夜 訪ねてきた女 (文春文庫)

  • 27人登録
  • 3.27評価
    • (0)
    • (5)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Thomas H. Cook  染田屋 茂 
  • 文藝春秋 (1993年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (474ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167218102

夜 訪ねてきた女 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フランクとは、もっと長く付き合いたかったのに、
    もう会えないのは残念です。

    フランクは何もいわなかった。

  • 最後の最後にほんと少しの希望が見えた。

  • トマス・H・クックらしい、淡々と流れるミステリー。
    フランク・クレモンズ私立探偵の3作目。
    良かった。じっくりと文をかみしめられた感じ。
    秋の夜長の読書だな。

  •  元警部捕クレモントシリーズの最後。クックの記憶シリーズを読んだ後だと、ちょっと文体やなにかが違ってて読みにくかった。が、このシリーズは最後に微かな希望の光みたいなものがあって好きだ。特に、今回のはずっと暗かったのが、本当に最後にちかっと光って終わった。でも、クックって1作1作で上手くなっていくよな(笑)

全4件中 1 - 4件を表示

トマス・H.クックの作品

ツイートする