失踪者 (文春文庫)

  • 284人登録
  • 3.24評価
    • (10)
    • (30)
    • (73)
    • (13)
    • (3)
  • 41レビュー
著者 : 折原一
  • 文藝春秋 (2001年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (566ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167451035

失踪者 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久々の折原作品。

    少年Aとは一体誰なのか。
    途中混乱した箇所もありましたが、特にダレる事なく一気読み。
    普段は犯人とか全く当たらない私なのですが、
    今回はピタリと当たって何だか嬉しい!

    すぐに内容忘れてしまいそうですが…。

    シリーズものだと知らずに二作目から読んでしまった。
    一作目も読まねば。

  • 犯人コイツかー!!!!!って感じでした。

  • すっかり騙されました!
    ちょっと混乱する部分もあるけど楽しめました。

  • 折原一による「○○者」シリーズの第二弾。いつもどおり,ノンフィクション作家の五十嵐智也が登場するが,五十嵐智也だけでなく,高嶺隆一郎というノンフィクション作家も出てくる。
    失踪者の肝となる部分は,失踪者という作品が,高嶺隆一郎というノンフィクション作家の作品と思わせ,実際は,五十嵐智也の作品であったという点である。高嶺隆一郎が,15年前の少年Aであり,15年後に「ユダの息子」として連続通り魔事件の犯人であるという点である。ノンフィクション作家としてスランプ気味であった高嶺隆一郎が,スランプを脱出するための賭けとして,改めて連続通り魔事件を起こし,ひとりの少年をその容疑者の仕立てあげ,少年法の問題点をえぐりだすノンフィクション作品を作り出すというストーリーが描かれている。
    もう一つ,15年前にあった連続通り魔事件の犯人は,高嶺隆一郎の母である田沼三枝子であった。高嶺隆一郎の父である田沼敏夫が不倫をしていることから,精神的に不安定になった三枝子が殺人をし,田沼敏夫が死体を隠蔽する。三つの殺人を犯した段階で,殺人を止めるために三枝子を殺害するという話が描かれている。
    ノンフィクション作品を模し,手紙や供述調書,さまざまな人の視点からの記述を駆使し,読者を翻弄するという折原一の手腕が発揮されているが,全体的に切れ味が鈍い。
    ミスディレクションとして出されている日野孝彦という弁護士が,あまりミスディレクションになっておらず,慣れた読者なら,高嶺隆一郎が15年前の少年Aであることは見抜いてしまうだろう。最後まで読んだときの衝撃は薄い。大久保健太が高嶺隆一郎と大久保亜美の子どもであるという部分もあまり生かされていない。神崎弓子と高嶺隆一郎との関係も最後の最後で急に動くが,唐突感がいなめない。いつもの折原一らしさといってしまえばそれまでだが,読んでいる途中の盛り上がりに比べ,ラスト部分での伏線回収と真相の提示の仕方が盛り上がりに欠ける。また,読んでいる途中のワクワク感も,他の作品ほどでもなかった。トータルでは★2止まりか。

  • 「~者」シリーズ。15年前に連続女性失踪事件が起きた久喜市でまたも失踪事件が起きる。今回も犯行は「少年A」だと考えられるが、ノンフィクション作家の高嶺隆一は助手の神崎弓子と事件を追う…。
     よく知らないけど、叙述ミステリーってこういうのなの?めっちゃだまされる。1作前に読んだ作品もそうだけど、読み終わったあとに、また1頁目からめくってる、復習みたいに。

  • ミステリ好きにも関わらず犯人を当てることが苦手な私だが、今回は犯人をぴたりと当てることができた。それだけ丁寧に緻密に描写されているということだと思う。

  • 2015.4/23〜29。先に冤罪者を読めばよかった。折原一だから叙述なのはわかっていたが、それでもコロコロ転がされた。過去と現在で少々複雑。

  • 【No.218】少年犯罪がテーマの話。おもしろかったけど、過去と現在が入り混じっているのでちょっと混乱した。もう一度読めば理解できるんかな・・・。

  • 15年前の失踪事件とそれに類似する事件が複雑に交差します。文中の独白も誰のものだか隠されているので、状況を把握するのに苦戦しました。
    「冤罪者」で馴染みの登場人物が出てくるので「またノンフィクション作家の話か」と思いましたが、犯人へ迫るまでの過程は秀逸ですし、少年法についても色々考えさせらたので、読み応えがありました。

  • この人の本は、一気に読んでしまえば良いが、少し、時間を置くと
    分からなくなってしまう。特に、大詰めがこの人の生命線なのだが、誰が
    誰だったか?また、探偵役などが犯人などのパターンが多く、ドンデンに
    懲りすぎ。途中の複線にもう少し、親切さが欲しい。

全41件中 1 - 10件を表示

失踪者 (文春文庫)のその他の作品

失踪者 Kindle版 失踪者 折原一
失踪者 単行本 失踪者 折原一

折原一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

失踪者 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

失踪者 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする