「古き沈黙」亭のさても面妖―警視リチャード・ジュリー (文春文庫)

  • 22人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Martha Grimes  山本 俊子 
  • 文藝春秋 (1992年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (643ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167527174

「古き沈黙」亭のさても面妖―警視リチャード・ジュリー (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ぶ、分厚かった…!(笑。
    今回はジュリー警視が憂鬱の虫に取り憑かれたり、メルローズもヴィヴィアンの結婚でもやもやしたり。大変ねー。
    それから妙にいろんな犬種の犬が出てきた回でしたね。
    ボーダーコリー、クーバース、シェパード等々。
    最後まで読んでも、ネルはロジャーを殺すことはなかったんじゃないかな…と。そこが切ない。
    アビーも幸せになって欲しい!
    終盤のボーダーコリーとクーバース大活躍シーンが好きです。

    そういえば、携帯は出てこないけどアップルのコンピューターやエレキギターはある時代なのよね…。
    いつぐらいなのかしら。
    リッキー・ネルソンの死後だから1985年以降ではあるんだろうけど。

全1件中 1 - 1件を表示

「古き沈黙」亭のさても面妖―警視リチャード・ジュリー (文春文庫)のその他の作品

The Old Silent (Pimsleur Language Method) カセット The Old Silent (Pimsleur Language Method) マーサ・グライムズ
The Old Silent (Richard Jury Mysteries) Kindle版 The Old Silent (Richard Jury Mysteries) マーサ・グライムズ
The Old Silent ハードカバー The Old Silent マーサ・グライムズ

マーサ・グライムズの作品

「古き沈黙」亭のさても面妖―警視リチャード・ジュリー (文春文庫)はこんな本です

「古き沈黙」亭のさても面妖―警視リチャード・ジュリー (文春文庫)の作品紹介

このところ、ふさぎの虫にとりつかれたジュリー警視、休暇で訪れたヨークシャーのパブ亭で、人品いやしからぬ婦人がいきなり夫を射殺するのを目撃した。単純明快な事件だし、そもそも地元警察の仕事だ。なのに、妙に警視の心にひっかかるものがある。そのうち、婦人の義理の息子が数年前、誘拐・殺害された事実が…。

ツイートする