こぶしの上のダルマ (文春文庫)

  • 37人登録
  • 3.47評価
    • (1)
    • (5)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 南木佳士
  • 文藝春秋 (2008年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167545154

こぶしの上のダルマ (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんだろう。静かで淡々としているが、地域で生き、地域で死んでいくということがとても自然なことで、悪くないように思えてくる。

    小野正嗣さんの小説もそうだが、都会での華やかな生活ではなく、こういった過疎の町・村・集落での生活や暮らしというものが、いまこの日本においてとても現代的なテーマで、かつ普遍的なテーマであるように思う。土地や血とのつながりというものが古いものとして忌避されるわけではなく、一周して客観的に、自然なこととして描かれるようになってきているのかもしれない。

    この本は短編の連作になっているが、表題作の『こぶしの上のダルマ』と『集落の葬式』『歩行』がよかった。

  • 心の常備薬と評する南木ファンがいるそうです。他界して数年過ぎた父親との和解。稲作問答の老人たちの会話は昔の佐久の水田の土手を思いだす。

  • 派手な出来事は何もない、当たり前の日常の中に当たり前にある「死」を考えさせられます。

  • う〜〜ん、ヤッパリ続けて読む物じゃないな、南木佳士。
    この人の作品の多くは一種の私小説。末期患者ばかり扱い、死を看取り過ぎた結果、パニック障害に陥った医者(著者)が主人公の作品が多い。これもその系統。
    子供の頃の貧しい祖母との暮らし。ソリの合わなかった父親。そして義母。自殺と向かい合っていた鬱病期。少しずつ視点は違うけど、何時ものような暗い話が続きます。
    その中で面白かったのは「稲作問答」。
    畦に腰掛けての老農夫との会話です。農夫のたくまざるユーモア、土に立つ人たちの強さ。そうしたものが清涼剤のように効いて来ます。
    私小説も良いのですが、たまには「阿弥陀堂だより」のような私小説から離れた作品も手がけて欲しいと思うのですが。

全5件中 1 - 5件を表示

南木佳士の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
三浦 しをん
南木 佳士
南木 佳士
アゴタ クリスト...
有効な右矢印 無効な右矢印

こぶしの上のダルマ (文春文庫)はこんな本です

ツイートする