やんちゃな時代 (文春文庫)

  • 81人登録
  • 3.32評価
    • (0)
    • (8)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 林真理子
  • 文藝春秋 (2013年7月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167476427

やんちゃな時代 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2014 6 26 読了

  • ダイエット、グルメ、旅、観劇、着物。

    好きなもの、没頭するものがとことん変わらないな、このお方の人生。

  • 【海老蔵も、草食男子も、うちの夫も!?】結婚&事件の海老蔵に、大人しい草食男子、セコい大作家に、作家の夫の苦労!? 男達の受難を尻目に今日もパワフルな人気エッセイ。

  • サラッと読めて、何も覚えていない。文章が上手くてリズムがあるってことなのかな。ある意味、貴重。

  • 「ずっとあなたを愛してる」
    フランス人ってのは本当に年増が好きなんだ。

    洗練は爆発的なパワーを発しない。一通り味わい尽くした人のみが得られる。

    「人間の器量」by福田和也
    一面だけをとらえてその人物を評価するのは、自分の狭量さと見識のなさを露呈するようなもの

    異性関係の並んで、人の器量を上げたり下げたりするのが、お金の払い方であろう。

    世の中には二通りの女。
    一生色ごとがついてまわる女と、早い時期にそういうものから見放される女である。

    犬養裕美子さんのエッセイ読んでから、3万円以下はキャッシュ

    三枝さんはエネルギーが充溢(じゅういつ)していて、まわりの人にも燦々と光が注がれるのである。

    ただ歩いているだけでは高みには行けない。可能性とは、力を尽くした人だけがもらう、黄金の翼だ @某大学の歌詞 著者作詞

    艶笑譚 パロディ 肥満譚

    辻仁成 「ツジも鳴かずば射たれ舞まい」
    →キジも鳴かずば射たれまい

    人とのかかわりを出来るだけ避けて暮らし、そのくせ人のささいな行為によって傷つくのが現代人

    山崎豊子先生は戦時中にバルザックを読んでいて配属将校に殴られた「私の小説の原点です」
    「そのとき私の書く方向がはっきりと決まったのです」

    このままでは近いうちに沖縄も『中国のものだ』と言われ、そのうち「中華人民共和国日本独立自治区」になる。

    本当に頭のいい人というのはこちらのレベルに合わせて喋ってくれる。

    by和田先生
    スポイトと液体の薬を出して「これボクからのほんの気持ちです」
    「ハーブなので即効性はありませんが、確実に4キロは痩せますから」

    天地真理vs小柳ルミ子
    こんな女にずっと劣等感持ってたのか。アホらしい。

    by筑紫哲也
    CDって何百枚万枚売れるか、まったく売れないかのどちらかでしょ。こういう風に極端に別れるものって、いつか滅びてくるよ。いつか本もそうなるんじゃないの。

    楽しいことはまずスケジュールを決め、それに向かっていきていく。こういう小さいことから明るい前向きな気持ちは生まれていくのではないでしょうか。

    『英国王室スキャンダル史』

  • 2010年の林真理子さんのエッセイです。林さんのエッセイが好きで昔から読んでいますが、読むと気力がわいてきます。辛辣な発言も気持ちいい。
    昔ほどバンバンお買い物はされていないようですが、相変わらずダイエットとリバウンドを繰り返しているのはお変わりないご様子。
    さらっと読めるので、気分転換にも最適な本です。

全6件中 1 - 6件を表示

林真理子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
東野 圭吾
林 真理子
石田 衣良
有効な右矢印 無効な右矢印

やんちゃな時代 (文春文庫)はこんな本です

やんちゃな時代 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

やんちゃな時代 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やんちゃな時代 (文春文庫)の作品紹介

海老蔵も、草食男子も、うちの夫も!?結婚&事件の海老蔵に、大人しい草食男子、セコい大作家に、作家の夫の苦労!? 男達の受難を尻目に今日もパワフルな人気エッセイ。

やんちゃな時代 (文春文庫)の単行本

やんちゃな時代 (文春文庫)のKindle版

ツイートする