逃げ水半次無用帖 (文春文庫)

  • 34人登録
  • 3.87評価
    • (5)
    • (5)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 久世光彦
  • 文藝春秋 (2002年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (450ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167581039

逃げ水半次無用帖 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 江戸蛍小路に住む御用聞きの佐助は、腰を悪くして以来“居ながらの佐助”となり、十七になる娘の小夜が“察しのお小夜”としてその十手を預かっている。この家の庭の隅に小屋を建てて住むのが、絵馬師で超色男の“逃げ水半次”である。彼らは上野界隈で起こる哀しき珍事件の謎解きに挑む。
    今回も、妖しく、狂おしく、ちょっとエッチで、底なしの哀しみを帯びた作品世界が広がる。3ページ目で半次にコロリとやられてしまう。自分のことを「あたし」と言う辺りが、江戸の色男っぽくて堪らない。一話完結の短編ミステリーの形態だが、最終章には意外な展開が。

  • 引き続き多忙な毎日の中で読んだせいもあるのか、全く面白さを感じなかった。
    この人の本って確かもう1作品読んだ記憶があるが、それもつまらんと感じたような、、、
    要するに合わない、ってことでしょう。

  • 逃げ水半次、居ながらの佐助、察しのお小夜、夜鷹のお駒、実相寺・花幻尼(かげんじ)、半次の母・倭文重(しずえ)、貸本屋の倅・クロベエ
    とんぼの富十、蔭間同心・夏目雪之丞

  • 江戸時代のミステリーと言う感じでしょうか?
    半次の幼少の記憶に事件(?)の謎解きが重なって来ます。

    短編なので読み易いですね。
    ラストの「恋ひしくば」…えーーー。結末はどうなったの??
    読者の想像に任せているのかな??
    ハッピーエンドで終って欲しいな。

    続編が有ればまた読んでみたいお話です

全7件中 1 - 7件を表示

久世光彦の作品

逃げ水半次無用帖 (文春文庫)はこんな本です

ツイートする