反自殺クラブ―池袋ウエストゲートパーク〈5〉 (文春文庫)

  • 3366人登録
  • 3.56評価
    • (168)
    • (401)
    • (644)
    • (28)
    • (4)
  • 214レビュー
著者 : 石田衣良
  • 文藝春秋 (2007年9月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167174125

反自殺クラブ―池袋ウエストゲートパーク〈5〉 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回は全体的に流血表現が少なかったなと思います。相変わらず女にはモテないけど、サラッと依頼を解決してしまうマコトはかっこいいです。現実にいたら確実にモテると思うのですが…(笑)読みやすいのでどんどんはまっていきます。

  • 「どれほど苦しんでも悩んでもいい。その最低の姿を見せてくれ。その姿に勇気づけられるやつがきっといる。俺たちはそうやってなんとか生き延びてきたんじゃないか」
    に感動。

  • 既刊に比べて社会問題色が強い作品が多いように思う。ちょっと重いし、マコトのいい意味でのバカさ加減が若干弱いかな。相変わらずの題名のセンスが最高!

  • 今日も池袋には事件が香る。
    風俗スカウト事務所の罠にはまったサンシャイン60階通りのウエイトレス。
    伝説のスターが設立を夢見るロックミュージアムの真実。
    集団自殺をプロデュースするインターネットの“クモ男”―。
    ストリートの「今」を鮮やかに描くIWGPシリーズ、切れ味がさらに増した第5弾。

  • かれこれ何年振りか、シリーズの続きを会社の方に貸して頂き久々この世界へ。

    40代のおばちゃんには、この本の世界は若々しく、初々しく元気があってとても楽しく感じられた。

    以前読んでいた頃は20~30代で、割と等身大で読んでいた気がするのだが、今はもうマコトのお母さん目線(笑)
    マコトのお母さんの振る舞いが実に清々しい(^^)

    テンポも良くてサクサク読めてしまう。
    中高生にも楽しく読める作品なのではないかな。

  • おれたちはいつだって、探しているものしか見つからない

    安物は誰かを安く買ってるだけかも

    輝くためには燃えなきゃならない

    そこにいるだけで、人間って風とか光とかなんかを周囲にはなってるんだ

    2016-7-4

  • 石田衣良

  • 今までは短編3本と中編1本という配分でしたが、今回はほぼ同じ長さの短編が4本。

    マコトと池袋に住む人たちの心の触れ合いがあってこその物語だとずっと思ってきたし、今も思っている。
    今回はそう意味では面白くなってしかるべきはずなんだけど、あんまり面白くなかったな。

    マコトが「自分はたいしたことがない」という度に、事件をうまく解決するマコトの姿とマコトの自己認識が乖離していってしまう。

    高卒で、学生時代は落ちこぼれで、そこそこケンカに強くて、クラシックや現代建築に造詣が深くて、女の子にもてないと言いながら近寄ってくる女の子には「自分を大事にしろよ」と諭して追い返す。
    鼻持ちならないよね、マコト。

    その彼が、短編で、事件に関わった人たちと接触しても、どうも上っ面だけにしか感じられない。

    「俺は、自分では何もできないやつなんだ!」と言いながら、海賊王を目指しているやつと、いったい何が違うんだろう。
    グロテスクなシーンがなかったのはよかったけれど、全体的に薄っぺらい話だったような気がした。

    時代を切り取るって難しい。
    切り取っただけではだめなんだ。
    切り取ったものになにがしかの視点や思想を加えなければ、それはただの情報の垂れ流しになってしまう。
    そんなことを思った。

  • IWGPシリーズ第5弾!

    相変わらずマコトの大活躍である。

  • 中国の労働環境、今で言うコンプライアンスに関わる問題、集団自殺など奥深い社会問題にメスを入れながら、ストーリーとして進んで行く。考えさせられる小説だね。

全214件中 1 - 10件を表示

石田衣良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
石田 衣良
東野 圭吾
石田 衣良
有効な右矢印 無効な右矢印

反自殺クラブ―池袋ウエストゲートパーク〈5〉 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

反自殺クラブ―池袋ウエストゲートパーク〈5〉 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

反自殺クラブ―池袋ウエストゲートパーク〈5〉 (文春文庫)の作品紹介

今日も池袋には事件が香る。風俗スカウト事務所の罠にはまったサンシャイン60階通りのウエイトレス。伝説のスターが設立を夢見るロックミュージアムの真実。集団自殺をプロデュースするインターネットの"クモ男"-。ストリートの「今」を鮮やかに描くIWGPシリーズ、切れ味がさらに増した第5弾。

反自殺クラブ―池袋ウエストゲートパーク〈5〉 (文春文庫)はこんな本です

反自殺クラブ―池袋ウエストゲートパーク〈5〉 (文春文庫)の単行本

反自殺クラブ―池袋ウエストゲートパーク〈5〉 (文春文庫)のKindle版

ツイートする