Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク〈7〉 (文春文庫)

  • 2685人登録
  • 3.81評価
    • (163)
    • (351)
    • (255)
    • (25)
    • (2)
  • 152レビュー
著者 : 石田衣良
  • 文藝春秋 (2009年9月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167174149

Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク〈7〉 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • IWGP7作目。
    相変わらずの面白さ。
    うん。今回も文句なし!

  • 良かった

  • …「これは特撮映画と同じファンタジーだと思ってきいてください。でも、もしかしたらキングがなにか動いているのかもしれない。Gボーイズをふたつに割るのが嫌で、ヒロトさんの派閥から牙を抜こうとしているのかもしれない。それだけ腕の立つやつらを集められるのは、池袋にも数えるほどしかいない。タカシさんなら、そいつは簡単かもしれない」…

  • 要町テレフォンマン
    詐欺師のヴィーナス
    バーン・ダウン・ザ・ハウス
    Gボーイズ冬戦争

    バーン・ダウン・ザ・ハウスはちょっとじんときたなぁ。
    Gボーイズ冬戦争のマコトとタカシが格好良すぎた。

  • のってきたら、さくさく読めた。

    絵画商法。
    数年前に池袋を歩いているときに、イルカの絵を置いている所に連れて行かれたことがあるので、(途中で帰ったのでカモにはならず。)やっぱりあるんだと思ってしまう。

    Gボーイズ冬戦争は、やっぱり読みごたえがある。
    それにしてもマコトの母が、鋭くて、過去やどんな人なのか気になる。

  • 表題作は、他の3編の2倍の長さで、中編といえるくらい。

    力作なんだけど、個人的にはイマイチ。

    タカシはあまり出しゃばらず、ふんぞり返って命令を出すだけくらいがいい。

    他の3編は、「オレオレ詐欺」「悪徳商法」「連続放火魔」が主題で、出て来る人物はどれも弱くて繊細なヤツばかり。

    この繊細なヤツらが、最後にちょっと再生して成長していく感じがいいんだな、このシリーズは。

  • 要町テレフォンマンはIWGPっぽくてよい。はじめはもっとこれ系の、手軽な知恵で乗りきっていく感があった気がするが、だんだん大掛かりになりすぎている印象。
    でもやはり表題作が一番面白かった。タカシが出てくると格好いいのでテンションが上がるし、マコトとタカシの友情もなんだかんだで熱くてよい!

  • 鉄の結束を誇るGボーイズに異変が生じた。
    ナンバー2・ヒロトの胸の内に渦巻く、キング・タカシに対するどす黒い疑念。
    Gボーイズが揺らげば、池袋のパワーバランスも破綻しかねない…。
    タカシの危機にマコトはどう動くか?
    史上空前の熱き闘いを描く表題作はじめ4篇を収録した、IWGP第7弾。

  • タカシとGボーイズが大好きな私にとっては、タイトルからかなり惹かれました(笑)マコトとタカシのあまり見られない熱い友情も見れましたし、満足です。初期に比べたら残酷で痛々しいシーンが減ってきた印象です。それでもマンネリ化しない衣良さんは流石です。

  • まあまあ

全152件中 1 - 10件を表示

石田衣良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石田 衣良
伊坂 幸太郎
石田 衣良
石田 衣良
有効な右矢印 無効な右矢印

Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク〈7〉 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク〈7〉 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク〈7〉 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク〈7〉 (文春文庫)の作品紹介

鉄の結束を誇るGボーイズに異変が生じた。ナンバー2・ヒロトの胸の内に渦巻く、キング・タカシに対するどす黒い疑念。Gボーイズが揺らげば、池袋のパワーバランスも破綻しかねない…。タカシの危機にマコトはどう動くか?史上空前の熱き闘いを描く表題作はじめ4篇を収録した、IWGP第7弾。

Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク〈7〉 (文春文庫)の単行本

Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク〈7〉 (文春文庫)のKindle版

ツイートする