ベッドの中で死にたいの (文春文庫)

  • 63人登録
  • 3.17評価
    • (2)
    • (2)
    • (17)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 内田春菊
  • 文藝春秋 (2005年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167267148

ベッドの中で死にたいの (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【ベッドの中で死にたいの/したくない時どうすれば/一発やったら俺の女/わたしの中のその子/さよならも言いたくない/彼のお値段/放流門人魚(原作:杉浦日向子)第一話~第四話】

    女は男の言うことを聞くべきなのか?
    髪形・服装くらいは好きにさせてよ。
    お前の好きにならないからって、ぶつなよ。
    『さよならも言いたくない』を読むと、そんな気になります。

  • 杉浦日向子原作の江戸漫画にびっくり。こういう仕事もするのか。

  • 恋愛を見透かしてる様な斜に見てる様な、それでも目が離せない

  • 人を好きになることが関係性を持ったリアルさで描かれていて
    中でも江戸時代のおいらんを主人公とした、杉浦日向子原作の「放流門人魚」第2話望月が愛と情が感じられて特にイイ。

  • 内田春菊のベッドの中で死にたいのを読みました。内田春菊らしい女性のセクシャルな感性を描いたコミックでした。うなずける面もあり、へえそうなのかな、と思わせる部分もありました。杉浦日向子原作の「放流門人魚」(ほるもんにんぎょ)というまんがが収録されていましたが、こちらも杉浦日向子らしい作品で楽しめました。

全5件中 1 - 5件を表示

内田春菊の作品

ベッドの中で死にたいの (文春文庫)はこんな本です

ベッドの中で死にたいの (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ベッドの中で死にたいの (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ベッドの中で死にたいの (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ベッドの中で死にたいの (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ベッドの中で死にたいの (文春文庫)のKindle版

ベッドの中で死にたいの (文春文庫)の単行本

ツイートする