真夏の犬 (文春文庫)

  • 481人登録
  • 3.31評価
    • (23)
    • (34)
    • (126)
    • (14)
    • (2)
  • 36レビュー
著者 : 宮本輝
  • 文藝春秋 (1993年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167348090

真夏の犬 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いずれも貧窮の少年を主人公にする短編小説。
    特に感動的な話でも無いのだが、妙に印象に残る作品が多い。
    表題の「真夏の犬」酒乱の母親に手を焼く「階段」訳あって会えない親子の姿を描いた「ホット・コーラ」。そこにはノスタルジックな世界がある。
    私が育ったのは時代も少し後だし、小説の舞台となる都会の下町ではなく田舎、そしてそれほどに貧乏ではなかった。それでもこの小説の世界には何かノスタルジーを感じるものがあるのは何故だろうか

  • 「組んだ足場だけを見せて、その中に隠れた建物を読者の心で透視させるのが短編で、足場をとっぱらって、建造物の外観を披露し、内部の間取りを考えさせるのが長篇」と作者があとがきで言っているように、足場だけの短編が9つ。

    唐突な終わり方で、建物の外観は見て取れるが、足場を取っ払って、建物の中身もじっくり見たくなるような物語の数々。
    大阪の、兵庫の、石川の空気感を感じさせるような描写と、人生に倦んだような心の動き・・・
    思いのほか読了に時間がかかったのは、背景に思いを馳せすぎたからか。
    ん~やはり、輝さんは長篇がいいです。

  • 作者の作品は長編も好きなんですが、個人的には短編の方が、より好きかもしれないです。昭和の大阪の湿気、少しのドブの臭い。なんとなく心が波立つ感じが、なんとも言えず心地よい。

  • この短編集は、いずれも人間の「生臭さ」と人生の裏側とを強く感じさせる作品が集まっている。
    それが、自分には合わなかった。ただ、合う合わないは別として、宮本作品らしい、シンプルでありながら匂い立つほど鮮やかに情景を浮びあがらせる、無駄のない的確な表現は、さすが。
    特に、子どもの視点から大人の世界の「蓋をしたい部分」を見つめた、「真夏の犬」「階段」「赤ん坊はいつ来るか」といった作品は、エネルギーを感じる。

    余談だが、本作を読んでいて、短篇と長篇の違いについて著者と解説者それぞれが語っていた内容が非常に印象的で、かつ個人的にとても腑に落ちた。

    レビュー全文
    http://preciousdays20xx.blog19.fc2.com/blog-entry-488.html

  • 貧しく不器用で、底辺を生きていた私たちの追憶。
    泥臭さく、どことなく現実にありそうな話。
    さえない人々がそれぞれの過去を振り返る。
    自分と重なるところを探しつつ読み進んだ。

  • 2016 5/11

  • ・3/28 読了.美香さんに借りて読んだから、殆どノルマを熟す的に読んだにも拘わらず、あっという間に読み切ってしまった.相変わらずこの人の小説は大阪の下町舞台でどうしようもない境遇を思わせて暗い.よくこれで絶望的にならないで済んでるもんだと思う.

  • 大ファンの友人に色々勧められ過ぎて少々食傷気味な宮本氏なのですが、この位の短編ならそれなりに味わって読めた!

  • 短編集。ラストがちょっと怖い終わり方の話が多かったですね。宮本先生の短いけれど成程なぁと思う持論が書かれています。

  • ここまで読ませる短編集は初めてだーヽ(゚Д゚)ノ

全36件中 1 - 10件を表示

宮本輝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

真夏の犬 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

真夏の犬 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

真夏の犬 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

真夏の犬 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする