昭和精神史 戦後篇 (文春文庫)

  • 40人登録
  • 3.18評価
    • (1)
    • (2)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 桶谷秀昭
  • 文藝春秋 (2003年10月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167242053

昭和精神史 戦後篇 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 明治維新から今にまで続く、日本人のメンタルモデルの変遷を理解しようと手に取った。題名から想像するような「歴史年表的」な筆致ではなく、全体的には散文的で、著者の想いが濃くて、いまいち入り込めないところも多い。一番印象に残ったのは、司馬遼太郎の「坂の上の雲」への記述。司馬の書いた明治の「明るさ」は、「合理的精神のもつあかるさ」であるという。その後、日露戦争からその「あかるさ」は消え、暗い精神の時代に入っていく。これは、いまの企業組織にも通じる点。合理主義ではない、素直に現実を視る、あかるい合理的精神が組織にも必要と考える。

  • 文藝評論家の桶谷秀昭による、昭和の「精神史」。<BR>
    <BR>
    本書は戰後の思想・精神を概觀してゐる。<BR>
    戰後の昭和といふ時代を「思想」といふ觀點から俯瞰する試みは他に寡聞にして聞かない。<BR>
    その意味で本書は、かなり難解な部分もあるが、貴重な存在だと思ふ。<BR>
    <BR>
    2004年7月10日讀了

全2件中 1 - 2件を表示

桶谷秀昭の作品

昭和精神史 戦後篇 (文春文庫)はこんな本です

昭和精神史 戦後篇 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

昭和精神史 戦後篇 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

昭和精神史 戦後篇 (文春文庫)の単行本

ツイートする