すっぴん魂・愛印 (文春文庫)

  • 51人登録
  • 3.27評価
    • (2)
    • (3)
    • (16)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 室井滋
  • 文藝春秋 (2005年8月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167179106

すっぴん魂・愛印 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 素敵な人だ。

  • 室井滋さん。週刊文春に連載してるエッセイをまとめた本です。高1のときから文春を読んでているのですが、これは私が読み始める前のをまとめてあったので買いました。日常的な話もあり、外国行った話もあり・・・面白いです。イスタンブールのハマムの体験が一番強烈でした。

  • LOVE室井☆

  • 生きてく上で、退屈しなさそうで羨ましい。
    (現時点でエッセイ制覇)

  • 滋ちゃん、かわいい。かっこいい女優さんなのにこんなにファニーなんて。

  • 2006/1/29
    最近ブログが流行っているが、エッセイを読む感覚と似ているなと思った。その人の日常や考えていることを知ることができるから。
    室井滋の潔く格好良い、それでいて自然体な日常にはたくさんの愛がつまっている。

全7件中 1 - 7件を表示

室井滋の作品

すっぴん魂・愛印 (文春文庫)はこんな本です

すっぴん魂・愛印 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

すっぴん魂・愛印 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

すっぴん魂・愛印 (文春文庫)の単行本

すっぴん魂・愛印 (文春文庫)のKindle版

ツイートする