新装版 御宿かわせみ (8) 白萩屋敷の月 (文春文庫)

  • 171人登録
  • 3.63評価
    • (13)
    • (21)
    • (38)
    • (1)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 平岩弓枝
  • 文藝春秋 (2004年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167168896

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 御宿かわせみ (8) 白萩屋敷の月 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 読者アンケートのトップになったのを読むとやっぱりファンは女性が多いのだろうなと思った。

  • 美男の医者が面白かった。幽霊のラストにもくすりとさせられた。
    全体的に気持ち的に救いのない話が多かった。違う話なのに、恋娘、持参嫁、藤屋の火事、水戸の梅、絵馬の文字、このあたりは作中の言葉を借りて、分相応、を弁えられなかった故の過ち……だなとおもった。表題作の白萩屋敷の月は、似て非なる。でも、同じ悲しみが漂ってる。こちらは弁えすぎた故に、特別以上になっちゃったのかもなあ。うまくいかない。

  • シリーズ8冊目。
    この中では『美男の医者』が一番好きです。宗太郎先生、なかなか役者で、スカッとします。

     表題作が読者アンケートで一位とありますが、私はあまり好きではありません。
    そりゃあ、この時代そういうことは何でもないことなのでしょうが、るいに対しても兄の通之進に対しても裏切りなのじゃないのかなぁと思ってしまいます。
    まだ夫婦ではないにせよ、それ同然なのだからそこはグッと堪えて欲しかったなぁ(苦笑)。

  • 読者人気投票一位の表題作。
    切なくて美しい。
    また読みたいな。

  • 表題作「白萩屋敷の月」が悲しい。
    今まで良い兄ちゃんでしかなかった通之進にも、
    若い頃があり、青春があったんだよなぁと
    今さらながら思えます。

    世の中ってうまくいかない。

  • 白萩屋敷の月
    わたしはあまり好きな話ではなかった。後味が悪い…

  • O 8 御宿かわせみ
    表題作は東吾の兄に想いをよせていた女が東吾にその面影を求める話…って書くと情緒もあったもんじゃないな。

  • 『御宿かわせみ』シリーズ第8弾。

  • 御宿かわせみ 第8段。
    表題の作品は読者投票一位であると言う。

  • ・美男の医者
    ・恋娘
    ・絵馬の文字
    ・水戸の梅
    ・持参嫁
    ・幽霊亭の女
    ・藤屋の火事
    ・白萩屋敷の月

  • 御宿かわせみシリーズ「美男の医者」「恋娘」「絵馬の文字」「水戸の梅」「持参嫁」「幽霊亭の女」「藤屋の火事」「白萩屋敷の月」8編。
    今まで読んだシリーズ単行本の中で一番いい。常連メンバーが脇役になって、事件の人物に焦点を当てていた。好きなのは、「美男の医者」「恋娘」「白萩屋敷の月」だな。「絵馬の文字」「藤屋の火事」は内容的にやや落ちる。それにしても、このシリーズが、これから一段と乗ってくるんじゃないかと予感させる。まぁ、どうせ先は長いが(^^;

  • くま様んちへ船に乗ってお引越し。

  • ここ何巻か、るいの出番が少ない気がする。主役はあくまで探偵役の東吾。読者アンケートでトップとなった表題作はやはり秀逸。白い萩の咲く屋敷に住む美しく醜い女主人の思いが哀しい。そしてその思いをかなえてやる東吾が優しい。このほか幽霊になって息子の家を見守る「幽霊亭の女」も結構好きだった。

  • 表題になっている「白萩屋敷の月」が秀逸。滅多に明かされない、東吾の兄の過去が垣間見える。

  • 御宿かわせみシリーズ第8巻。この巻の冒頭の話に、はじめて天野宗太郎が登場。最初は偽名でかわせみに泊まっていたため、単なる医者かと思っていた東吾たちだが、それでも一歩間違えば騙りになりそうなことに巻き込み、最後には彼が御殿医の息子だということが判明しびっくりした。この巻のタイトルになっている作品は読者投票で1位になった作品。ぐいぐいと読ませる。でも、東吾は役得か?【2007年4月10日読了】

  • 「御宿かわせみ」はどれも好きなのですが、この表題作の話がすきなのでこの巻にしました。東吾のお兄さんと、宗太郎先生が好きです。

全17件中 1 - 17件を表示

新装版 御宿かわせみ (8) 白萩屋敷の月 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新装版 御宿かわせみ (8) 白萩屋敷の月 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新装版 御宿かわせみ (8) 白萩屋敷の月 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

新装版 御宿かわせみ (8) 白萩屋敷の月 (文春文庫)のKindle版

ツイートする