仁義なき映画論 (文春文庫)

  • 70人登録
  • 3.50評価
    • (3)
    • (6)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 文藝春秋 (1996年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167578022

仁義なき映画論 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 90年頃の連載をまとめたものですが、非常に面白かったです。当時のヒット作中心なので知らない映画ばっかなのに読めるってのは、話を普遍的なところに持っていくからですかね。娯楽作でもその領域の価値を認めることを前提に話すので筋が通ってるように思うし、必ず「おいらならこうやる」と提案していて、こういう評論いいな~と思います。素人とプロの役者の使い分けとか、なるほどですよ。この時初めて見たというリンチ作品「ワイルドアットハート」を特に評価してます。「さてはコッポラ、ラリって作ったな」は至言。この頃の角川は血祭り。

  • 1998.9.21~ 25 読了

  • アウトレイジビヨンドで北野武をもう一度みていこうという気分になってきている。

  • 2012年9月7日読了。ビートたけしが映画に対して言いたい放題書きなぐる本。「あの夏、いちばん静かな海」「3-4x」などを監督していて、ヴェネツィア映画祭で評価され(始め)ていた時期の連載か。素人監督がいい気になってあら捜しをして映画を腐しているだけなのかと思いきや、たけし氏(あれ、映画の仕事をするときは北野武なんじゃなかったっけ?)が観る側としても撮る側としても、映画に対してなかなかに高い見識を持っていることに驚かされる。まあ、たけしの気に入るように作られた映画が必ずしも面白くヒットするわけではない、のだろうが。たけし自身の映画だって、全部が全部面白いわけじゃないもんな。

  • 映画監督歴初期に書いた映画批評。基本辛口だが、映画好きは伝わってきて、作り手の視点は十分に感じる。僕自身、著者の撮った映画は好きだが、スコセッシ批判にイライラ、黒澤批判にヒヤヒヤ。今後の上質な映画制作に期待しつつ、映画に愛憎を込めた迫真評論に拍手っ!

  • 100506(m 100612)

全6件中 1 - 6件を表示

仁義なき映画論 (文春文庫)のその他の作品

仁義なき映画論 単行本 仁義なき映画論 ビートたけし

ビートたけしの作品

仁義なき映画論 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

仁義なき映画論 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

仁義なき映画論 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

仁義なき映画論 (文春文庫)の作品紹介

「夢」、「フィールド・オブ・ドリームス」、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」…話題の洋画・邦画三十四作をメッタ斬り。アカデミー賞作品だろうと、有名監督だろうと関係なし。愛情あふれる毒舌批評は、痛快にして無比。これは自らもメガホンを握る映画監督北野武による、返り血を浴びることを恐れぬ映画鑑賞の手引きの書である。

ツイートする