「跳ね鹿」亭のひそかな誘惑 (文春文庫)

  • 19人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 山本 俊子 
  • 文藝春秋 (1989年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167275662

「跳ね鹿」亭のひそかな誘惑 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お久しぶりのポリー・ブレイド再登場。回想にはちょろっと出てきたりもしましたけれど。
    ウィギンズさんのカラテはまだ健在なのですね~。
    頼もしい…と思ったら!なんという終わりでしょう…。
    ジュリーさん女運・上司運ともに悪すぎデス!
    でもキャロル=アン初登場にしてミセス・ワッサーマンと仲良くなったあたりは救われたところ。

全1件中 1 - 1件を表示

マーサ・グライムズの作品

「跳ね鹿」亭のひそかな誘惑 (文春文庫)はこんな本です

「跳ね鹿」亭のひそかな誘惑 (文春文庫)の作品紹介

ポリー・プレイド、といえば『「鎮痛磁気ネックレス」亭-』でおなじみの女誘推理作家。取材で訪れた小村アッシュダウン・ディーンで村人のペットが次々と殺されるという忌わしい噂を耳にしたとたん,愛猫が行方不明、大慌てで電話ボックスに駆けこむと、そこには老女の死体があった。-かくして、警視ジュリーの登場となる。

ツイートする