ガモウ戦記 (文春文庫)

  • 16人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (4)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 西木正明
  • 文藝春秋 (2012年9月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167534080

ガモウ戦記 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • P334

  • 時代の記録は、楽しく小説で感じることができる。

  • 舞台は戦後の秋田
    秋田は東北のラテンと解説で内館牧子さんは書いているが、納得してしまった。
    あっけらかんとベタベタの人間関係がほどよくバランスが取れているのがいいと思う。

  • 購入者:清水(2012.9.7)返却(2012.10.16)
    タイトルで購入しました。僕が予想していた内容とは違いましたが、戦後の秋田県が舞台になっていて、田舎の、近所付き合い、風習、生活が良くわかる本でした。「ガモ」の話が多いですが・・・
    EGO(2012.12.23)
    なんかほのぼのとします。

全5件中 1 - 5件を表示

西木正明の作品

ガモウ戦記 (文春文庫)はこんな本です

ガモウ戦記 (文春文庫)の作品紹介

「これこそが日本だ!」戦争で何もかも失った蒲生太郎。かつての戦友の誘いに応じて秋田にやってきたら、そこは息苦しい人生観がくるりと変わる、まさに別世界だった。温厚な金木医師、マタギ免許皆伝のイワオ、色っぽい敏子。そして悪戯ばかりの悪ガキども。艶やかなユーモアたっぷりに描く、ふるさと賛歌。

ガモウ戦記 (文春文庫)のKindle版

ガモウ戦記 (文春文庫)の単行本

ツイートする