スワッグ (文春文庫)

  • 23人登録
  • 3.22評価
    • (0)
    • (3)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Elmore Leonard  高見 浩 
  • 文藝春秋 (1993年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (375ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167218119

スワッグ (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 訳者があとがきで書いてあるように、レナード=タッチの“輝かしき原型”といえる記念すべき作品。ストーリーはシンプルだがすっとぼけたところが小気味よく味わい深い。再読に十分耐えられるだろう。

  • 『アウトオブサイト』ちうお話しのビデオをお友達から借りて観たですが、
    同じお友達からそのビデオの原作者のご本を借りたです。映画でありそうな強盗2人組みのお話しでございます。
    やーーーっぱり、銃が出てくると締まるよねぇ。いざあったら、いやだよねぇ!ん。でも面白かったです。

  • 『このミス』の過去のランキングを見ると、ランクインしたレナード作品の多くは文藝春秋社から出版されたものが多い。文春文庫のレナード作品を手に取ったときは扶桑社→創元推理文庫→HM文庫→角川文庫と渡り歩いてようやく本道に入った感があったものだ。
    文春文庫のレナード作品は本作で出てくる主役の1人スティックが出てくるその名も『スティック』という作品が刊行番号が1番となっているが、当時私がレナードに手を出した時点で既に絶版となっており、これについては未だに入手できていない。数年後、私が海外に赴任して初めてその作品と遭遇する。先人の残した書籍の山にあったのだ。その感想については既に述べているのでそちらを参照されたい。

    で、本作は文庫刊行番号2番の作品で、『スティック』の1つ前の作品となる。つまり原書の刊行は『スワッグ』の後に『スティック』となっているわけだ。エルキンズの作品の時にも述べたが、日本の出版社は手っ取り早く固定客を掴むために、その作家の有名作やベストセラーの作品を最初に訳出するという、シリーズ物を順番に読むことを好む読書好きにとっては非常に嫌な販売戦略がある。商売の原則から云えば、確かにそれが正しいのだろうけど、書籍販売が文化事業の一環であるとの認識から通常の商売の原理をそのまま適用するのとはちょっと違うところがある。まあ、この辺について語ると返本精度や価格固定販売にまで論が広がる恐れがあるのでこの辺で止めておこう。

    ひょんなことで知り合った自動車泥棒スティックとフランク。一番手っ取り早く大金を稼ぐ方法を考えていたフランクはまた“成功と幸福をつかむための十則”という独自の成功哲学を持っていた。そして大金を稼ぎ、なおかつその十則を適用した酒店やスーパーを標的にした武装強盗を2人で組んで乗り出すことになる。
    これが予想以上に上手く行き、たちまち生活が豊かになる2人。やがて野心家のフランクはさらにでかい勝負に出ようと特別なプランをスティックに明かすのだが、それが運命の分かれ目だった。

    この武装強盗というアイデアはなかなか面白く、彼らがたちまち小金持ちになっていくあたりは痛快だった。しかし物語はレナードのこと、このままでは行かず、またもや予想外に、ひねって歪んで展開する。
    ピカレスク小説としてこのまま描いて欲しかったというのが本音だが、それをレナードに求めてはやはりいけないのだろう。
    また主人公の1人フランクに、感情移入できなかったのも私が本作の評価を低くすることにもなった。なんせ私のお気に入りキャラ、チリ・パーマーを読んだ後だから、その落差が激しかった。

    しかしフランクという名前も多いな、レナード作品には。

全3件中 1 - 3件を表示

エルモア・レナードの作品

スワッグ (文春文庫)はこんな本です

ツイートする