海軍参謀 (文春文庫)

  • 23人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 吉田俊雄
  • 文藝春秋 (1992年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167360054

海軍参謀 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自らも海軍軍人であった著者が、海軍参謀の人物像を分析。如何にして戦争に敗れ、日本を破滅に導いたのか。
    結局は、海軍大学校での画一的で、先人の知識を詰め込むだけの教育と、それをどれだけ正確に記憶出来たかで評価されたエリートが、自己保身だけを考え、硬直化して自己変革出来ない組織を作り上げてしまったということだろう。
    兵隊を大量に養成するならいざ知らず、国家の命運を左右する将官の養成には全くの不向きであった。
    現代の教育制度と官僚制度を見ているようで、薄ら寒い気分となった。杞憂であれば良いのだが。

  • 4167360055 389p 1992・11・10 1刷

全2件中 1 - 2件を表示

吉田俊雄の作品

海軍参謀 (文春文庫)はこんな本です

ツイートする