妊娠カレンダー (文春文庫)

  • 3010人登録
  • 3.43評価
    • (192)
    • (345)
    • (707)
    • (118)
    • (9)
  • 379レビュー
著者 : 小川洋子
  • 文藝春秋 (1994年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167557010

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉本 ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印

妊娠カレンダー (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 表題作を含む3つの短編集。
    妊娠は周囲にとっては手放しで喜ばしい出来事であったとしても、当の本人は嬉しいの一言では片付けられない部分があります。我が子を宿した喜び以上に襲ってくる体の変化に対する不安。ちょっとしたことでイライラしたり、今まで普通に口にしていた食べ物から異臭を感じたり、つわりから一切の外出が苦痛になったり…そんな変化に周囲も振り回されていきます。
    姉の妊娠をきっかけに生じる姉の変化や自身の冷静(冷徹?)な思いを妹目線で綴った表題作『妊娠カレンダー』。姉の妊娠が知ったものの喜びという感情はピンと来ないし、体を労わる言葉を掛けつつも特に中身はない…そんな毒づいた感情は私が思っている以上に現実的なのかもしれません。
    「求めているのはわたし自身じゃないのよ。わたしの中の『妊娠』が求めているの」
    「ここで一人勝手にどんどん膨らんでいる生物が、自分の赤ん坊だってことが、どうしてもうまく理解できないの。抽象的で漠然としてて、だけど絶対的で逃れられない」
    姉の鋭いセリフも印象的です。小川洋子さんのあとがきも秀逸。

    内容を全く知らずにほっこりな作品かと思っていましたが、これほどドロドロした感情が渦巻いていたとは。日常の静かな恐怖。

  • 「妊娠カレンダー」では神経症か何かであることが仄めかされる姉に対して、ひどく平坦で淡泊にも思える妹のもつ毒が恐ろしい。

    寂しい学生寮、四肢が欠損した先生、中々会えないいとこ、蜜蜂、美しい左指と消えた学生、肋骨…要素と要素が絡まった静謐な雰囲気と、終盤のミステリのような展開がとてもよかった。
    「ドミトリイ」、小川洋子作品の中ではかなり好きかもしれない。

  • ごめんなさい。私個人が純文学系が苦手な事を把握しないまま読んでしまいました。

    感覚や感情の表現は素晴らしいと思いましたが、どれも終わり方に納得できず、星2つです。
    読み手の想像力を働かせるような終わり方でした。
    ハッキリとした結末がない。

    世の中の、純文学に詳しい人からすると、星5つかもしれません。

  • 小川洋子さんの初期の小説にして、芥川賞受賞作。
    表題作プラス二つの物語の短編集。

    妊娠した実の姉の十月十日の日々を、妹が淡々と綴るというシンプルな内容なのだけど、独特なぞっとする感じは、女性にしか描けない種類かもしれない。
    ゆるやかな破壊。目に見えない“毒”の恐ろしさ。

    私は妊娠を経験してはいないけれど、実の姉がすぐ傍で妊婦の日々を過ごしていた経験があるから、この小説に出てくるお姉さんの突拍子のない要求(夜中に枇杷ゼリーがどうしても食べたいと言いだすところとか)に振り回されるところなんかは、身に覚えがあると思った。
    経験していないから完全には分からないものの、抑えきれないものがどうしようもなく溢れる瞬間があるのかも、と想像したり。
    自分のなかに、自分ではない“イキモノ”がいるということ。もちろん母性から愛おしいと思うのだろうけど、最後まで違和感があるまま出産を迎える人だって中にはいるんじゃないかと思う。
    そういう、普段口に出すのはタブーとされている側面を、小川さん特有の少し童話っぽい雰囲気で描いている。

    残りの二作(「ドミトリイ」「夕暮れの給食室と雨のプール」)も、静謐さの中にぞっとするような雰囲気が。
    身体のことを描写しているところが静かで恐ろしいのかも。
    「ドミトリイ」に出てくる“先生”には両手と片足がなくて、それなのに難なくお茶を淹れたり生活したりしている、そういうところに美しさと怖さが共存しているように思った。

  • タイトルが有名すぎて読んだと思い込んでいた。

    短編3つとも、いつも大切な誰かがいない。手紙が来たりとか、思い出を思い出したりとか、気配はあるのだけど、現実の生活だけが静かに続いて、そんな人いないんじゃないかという気持ちになる。いないのかもしれない。目の前にいない人は、いないのかもしれない。

  • 小川洋子さんの小説、博士の愛した…に続き2冊目のチャレンジ。短編集でしたが、どの話も好きでした。妊娠カレンダーの姉との距離感はとっても腑に落ちて、私と似てるのかなぁと思うぐらいでした。今の時期、仕事を辞めて他人との関係が希薄になっていることに不安を覚えていたのが、この家族のあり方に慰められたようなところもあった。それぞれで良いのだ、きっと。
    ドミトリーの怖さも好き。どれも少し現実離れした話でありながら、リアルな感覚で描かれていて私は好きだなぁ。

  • 「わたし自身じゃないのよ。わたしの中の『妊娠』が求めてるの。」って言葉が印象的。
    生命の営みとか身体器官の動きに対する、
    小川洋子の視点が好きだ。

  • 久しぶりの小川洋子。
    小川洋子の作品を読むと
    感受性が鈍っているかがわかる、気がする。

    芥川賞受賞作の「妊娠カレンダー」。
    鬱ぎみの姉が妊娠した様を、
    妹目線で客観的に描写。
    毒入りグレープフルーツで毎日ジャムを作り、
    姉はそれをむさぼる。

    「ドミトリイ」は手足が3つない先生が経営する学生寮のお話。
    行方不明の学生が出て、寮には住民が1人だけ。


    「夕暮れの給食室と雨のプール」は
    小学校の給食室に美しさを見出す男性の告白を描く。

    3作とも話の説明が難しいのだけど、
    どれも描写が清潔で精密、病的で上品、美しく客観的。
    そして、静かで恐い。



    今、私の感受性は鈍いなと感じた。
    急いでしまう。
    小川作品はかみしめ味わい、ゆっくり読むものだから
    (私にとって、です。)
    先を急ぐと描写が体全体にしみ込まなくて
    読んでもあんまり意味がないなって思った。

    たぶん、いろんな本を読みたくて
    気が焦っているのだろう。


    茨木のり子の詩を音読しなきゃ。

  • 【瀬尾まいこが僕の光なら、小川洋子は僕の陰】

    たまらなく相性がよい。肌に馴染む気味悪い程に。独特の言葉運びは、誰にも汚されない。ザラりとした砂を吐き出すような、鉄が焼ききれた電球のような美しいような醜さ。面白かった。

  • 妊娠カレンダー
    妊娠だからといって、ハッピー全開ではない話。姉の妊娠を冷静に観察する妹。ピリリと毒もあった。

    ドミトリイ
    ある学生寮の不思議で不気味な話。ぞくぞくした。

    科学室とか理科室とか、医療系のような、ビーカーやホルマリン漬けの生物とか…そんな風景描写が好きなよう。

  • どうにも響かない。純文学ってのはある意味、読者を置いて行ってでも書きたいことを書くものだとは思ってるけど、何を書きたいのかが僕には掴めなかった。悪意にしてはむしろ想像力の欠如の方を大きく感じるし、どちらかというと恐怖?と考えてもわかりやすすぎてしっくりこない。何か読み方を間違えているのだろうか。

  • 私の読みが浅いのかもしれませんが、「描写が薄く、中途半端でエキセントリックであろうとする舞台裏が見え隠れするような本」という印象でした。
    グロテスクな描写を狙っているのでしょうが、読み手の顔色を気にしながら表現しているのか、突き抜けるものがなく、印象も薄かったです。
    この雰囲気の文章がお好きな方なら、もしかしたら、村上龍さんの「トパーズ」や、「料理小説家」がパンチが効いていてお気に召すかもしれません。
    よろしければ参考にしてください。

  • なんの起伏も無いけど内側から滲み出る狂気がなんとも言えません。
    淡々としてるが故に不気味に感じるのかな。でも、そういうところが好きです。
    芥川賞って純文学が中心なので、私の今の読解力じゃあまり読み取れませんがこういう雰囲気がたまらない。
    にしてもマカロニやシチューが食べれないような描写が独特ですね。普通ああいう風にものを見たりしませんよ(笑)
    いや、でもそういうちょっと違う角度から見た小川さんの発想はとても好きです。

  • 芥川賞受賞作品。「妊娠カレンダー」「ドミトリィ」「夕暮れの給食室と雨のプール」の三作。静かで少し気味の悪い話だった。じわじわ何かが始まりそうで何もない。最後どうなったと分かりやすく落ちをつけてしまう話もいいが、読者に「どうなったのだろう」とそわそわさせる話も好きだ。女性作家らしい綺麗な雰囲気と心理描写がとてもよかった。
    妊娠カレンダー、ドミトリィは単なる日常の一部を切り離した話ではなく怖い話だった。
    ドミトリィに出てくる登場人物はみんな印象的だが特に印象に残ったのは、数学科の学生。数学が得意というのはなんだか素敵だなーと。数を数えるのがセクシーみたいなことを書いた本があったが、数学なんて必要ないと思って捨てた自分がバカだったなと思えるほど使える科目だと思う。絶対損はしないものだし。
    三作の中だとドミトリィが一番好きかな。どの話にしても出てくる食べ物が美味しそうだ。

  • 小川洋子さんの作品は読む前になんだか緊張で深呼吸をしてから読むような感じなので体がざわざわする。(けして悪い意味ではない。)

  • 芥川賞受賞作品。グレープフルーツジャムのように、どろどろと粘液がおちていくような小説。
    きれいな情景描写とねっとりとした表現が混在していて、それが違和感に感じるのだけれどすいすいと読めてしまう。

    なぜ、妹は胎児の染色体を壊そうとするのだろうか。姉が胎児によって乗っ取られてしまったからだろうか。
    静かに破壊していこうとする妹の静かな狂気にぞくぞくする。
    また、「ドミトリイ」のいなくなってしまった彼らは、蜂の巣に取り込まれてしまったのだろうか。それともおかしな色のチューリップの下に埋まっているのだろうか。
    想像するとこれもまた、ぞくぞくする。

  • 芥川賞を受賞した表題作を含む3篇の中篇小説を収録。小川洋子は2作目だが、これも独特の感性が感じられる物語だ。「妊娠カレンダー」は、私の日記というスタイルを取り、1人称体で語られる。対象となる姉は、妊婦であることの傲慢さを隠そうとしない点において、本人もそれと気づかない、見えざる悪意を私に向け、私はアメリカ産のグレープフルーツで作ったジャムを姉に食べさせることで、毒の悪意を姉に向ける。ここに描かれる世界は、一見したところ普通の日常なのだが、それは非日常に逸脱する一歩手前の危うい位置にあるのだろう。

  • 誰しもがもつ残酷さをあまりにも美しい描写で表現された作品です。
    日々のなかで誰しも壊したいと感じながら生きている。
    でも、壊す事なんてできないからこそ主人公に共感し又、物語に引き込まれていきます。

  • 私のささやかな破壊は続く。
    歪んだ姉との完成された関係を守るため。
    完成された世界に誰か介入する場合は
    破壊されたものである必要がある。
    そうしないと関係性は崩れてしまう。

  • 『妊娠カレンダー』『ドミトリイ』『夕暮れの給食室と雨のプール』の3作品。
    どの短編も文章が詩的で美しく印象的な言い回しが多かった。
    そして3編に共通して言えるのが、どれも本来なら
    優しく朗らかさのある状況、状態であるのに
    ヒタっとした冷たさが美しい文章の根底にあり、
    その感覚と文章のギャップが面白いと感じた。

    どろりとした熱々のグレープフルーツジャム
    血のような、粘度のあるはちみつ
    長靴の足跡がついたマッシュポテト

    ぞくっとしました。

  • 妊娠カレンダーとドミトリイは、なんだかゾッとした。
    なんで毒だとわかっていて妊婦に食べさせるんだろう。
    不自由な体で、どうやって身体能力の高い年頃の男子を…?
    解説を読んで少し(全部ではない)疑問が解けました。
    夕暮れの給食室と雨のプールは、なんだか不思議な感覚。
    でもまぁ、生きていると、思わぬところで思いもよらない出会いがあったりして、そのまま関係が一生続く事もあるかも知れないけれど、どこかで関係が途切れてしまう事の方が多いと個人的には思うのですが、そんな風に関係が途絶えてしまった人とのわずかで些細なエピソードがやけに印象的でなんとなく何度も思い出して不思議な感覚に浸ってしまう…この話はそんな類のような気がしました。

  • 「妊娠カレンダー」は小川洋子の芥川賞受賞作収録。
    多義的な解釈が出来そうだけれど、主人公の「わたし」は姉に、農薬をたっぷり浴びたであろうグレープフルーツのジャムを食べさせることによって胎児を自分の手で「破壊しようとした」。個人的には、破壊することによって、破壊しようとすることによって姉の胎児は「わたし」から切り離せないものとなったのだろうと感じた。
    収録されている3作品全てが、「食べる」ことが重要なメタファーとなっている点が印象的。
    作品解説は「ピピネラ」の松村栄子。「けっこう死ぬための道具は身近にあることに気づいて心が安らかになったりするから不思議だ」(p195)との言葉に深く頷いた。

  • 2012.5.14.mon

    【経路】
    本会でNさんに借りて。
    食べ物の生々しさの描写がよいとの推薦図書。

    【感想】
    •有名な「博士の愛した数式」をまだ読んでないんだけど、ありのままを見つめる描写の鋭さに、ギクリ。
    食べることの生々しさ。
    におい、音、感触、口の粘膜。
    妊娠に至る行為を仄めかす、ヨーグルトやオムレツ、キウイにバターの描写が肉感をもって描かれている。
    そう、食べるって原始的でいやらしいんだ。
    •「妊娠」と「赤ん坊」を別物に認識している登場人物たち。だから「おめでとう」に結びつかなくてただその過程と「染色体」を客観視している。
    準備も無いままこどもがこどもを産もうとするとこうなるのかなとも思うし、準備があるつもりでも「妊娠」に女体が支配されるとそれは「母性」も凌駕されてしまうのかしら恐ろしい!とも思った。
    •妹のジャムの件は、白雪姫の継母の行動みたい。
    •その後赤ん坊はきっと五体満足で生まれるであろう。けど、それが育っていく中で妹は自己嫌悪で人間歪まないのか、姉はこどもおばちゃんにならないのか、という懸念。。

    【内容メモ】
    ■妊娠カレンダー
    •M病院
    •二年分のグラフ
    •ヨーグルト
    •M病院思い出
    •妊娠
    •おめでとう、辞書
    •夫婦、はかない気体
    •オムレツ、キウイ、バター
    •兄の偽善的悪癖の嫌気
    •つわり、におい
    •グラタン、内臓の消化液
    •写真、夜空に降る雨
    •食欲減、兄も
    •におい、ベーコンエッグ
    •妊娠と赤ん坊は無関係のよう。染色体
    •バイト、食べ物を探す目的の集団の怖さ
    •つわり終、食欲に飲み込まれる
    •歯医者、噛みたい
    •グレープフルーツ、農薬、ジャム
    •腫瘍のような身体
    •肥満、痛さ、会う怖さ
    •姉さん、食べて
    •どんな赤ん坊が生まれてくるか、楽しみね
    •破壊された赤ん坊に会うために歩き出した

    ■ドミトリィ
    •学生寮
    •右足だけ
    •人減、左指、数式、蒸発、噂
    •蜂の巣、引き止めたくて

    ■夕暮れの給食室と雨のプール
    •新居、ジョジョ
    •男と少年
    •エビフライ
    •ノスタルジー
    •プール、通過儀礼、雨の寒々しい恐怖
    •クリームシチュー、シャベル
    •マッシュポテト、ながぐつ
    •拒食、登校拒否
    •お酒、おじいさん、工場、チョコレート
    •お酒を買って

  • 妊娠した姉に毒が入っているであろうジャムを食べさせる妹というのがメインストーリーである。生を授かるということの本質を静謐な文体がするどくえぐり出しているように感じられた。収録されている三篇はどれも細部が精密にえがかれていて悪夢を見て目覚めた朝の感覚とほんのちょっぴり似ている。

全379件中 1 - 25件を表示

妊娠カレンダー (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

妊娠カレンダー (文春文庫)の作品紹介

出産を控えた姉に毒薬の染まったジャムを食べさせる妹…。妊娠をきっかけとした心理と生理のゆらぎを描く芥川賞受賞作「妊娠カレンダー」。謎に包まれた寂しい学生寮の物語「ジミトリイ」、小学校の給食室に魅せられた男の告白「夕暮れの給食室と雨のプール」。透きとおった悪夢のようにあざやかな三篇の小説。

妊娠カレンダー (文春文庫)のKindle版

妊娠カレンダー (文春文庫)のハードカバー

ツイートする