異見あり―脳から見た世紀末 (文春文庫)

  • 78人登録
  • 3.34評価
    • (2)
    • (9)
    • (23)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 養老孟司
  • 文藝春秋 (2002年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167573041

異見あり―脳から見た世紀末 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 時事エッセイなんだけど、バックボーンは相変わらずの養老さん節、痛快にちょっとずらした視点で本質を見抜く。
    後半に収録されている「個性とは何か」は、養老論の核心とも言えるものがとてもコンパクトにわかりやすくまとめられていてこれだけでもこの本読む価値あり。

  • 「異見あり」3

    著者 養老孟司
    出版 文藝春秋

    p275より引用
    “私の恩師がしばしばいわれたことがある。
    教養とはなにか。
    それは人の心がわかる心のことだ、と。”

    解剖学者である著者による、
    雑誌に連載された時評等をまとめた一冊。
    ごみの問題から教育の問題まで、
    今となっては懐かしい当時のニュースや、
    忘れてはいけない事件に関する評論が、
    著者独自の視点から書かれています。

    上記の引用は、
    個性とは何かの章の中の一文。
    いつか私もこの引用文のような教養を身に付けたいと思います。
    何をすればいいかはわかりませんが、
    とりあえず読書は続けていきたいと思います。
    p168の4~6行目の文章は、
    現状を見越していたかのような意見で、
    一読の価値ありです。
    知識は自分を変える物という話が出てきますが、
    何だか全然昔から変わった気がしない私は、
    本当は何も身についていないのかと不安になります。
    少しでもいい方に変わって生きたいものです。

    ーーーーー

  • 色々な事件を脳から見るというのが斬新だなあと。

全3件中 1 - 3件を表示

養老孟司の作品

異見あり―脳から見た世紀末 (文春文庫)はこんな本です

異見あり―脳から見た世紀末 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

異見あり―脳から見た世紀末 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

異見あり―脳から見た世紀末 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする