ハイダウェイ (文春文庫)

  • 76人登録
  • 3.50評価
    • (4)
    • (10)
    • (14)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
制作 : Dean R. Koontz  松本 剛史 
  • 文藝春秋 (1994年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (564ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167309459

ハイダウェイ (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 雪の山道のドライブ、厳寒の川への転落、夫の溺死。そしてその夫は緊急蘇生プロジェクトの実験台に…。幼い一人息子を失って以来夫妻にとって死は身近なものだったが、死よりずっと怖ろしい暗闇の世界がそこに待っていようとは。日夜をわかたぬ悪夢との闘いの果てに、この世のものならぬ“悪”の隠れ家(ハイダウェイ)での対決が。

  • 冒頭からの掴みの強さが異常。のっけからガンガン小説に引っ張られる。もう少し短くてもよかった。

  • ハイダウエイってのは「隠れ家」とかいう意味らしいです。<br>
    これもダメでした。文章はキライじゃないんだけどなー。クーンツだめかもワタシ。この展開でもろにゴシックホラーな内容だったら面白いのに…なんかSFちっくでした。

  • 99mmdd以前読了

全4件中 1 - 4件を表示

ディーン・R.クーンツの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ディーン クーン...
有効な右矢印 無効な右矢印

ハイダウェイ (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハイダウェイ (文春文庫)の作品紹介

雪の山道のドライブ、厳寒の川への転落、夫の溺死。そしてその夫は緊急蘇生プロジェクトの実験台に…。幼い一人息子を失って以来夫妻にとって死は身近なものだったが、死よりずっと怖ろしい暗闇の世界がそこに待っていようとは。日夜をわかたぬ悪夢との闘いの果てに、この世のものならぬ"悪"の隠れ家(ハイダウェイ)での対決が。

ツイートする