になるのかと期待してしまった。
    なぜだか読んでる間はなにか懐かしい感じを受けたのは以前読んだ作品の登場人物が出てくるせいだろうか。

    大満足。

  • 上巻を読んで、楽しみに読んだが、途中からもうあらすじが見えてきて退屈だった。最後がどのようになるか、もう読まなくても、見えていた。ただ、ニードフルシングスの店主に町の人を作者が躍らせて、楽しんだ感じで、途中で、退屈しました。最後は、すこし、テンポが速くなったが、がっかりしました。

  • 直前に図書館警察読んでて良かった!と心から思ったのでしたよ…。
    キャッスルロックものは遙か昔にデッドゾーン、クージョ、スタンド・バイ・ミーも読んだことがあるのだけどクージョ以外は結構忘れてるので再読してみようかなぁ。
    ダーク・ハーフは読んだことがないので、これは探してみよう。
    仕掛け人のゴーントさんより、スイッチ入れられちゃった人達の方が倍以上怖いわ。
    特にウィルマね…。
    ラストがちょっと投げ気味。いっそもっと救いが無くてもよかっt

  • 組み上げられた物語がストレートに終焉まで突き進む下巻。ストレートすぎて笑ってしまうくらいで、これならべた過ぎる最終決戦も納得。アメコミだけでなくクトゥルー神話までちょっと顔を出していてマニア心をくすぐる。ゴーントさんがジョーカーのイメージに重ね合わされたりも。

  • まさかこんなことになるなんて、
    だれが想像したものか。
    無論私も(笑)。
    つまらない悪戯からとんでもない大惨事である。
    精神的にギリギリ追い詰められていく感があって
    読みながら辛かったけれど面白かった。
    キングは私の「これは生理的に厭だ(でも止められない)」
    というツボをよく突いてくる・・・w

    そして舞台は、ジャンクション・シティへ・・・?

  • ニードフル・シングスの下巻を読了しました。

    感想としては、「分厚いわりに薄っぺら」といったところでしょうか。

    決して面白くなくはないのです。

    まず、古物商に姿を変えた悪魔が、キング作品では御馴染みの街キャッスル・ロックにやってくるところから物語は始まります。

    そしてこの悪魔は住民たちに「ちょっとしたいたずら」と引き換えに彼らの欲しいものを売ってくれるのですが、この「いたずら」が連鎖し、重なり合うことで、住民同士は憎しみ合ったり疑心暗鬼に陥ったりしていきます。

    そして住民同士の殺し合いから、街そのものの完全崩壊にまで至る――という、あらすじだけでワクワクするようなストーリーです。

    だけど読んでみると、先述の通り、意外に中身はスカスカです。何故でしょう?

    たぶん答えは意外と簡単です。悪魔が街にやってきて、その街が崩壊するというストーリーが、何のひねりもなくストレートに描かれているからです。

    だって、文庫版の裏表紙にあらすじが書いてあって、本当の物語はそのあらすじの通りに進むだけなんですもの。ですから他のキング作品などに比べると、次の展開がどうしても気になる! というワクワク感はどうしても少ない。「面白いけど、それだけ」といった趣です。

    また理由はもうひとつあって、悪魔がキャッスルロックの住民達に持ちかける「ちょっとしたいたずら」が、全然「ちょっとした」というレベルではないのです。脅迫状を届けたり、ペットを殺したり、嫌がらせの紙を家中に貼ったり、車を壊しまくったりと、いたずらどころかあからさまな犯罪行為ばかり。

    これでは、キャッスルロックの住民達が憎しみ合うのも当たり前です。ですから、住民達が疑心暗鬼に陥っていくその経緯に意外性がありません。

    これが例えば、普通の人だったら全く気にしないような「いたずら」で、だけどそれが特定の人にとっては不安や疑念を植えつける種になる…というストーリーだったら、もっと意外性は増していたことでしょう。そうした切り口から「日常に潜む恐怖」を描くこともできたはずです。

    つまりこの『ニードフル・シングス』は、意外性がなく、予定調和的で、そのくせ長すぎるのです。

    最後の、保安官と悪魔との対決のシーンはそれなりに面白いのですが、ストーリー全体から見ると唐突で、取って付けた感が否めません。これはあくまでも「魔物によって街が崩壊する」物語なのであって、「愛と勇気で悪魔を追い払って街を救う」物語ではないということでしょう。

    おそらくこの作品は、長編ではなく短編にまとめてギュッと内容を凝縮した方がより面白くなったはずです。僕が書いてみましょうか? それも面白いかも。

  • 前半で膨らまされた風船のごとき悪意の塊は、ちょっとした最後の一押しによってあっけなく破裂し、裏表の境をなくした住民は崩壊へ向かう。

    警察官が自体をつかめないうちに街がどんどんと崩壊していく姿はとても恐ろしいが、店主の”ちょっとした”いたずらによってこのような事態が引き起こされたことを考えると、この破壊はわれわれの裏に常に付きまとっているとも考えられ、空恐ろしい気分になる。

    ただ唯一残念なのがラストの対決のシーン。何でB級悪魔ホラーになってしまうんだろう。

  • 未読

  • 悪戯が原因で町が壊滅状態に!果たしてキャッスルロックの運命はいかに?

  • 『呪われた町』と同様、登場人物が非常に多く、その視点が入れ替わりつつ話が進む形式だが、『呪われた町』よりは状況が頭に入ってきやすいように思える。(キャッスルロックだから?)
    後に作成されたキング監修のTVシリーズ『悪魔の嵐』(ストーム・オブ・ザ・センチュリー)は、まるでこの『ニードフル・シングス』の別バージョンのようでした。

全12件中 1 - 10件を表示

スティーヴン・キングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン・キ...
スティーヴン・キ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ニードフル・シングス〈下〉 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ニードフル・シングス〈下〉 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ニードフル・シングス〈下〉 (文春文庫)の作品紹介

隣人同士、恋人同士、カトリックにバプティスト。町の人々を憎悪が侵す。包丁、拳銃、果てはダイナマイト。容赦ない殺戮に町が崩壊してゆく。骨董店主が笑いながら見つめる中で-。「スタンド・バイ・ミー」「クージョ」「ダーク・ハーフ」のあの町をキング自身が情熱をこめて葬り去る、完全破壊の恐怖と愉悦あふれる渾身の大作。

ニードフル・シングス〈下〉 (文春文庫)の単行本

ツイートする