平時の指揮官有事の指揮官―あなたは部下に見られている (文春文庫)

  • 190人登録
  • 3.83評価
    • (17)
    • (18)
    • (20)
    • (2)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 佐々淳行
  • 文藝春秋 (1999年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167560065

平時の指揮官有事の指揮官―あなたは部下に見られている (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 危機にあたるリーダーとはどうあるべきか、がテーマ。筆者は、かつて警察庁で、「あさま山荘」「東大安田講堂」の現場で指揮をとった経験をもつ。そのため、筆者の描くリーダー像は、そういう現場を前提としている。すなわち、軍隊や部隊を組織する、自衛隊や警察の部隊長のような。たしかに、事件事故の現場での警察機動隊や自衛隊の指揮命令系統は毅然としていて、乱れがない。だけどそれは、命令を受けて動ける部下の存在や、装備(準備)あってこそ。リーダーは、危機下だけでなく普段から危機を見据えて、部下を動かしていかなければいけないのだ。

  • 組織人として学ぶことが多かったです。

  • ◾︎2015/08/01読了。
    ◾︎まえがきでも序章でも村山元首相の阪神大震災のときの対応を批判。世間に知られていない何か重大なことを知っているのだろう。余程腹に据えかねているに違いない。
    ◾︎一方で、後藤田正晴氏のことについては、師匠として崇めていることが読んでいるとよくわかる。
    ◾︎リーダーシップとは、一人の人間がほかの人間の心からの服従、信頼、尊敬、忠実な協力を得るようなやり方で、人間の思考、計画、行為を指揮でき、かつそのような特権を持てること。

  • 佐々さんといえばあさま山荘の役所広司。は、さておき。

    指揮官とは。という理想論めいたものを自らの経験を踏まえて文章にしたためた本。

    指揮官になるつもりも予定もない、一会社員として上司部下の立場におきかえれば参考のな事例がてんこもり。時代が違うし。と、思うところもないわけではないが。一本芯を通せ。というの不変かもしらん。

  • ○人に事業を命じ、その終わりたる報告を得たる時、その労を謝する事を忘るべからず。この場合において「ありがとう、ご苦労」の一言は最も廉にして(安上がり)、有効なるものなり(海軍次室士官心得)
    ○指導者の勇気は、部下をして水火も辞せさらしむるものなり。自ら陣頭指揮に立ちて進は武人の本領にして、勇なき武人は部下を統御しうるものにあらず。もし部下の面前にて勇気に欠くる行為あるときは、指揮者としての権威を失墜す。昔より、勇将の下に弱兵なし。武勇は武人の最も貴ぶべきもの・・・」(海軍次室士官心得)
    ○部下指導・・・率先躬行(実行)、部下を率い、次室士官は部下の模範たることが必要だ。物事をなすにも、常に先んじ、難事と見れば真っ先にこれに当たり、決して人後に遅れざるべし。また自分ができないからといって、部下に強制しないのは、良くない。部下の機嫌をとるがごときは、絶対禁物である。(海軍次室士官心得)
    ○平時は紳士たれ(アフターユー ※お先にどうぞ)、有事は武人たれ(フォローミー ※われに続け)(元防衛大学校長 土田国保)
    ○40歳を過ぎた人は、自分の顔つきに責任がある(リンカーン大統領)
    ○部下たちは指揮官の表情の変化によって、その時々の指揮官の精神状態を推測し、ときにはその意味を過大に評価して、一喜一憂しているものなのだ。だから指揮官は部下の前で感情を出さないように自制し、つねに平静な気持ちでいるように振舞って、部下を安心させなければいけない。
    ○私は徹底した、“能力主義”人事をやる。好きでも駄目な者は登用しないし、嫌いでもできる者は使う。(後藤田正晴)
    ○野戦で雨が降ってきたら、部下とともに濡れている。
    ○功は部下に譲り、部下の過ちは自ら負う。(西郷南州)
    ○後藤田正晴 訓示
    ・省益を忘れ、国益を想え
    ・嫌な事実、悪い報告をせよ
    ・勇気をもって意見具申せよ
    ・自分の仕事に非ずというなかれ、自分の仕事であるといって争え
    ・決定が下ったら従い、命令は直ちに実行せよ
    ○悲観的に準備し、楽観的に対処せよ
    ○現場指揮官は、みんなの意見を一応聞いたうえで、最後に自分の意見を述べ、そしてまとめる姿勢をとると良い。
    ○茹でたてのジャガイモを渡されたら、すぐに相手に投げ返せ(どこの組織にもいる一言居士や天邪鬼に公然と反対されたからといって激昂してはいけない。ケチをつけられたら、すぐに「貴方ならどうしますか?貴方の代案を聞かせてください。」と相手に教えを乞う形で、問題を相手に投げ返せばいい。)
    ○ガス抜き・・・烈しい不平不満を、わざと誘導して発言させ、悪口を沸騰させ、爆発寸前の“第一線症候群”(フロントライン・シンドローム)に捌け口を与え、意図的に爆発させて“ガス抜き”を図ることが、賢明な現場指揮官の会議目的の一つ。
    ※第一線の者は、後方上層部の人たちは“ふんぞり返っている”ものと信じ込んでいる。

  • (2002.02.14読了)(2001.12.18購入)
    あなたは部下に見られている
    (「BOOK」データベースより)amazon
    政治家も官僚も経営者も、誰一人として結果の責任を取らず、問題を先送りし続けてきた姿が世紀末ニッポンのありようだ。人が組織を管理運営するということは如何なることなのか、そして部下を持つということは…。『海軍次室士官心得』『部下から見た監督者論』を基に危機管理問題の第一人者が語る管理職の心構えとありようとは。

  • 指揮官が知っておくべき10の心得
    ① 孫子の兵法
    ② フォロー・ミイ(指揮官先頭)
    ③ 忍耐力
    ④ 裸の王様になるな
    ⑤ 叱るより誉めよ
    ⑥ 統率力の根源は人間愛
    ⑦ 物欲の自制
    ⑧ 責任の取り方、取らせ方
    ⑨ 独断専行の勇気も必要
    ⑩ 士気高揚こそ、現場指揮官の使命

    部下から見た監督者論も、大変参考になった。
    我が振りをしっかり鏡で見返したいと思う。 

  • もと警察庁幹部だった著者が、あさま山荘事件や東大安田講堂
    事件などの修羅場を経験するなかで得た危機管理と、有事・平時
    におけるリーダーシップのあるべき姿(失格な姿)を纏めた本
    です。

    様々な実体験をベースに、海軍心得や戦後警察の上司評価レポート
    などを参考に管理者のあるべき姿勢を明示しています。管理者と
    して、思わずドキッとするような含蓄ある表現も多数ありました。

    有事と平時では、まったくマネジメントの手法が異なります。
    有事にこそ、リーダーの資質や人間性がもっとも露呈する。
    有事の際、いかに適切な判断と行動ができるか。
    それは、まさに平時から(ココロ含めた)準備がしっかりなされて
    いるか否か、それにつきる気がします。

  • 平時の「アフター・ユウ」と、有時の「フォロー・ミイ」の精神は、どのような組織でも当てはめることができると思う。自分の身に置き換えるつもりで、じっくりと読んだ。

  • 内閣安全担当の佐々氏の危機管理本。
    上梓されたのは、阪神大震災後。

    今回の東日本大震災を機にもう一度手にとって読了。

    有事の際のリーダー像があますことなく詰め込まれており
    ビジネスマンには必読の書。
    私も20代半ばに、この本に出会い、非常に勉強になった。

全16件中 1 - 10件を表示

佐々淳行の作品

平時の指揮官有事の指揮官―あなたは部下に見られている (文春文庫)はこんな本です

平時の指揮官有事の指揮官―あなたは部下に見られている (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

平時の指揮官有事の指揮官―あなたは部下に見られている (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

平時の指揮官有事の指揮官―あなたは部下に見られている (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

平時の指揮官有事の指揮官―あなたは部下に見られている (文春文庫)のKindle版

ツイートする