コールド・ファイア〈上〉 (文春文庫)

  • 111人登録
  • 3.47評価
    • (6)
    • (10)
    • (28)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Dean R. Koontz  大久保 寛 
  • 文藝春秋 (1996年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167309664

コールド・ファイア〈上〉 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 当初スティーヴン・キング『デッド・ゾーン』を思わせつつ、SF的な展開を見せ、明るく終わるという意外さ。自分だったら結末は別のパターンを選ぶ気がします。
    解説は宮部みゆき氏。

  • 08mmdd読了

  • 面白い。ウォッチャーズにはさすがにかなわないが。しかし、前半のテンポの良さには感服。

全3件中 1 - 3件を表示

ディーン・R.クーンツの作品

コールド・ファイア〈上〉 (文春文庫)に関連する談話室の質問

コールド・ファイア〈上〉 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コールド・ファイア〈上〉 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コールド・ファイア〈上〉 (文春文庫)の作品紹介

どこからともなく現われ、あわやの瞬間に人命を救い、ジムとのみ名乗って消えた男。驚くほど青い眼をした男。目撃した女性記者ホリーが調べると、"寄跡の救出劇"は頻々と全米各州にわたって行なわれている。男はどうやって危難を予知するのか?何が男をそうさせるのか?職業意識を超えてホリーは男の謎に魅かれてゆく。

ツイートする