電子の星 池袋ウエストゲートパークIV (文春文庫)

  • 4241人登録
  • 3.51評価
    • (257)
    • (551)
    • (1133)
    • (44)
    • (4)
  • 311レビュー
著者 : 石田衣良
  • 文藝春秋 (2005年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167174095

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
石田 衣良
宮部 みゆき
石田 衣良
奥田 英朗
石田 衣良
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

電子の星 池袋ウエストゲートパークIV (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 内容エグい、もう読まない

  • 相変わらずクールで面白いのだが、表題作が胸糞悪すぎる。本当にありそうで恐い。そして池袋どんだけ20がいるのかっていう。20なんて言い方初めて聞いたけども、本当に言うのかな?
    タカシの登場回数が多いので、ファンとしては嬉しい。

  • 「池袋ウエストゲートパーク」シリーズの4作目。

    シリーズ物はある程度読み進めていくうちに飽きてくるものだが、このシリーズは相変わらず面白い。

    全体に漂う、悲しみ、虚脱感、虚無感、絶望などの負の感情が、でも、頑張って生きていけばなんとかなりそうだ、と、前向きに捉えそうな終わり方をしている所が良い。

    今回も、「黒いフードの夜」「ワルツ・フォー・ベビー」が、悲しくて涙が出るんだけど、それだけじゃない終わり方をしていてやっぱり泣ける。

    「東口ラーメンライン」はイマイチ。

    「電子の星」は一番長い話だけど、グロいのと、悲しみがあまりない(そこからの希望もない)ので、今回の4つの中では一番良くなかった。

  • アングラDVDの人体損壊映像と池袋の秘密クラブの関係は?
    マコトはネットおたくと失踪した親友の行方を追うが…。
    通り魔にギャングの息子を殺されたジャズタクシー運転手に告知された悲惨な真実とは?
    「今」をシャープに描く、ストリートミステリー第4弾。
    切れ味、スピード、さらに快調。

  • IWGPシリーズ第4弾。何もしないまま、負け犬のような面をして生きているのかもしれない。切れ味がなくなってきた気がする。

  • 自分で斬り込んでいくやつ

    2016.6

  • (2011より転載)
    だんだん内容がグロテスクになっているような気がするのと、クラシックの楽曲がマニアックになっている気がする…でもせっかく4巻まで読んだので全部読みたいな。
    2011/3/23読了

  • だんだん事件がグロテスクになってきている気がする。
    人体損壊ショーとか、ほんとうに勘弁してほしい。

    頼まれもしないのに勝手に秘密を探って、誰も幸せにならない「ワルツ・フォー・ベビー」などは、何様のつもり?とちょっと腹立たしささえ感じるし。

    「東口ラーメンライン」みたいなほのぼのしながらも、ネグレクトのような最近の事件の傾向に触れつつも、希望の持てるラストの話がもっと多いといいのに。
    読後感が悪い話が多すぎて、ちょっと食傷気味。

  • ちょっと人体損壊はグロ過ぎて気分が悪くなった。ただし、全体的にスピーディーで、最後はスカッとする展開。

  • IWGPシリーズ第四弾。

    今回は割と話が重たいのが多かった。
    けど、最後はスカッとしたからまぁいいか

  • 表題作の印象が残りすぎてサーヤの話好きだったのに印象が…。SMという話のおかげでいつも以上に描写がグロかったです。怖い。。相変わらずのマコトとタカシ、サルの関係が好き。マコトの感情が大きく動いたときの残酷さは、「普通の人」の感情を代表しているように感じる。

  • 「東口ラーメンライン」よい♪
    「ワルツ・フォー・ベビー」も、ちょっと哀しいけどよい。
    「黒いフードの夜」「電子の星」は、重くて、つらい。でも誰かに、こんなに悲惨なのに自分はどうすればいいの?と問いかけてもどうしようもない。自分はどうしたいのかを自分に問い、本当にそうしたいなら、強い意志を持って新たな一歩を踏み出す決断をしなければならない。本当の優しさは強さの中にある。人は強くなければ、他人にまで優しくはなれないのだ。このシリーズには、そんな人たちがあふれているから人気なんだろうなぁ~!

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    アングラDVDの人体損壊映像と池袋の秘密クラブの関係は?マコトはネットおたくと失踪した親友の行方を追うが…。通り魔にギャングの息子を殺されたジャズタクシー運転手に告知された悲惨な真実とは?「今」をシャープに描く、ストリートミステリー第4弾。切れ味、スピード、さらに快調。

    【キーワード】
    文庫・ドラマ化・ミステリー・青春

    【映像化情報】
    2000年4月14日ドラマ化
    出演:長瀬智也・加藤あい 他



    ++2+1

  • 『東口ラーメンライン』Gボーイズを引退したツインタワー兄弟が経営するラーメン屋・七生を妨害する悪意。バイトの小動物少女あずみの秘密。比較的凡庸平和。
    『ワルツ・フォー・ベビー』5年前の池袋で死んだ中野のギャング長を悼む父。元嫁と幼い息子、なぞの妊婦。中野ギャングが口を閉ざす、彼の死をめぐる本当のわけ。
    『黒いフードの夜』十五歳で売春するサワーのしがらみ。マコトの下した精神的罰に、暴力よりも過酷であると評したキングの言葉は意味深。
    『電子の星』SMクラブの解体ビデオに出演した友人の弔い戦で負け犬に昇格する田舎少年。あいかわらずGボーイズの手口があざやか。

  • 東口ラーメンラインがお気に入り。

  • 東口ラーメンラインがお気に入り。そこに載ってたラーメン屋だけど、玄武以外はまだ頑張ってるね。

  • 解説がおもしろい

  • 激しい内容のものもあってドキドキした。

  • だいぶこの面白さに慣れてきた第四弾
    マンネリではなく、ただ面白さに慣れてきただけです
    東口ラーメンライン、ワルツ・フォー・ベイビー、黒いフードの夜、電子の星
    黒いフードの夜と電子の星は残酷で目を背けたくなるような描写もあったけど、いつの時代でも、場所でも暗い部分はたくさんある
    でもそういうのに傾きたくない。汗かいてごはんもりもり食べて健康的に生きたい。
    あと千住さんの解説が素晴らしかった。池袋ウエストゲートパークを語る上では音楽、クラシック外せないもの。今まででてきた曲を列挙して、マコトの言葉の引用、これぞ解説ですよ
    池袋3のクドカンの解説と比べてみると、本当に素晴らしさがわかります。クドカン「石田さんは乳酸菌の研究をしてる人のようで」なんてそのまんまやないか!どこが解説じゃ!(でもその例えぴったりで面白かった、、)
    と思うこともなく、興味深い内容でした。

  • 池袋WGPシリーズは相変わらず面白い。

    流れが素直なので、内容がわかりやすくてサクサク読める。
    ラーメン屋の話が一番面白かったかな。

  • 前作と同じく、発刊直後に単行本で読破したが、最近オーディオブックで聞き直した。

    …実はこの辺りからちょっと食傷気味になってきた。

    でも、テンポの良い話運びと、魅力的なキャラクターは健在!

    今この時にも、地球のどこかでは誰かが不条理な圧力で苦しんでいるんだと、改めて突きつけられた「黒いフードの夜」が印象的だった。


    ただ、表題の「電子の星」はちょっと理解の範疇外だった。
    グロい話が好きじゃないので、苦手だったのもあるけれど。

    誰かに強要されたわけじゃなく、自分から人体切断ショーのキャストに志願して、絶望して自殺して。
    彼の問題は人体切断ショーではなく、バイト先や学校に馴染めなかった、環境や本人のコミュニケーション能力にあるんじゃないだろうか。

    そんな彼の死の責任をショーの主宰者に求める事が、果たして正しい事なのか。
    個人の倫理観的に忌避してしまうことでも、それに縋らずにいられない人たちもいるわけで。
    ましてあのショーは(作中では)一応合法的なものだったわけだし。

    マジョリティに理解されないマイノリティーな性癖を持っている人にとっては、もしかしたらそのショーが、数少ない拠り所だったかもしれない。
    そう考えれば、あの話の中での一番の弱者は、世間に理解されない性癖を抱え、人知れずフラストレーションを晴らす場所を探している、ショーの観客なのかもしれない。

    それを個人的な感情論で「悪」と決めつけ駆逐することが正しいことなのか。

    「お金を持っている人間」「お金を稼いでいる人間」=悪いやつ
    「あまりお金を持っていない人」「社会的に強い立場にいない人」=正義
    みたいな、卑屈で偏った正義感を感じて、主人公達にちょっと嫌悪感を感じた。

  • 多分、一番(私の)共感に遠いところにいる話だと思います。暴力、流血、グロいのは苦手なので、「電子の星」はなるべく想像しないようにして読みました。誉田氏の『ストロベリーナイト』を連想しました(こちらはドラマでしか観たことないですが)。被害者が納得してやっているというのは、まだマシなところかもしれません。でも残酷なことを欲する性はなくならないだろうなと思います。「黒いフードの夜」はビルマの男の子の話。家族の生活のために身を売るという現実。この星の上には天国はないというサヤーの言葉が切なかったです。

全311件中 1 - 25件を表示

電子の星 池袋ウエストゲートパークIV (文春文庫)に関連する談話室の質問

電子の星 池袋ウエストゲートパークIV (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

電子の星 池袋ウエストゲートパークIV (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

電子の星 池袋ウエストゲートパークIV (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

電子の星 池袋ウエストゲートパークIV (文春文庫)の作品紹介

アングラDVDの人体損壊映像と池袋の秘密クラブの関係は?マコトはネットおたくと失踪した親友の行方を追うが…。通り魔にギャングの息子を殺されたジャズタクシー運転手に告知された悲惨な真実とは?「今」をシャープに描く、ストリートミステリー第4弾。切れ味、スピード、さらに快調。

電子の星 池袋ウエストゲートパークIV (文春文庫)のKindle版

ツイートする