池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)

  • 8714人登録
  • 3.61評価
    • (912)
    • (1154)
    • (2280)
    • (130)
    • (37)
  • 1058レビュー
著者 : 石田衣良
  • 文藝春秋 (2001年7月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167174033

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石田 衣良
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • ブクロさいこー^^

  • 予想よりとても面白かった。(^^
    ハードボイルドなんだけど、視点が変に大人寄りにならないのが良かったですね。
    登場人物の考え方が等身大というか。
    主人公の成長も落ち着いた方向に成長しているのが良かったです。
    クラシック音楽のエピソードへの絡め方も良かったかな。
    作者の某テレビ番組はちょっとアレですけどね。(^^;

  • 主人公・真島誠が、知恵と人脈と胆力で、池袋に起こるトラブルの解決に挑戦していく。かつて宮藤官九郎監督、長瀬智也主演でドラマ化もされた。シリーズ第1作。
    「どうすればいいか、まるでわからない。だが……自分の中にある熱を信じるしかないじゃないか」
    熱と力が生命の底から込み上げてくる快作。

  • ドラマやってたな~と思いながら、シリーズ長いので手を出さなかった作品。面白かった~。衣良さんの描くリーダー格の男子ってめっちゃいい男だな。男の友情って良いですね。場所が池袋というのが身近でより面白かったです。

  • もう何回読んだかな?前に読んだのはもう随分前だったから内容全然覚えてなかった。少し前からこのシリーズ全部読み返したくて、やっと一作目読了。改めて思う。面白い。この一言に尽きる。シリーズ全部読んでるけど、つくづくこの登場人物たちの存在感とストーリーの疾走感にやられる。
    「池袋ウエストゲートパーク」…マサって誰だっけ、そんな人いたっけって思い出すまで時間がかかった。山井結構好きだよ。ヒカルは何かもう、切ない。かわいそう。
    「エキサイタブルボーイ」…今後も何度も出てくるサルね。良いよね。サルと姫のお話。切なかった。和範も良い味出してる。
    「オアシスの恋人」…千秋とイラン人のカシーフのお話。シュン、ケンジ、ラジオのチーム好きだわあ。
    「サンシャイン通り内戦」…明日香なんて彼女いたっけ、全然覚えてなかった。妊娠騒動も。あとマコトと加奈の初恋。それからタカシ。かっこよすぎる。

  • ドラマには劣るけど単純に楽しかったです!(*´ω`*)

  • 面白くて一気に読んだ。
    立ち読み。

  • 昔ドラマやってたけど見てなかった。原作で初めて。池袋懐かしい、なおさらリアルに読めた。人間臭く、そんな人間らしいところがマコトの魅力かな。

  • テンポがいい。それにつきる。

    ミステリーだととらえればトリックはしょっぱいのにドキドキしながら読み進めてしまうのは、池袋に生きる少年青年たちのキャラクターの素晴らしさと、前述のテンポのよさ。

    ストーリーのためのキャラクターじゃなくて、キャラのためのストーリー。だから感情移入しやすい。自分もIWGPにいる気分になれる。うん、お見事。
    マコトとタカシ、どっちも好み!


    ドラマは見たことないけど、ぜひ見てみたくなった。

  • 石田衣良ファンなのに、この作品を読んでいなかったオイラ。言わずと知れた代表作なのに。もっと早くに読んでおくべきだった。文句なしに面白い。

    愛すべき登場人物たちの活躍に胸が踊った。こんなにワクワクする小説は久々だった。やっぱり物語はストリートから生まれるんだと改めて思った。
    キレもいいしテンポも最高。ページを捲る指が止まらない。

    池袋のブランドを一気に押し上げた本作。オイラもこんな小説を書いてみたいなあ。やっぱりどこか田舎臭い溝の口あたりを舞台にして。

  • ドラマの大ファンで、原作も読んでみたくなって読みました。
    ドラマとキャラクター設定等が大幅に違っていたので最初は戸惑いましたが、とても面白かったです。
    ドラマほどお茶目なキャラクターが少なかったのですが、その分各キャラクターのハートの熱さみたいなものが伝わってきて良かったです。
    池袋という街の生々しさが伝わってきて、とてもリアルな小説。

    実は私は池袋がとても苦手で、主に渋谷、新宿くらいしか行かないのだけど、この本を読むと、池袋に行きたくなる。

    もう少し若いときにこの小説を読んだら、また少し違った印象を受けたのかな。

  • おもしろいんだけど…
    個人的には軽すぎる(明快すぎる)気がして★3つです。

    一気に読める点はgood、電車の中とか、待ち合わせの場とかで、時間をつぶすにはおすすめです。
    寝る前に…となると、読みやすすぎて最後まで読んでしまう(寝るタイミングを失う)ような気がします。

  • まさにエンターテイメント小説って感じ。池袋の街が魅力的に思える。けど・・・こんな世界に普通に暮らすってどういうことなんだろう、って思ってしまうかな。あまりに暴力的で、あまりに人々は軽くて、あまりに律義。

  • 自分が高校?大学?時代にドラマで流行った池袋ウエストゲートパーク。
    あの頃はドラマも見ていなかったが、たまたま小説版を見つけオーディオブックにて購入。

    テレビで石田衣良さんを拝見したことはあったが、『穏やかな方』というイメージだったので予想外の作風に驚いた。

    ものすごく『若者の熱量』を感じる作品。

    もちろん自分はこのような世界に生きていたことは無いけれど、何となくカッコ良いなぁと思ってしまう感覚。
    オトコって、やっぱりこんな『ケンカ』、『女』、『ドラッグ』的な世界観に少なからず憧れる部分があるもんなんだろうと、この歳になっても感じた(笑)

    でもきっと、今よりもあの頃の方がドップリはまったんだろうな…

    『タカシ』がカッコ良いなぁと思いつつ、窪塚洋介がやってると聞いてドラマも見たくなりました。

  • 本棚の整理をして10年ぶりくらいに読み直した。当時池袋勤務で通勤電車の中で読んだ。今回も通勤電車読み。
    時代を感じる。そんなに昔のことではないのに。マコトがありえないくらいヒーロー。理想の青年だわ。続編はそれほど強い気持ちで読みたいとは思わない。
    機会があったら逢いましょう、マコトくん!

  • 石田衣良はTVでコメンテーターやってる時は穏やかな印象だけど、この本のイメージは全然違ってピカレスク小説。
    こういった作品って時代を反映しやすいから勿論誰もがスマホを手にしている現代とは異なる。これはPHSの時代なので、勿論その前の時代とも異なる。
    ただアイテムが違うだけで、この手の小説って割と昔からあった。だから斬新さも衝撃も感じない。

  • 石田衣良さんを好きになった作品がこれ

  • はじめて新宿鮫を読んだ時のような感触。限られた世界で背伸びしながらギラギラしている若者が皆、魅力的に感じた。

  • 人気ドラマの原作。
    ネット検索して調べたら、ドラマがやっていたとき自分は小学生だった。たしかに当時通っていた公文式の教室で超まじめな新井くんがドラマの主題歌を歌っていた記憶がある。エッチなシーンとか暴力描写が多いドラマだったのにみんな(真面目な新井くんも)見てた。彼元気でやってるのかな。時間が経っている、ということを実感してすごく切なくなる。

    主人公のマコトはもちろんかっこいい。それ以上にかっこいいのがキング。カリスマすぎる。反射神経が良いから物を落としたことがない(落ちる前にキャッチできる)ってもう何を言ってるかよくわからない。小説とはキャラが違うけど、ドラマでキングを演じた窪塚洋介もかっこよかった。繰り返しになるけど、まさにカリスマだった。いい映画にいっぱい出ててナンバーワンっていう感じだった。

    高校のころ、深夜にこのドラマが再放送していて、それをVHS(!)に録画して見て、そのあと石田衣良氏にハマってIWGPシリーズから別の小説まで一気に読んだのを思い出す。
    また読み直してみよう。

  • 十数年ぶりに読み直したけど、面白かった

  • 何度も読んだな~青春だった! 友達・仲間をもちたいと思えた気づけた1冊

  • H29.01.14 読了。

    昔、ドラマ化されていたのを当時観ていて気になっていた作品。
    内容はあんまり覚えていないが、主人公マコト役をTOKIO長瀬、ドーベルマン殺しを坂口憲二、キングを窪塚洋介、他にも佐藤隆太、加藤あいなどなど、豪華なキャストだったのは覚えている。

    どうしてもマコトは長瀬智也になってしまうが、問題なく楽しめた。またドラマ版も観たくなった。
    そして、続きも読んでみたい。

    「4TEEN」「6TEEN」とあまり変わらない書き方だけど、舞台やキャラクターが違うとまた違って面白い。
    また、若者言葉な文が多いが、世界観にあっていて良い。
    石田衣良さんの作品をもっと読んでみたい。

  • ・池袋ウエストゲートパーク
    ・エキサイタブルボーイ
    ・オアシスの恋人
    ・サンシャイン通り内戦

    マコトの語り口調が抜群。時代を感じる作品。
    池袋ウエストゲートパークは1997年にオール讀物に掲載された作品なので、もちろんスマホもない時代。
    エキサイタブルボーイは、サルが登場。懐かしい面々でもあり、今でも池袋ウエストゲートパークに登場する人物が登場するのがまた楽しい。
    ミステリーというか、マコトの生き方がカッコイイ。カッコつけないところ、だけど、なんかカッコイイ。

  • 今の住みたいランキングで上位にくる街じゃなくて、ごちゃごちゃした争いもトラブルも起きる池袋での青春を描いた本。次は何が起きる・どう解決に向かうを追っていったらあっという間に読了。今さらだけど代表作/デビュー作を読んでみた。

全1058件中 1 - 25件を表示

池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)に関連する談話室の質問

池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)に関連するまとめ

池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)の作品紹介

「池袋ウエストゲートパーク」は東京の池袋を舞台に、現代の若者の友情、愛情が描かれるエンターテイメント作品です。
現代の病巣ともいえるネット社会などについても言及もあり、社会学の書物としても注目されます。筆者の石田衣良は直木賞を受賞しており、その点で小説の面白さにはお墨付きがなされているものといえます。

池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)の単行本

池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)のKindle版

ツイートする