禿鷹狩り〈下〉―禿鷹〈4〉 (文春文庫)

  • 136人登録
  • 3.80評価
    • (9)
    • (19)
    • (9)
    • (4)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 逢坂剛
  • 文藝春秋 (2009年7月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167520120

禿鷹狩り〈下〉―禿鷹〈4〉 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まさかの結末でした!
    ・・・が、自作は主人公不在???

  • 岩動寿満子という禿富の上を行く凶暴な警部が現れ、ハガタカを追い詰める。更に、ミステリアスな嵯峨も登場。水間、野田もこの巻では大活躍。段々盛り上がってきたのに、この結末は…。いつの間にか、ダークヒーローハゲタカのファンになっていた。彼を無敵だと信じていた…。次巻の展開に期待する。キーマンは御子柴か?

  • 最後が期待はずれ。

  • 確かに衝撃のラスト。ショック。がっかり。もっと気持ち良く終わって欲しかった。

  • 禿鷹に強敵が現れましたが、あのキャラクターなら女性ではない方が良かったです。
    結局最後まで禿鷹の真意は読み取れませんでしたが、それが効果的であったか微妙です。
    明らかになった幾つかの禿鷹の私生活も、特に驚きを感じるようなものではありませんでした。
    そしてシリーズ読書中ずっと気になっていたことですが、男と女の恋愛模様が、なんか、こう、古い。
    でもこれはこのシリーズの持ち味なのかもしれません。

    渋六興行の面々が、最後まで自分達を貫いたのはよかったです。
    宿敵・マスダ達は本当にかませ犬で、死体の処理ばかりさせられていた気がします。
    それはそれで笑えました。

    このシリーズはどうしても真面目に読めませんでした。

  • 第四弾の下巻。女ハゲタカの登場で、窮地に!!一気読みです。

  • 7/27-7/28

  • 禿鷹シリ−ズ

全8件中 1 - 8件を表示

禿鷹狩り〈下〉―禿鷹〈4〉 (文春文庫)のその他の作品

逢坂剛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
堂場 瞬一
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

禿鷹狩り〈下〉―禿鷹〈4〉 (文春文庫)はこんな本です

禿鷹狩り〈下〉―禿鷹〈4〉 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

禿鷹狩り〈下〉―禿鷹〈4〉 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

禿鷹狩り〈下〉―禿鷹〈4〉 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

禿鷹狩り〈下〉―禿鷹〈4〉 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする