とらちゃん的日常 (文春文庫)

  • 250人登録
  • 3.42評価
    • (19)
    • (19)
    • (84)
    • (2)
    • (1)
  • 32レビュー
著者 : 中島らも
  • 文藝春秋 (2004年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167585020

とらちゃん的日常 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 流石に猫にマジックマッシュルームはアカンやろと思った。
    キャベツの幻覚とは何ともシュールな。

  • 自宅でも犬を隣人にじわじわ奪われ、仕事場でも猫を大家さんに奪われるらもさん(笑)。面白いけど猫にマジックマッシュルームを食べさせるところはドン引きしました。

  • 私の“初らも”

    とらちゃんと
    ふくちゃんの写真最高

    内容的には
    “らもちゃん的日常”
    エッセイ

    とらちゃん今頃
    どうしているのかなぁ…

  • 愛猫エッセイ、写真80点収録でカワイイ。ネコを飼っているつもりが、実はネコに飼われている著者であります。

  • らもさんによる猫エッセイ集。「おれは猫を飼うに値しない人間だ。だが、猫の高貴さがおれの悪業を洗い清めてくれる。」大家さんにとらちゃんを奪われるシーンには笑ったり、猫にマジックマッシュルームを食べさせるシーンには驚いたり。らもさんらしさは薄めないまま、猫という孤高の存在が現れていて。そんな一人と一匹を、読者として眺めているのが楽しかった。

  • とらちゃんかわいい。
    らもさんは、とぼけたエッセイで好きですが、とぼけ具合は甘め。
    女性誌への連載という事で手加減をしたかな。途中からとらちゃんの話は少なく、別の話が多くなってくるのはご愛嬌なのか。

  • とらちゃんがかわいい。猫が好きならおすすめ。

  • 猫好きに悪い人はいない。とは思いたいですが、「殺人とレイプ以外なんでもやった」と公言する著者の感覚には嫌な気分になるし、でもこのおっさん何だか憎めないし、しかし猫に何てことしやがる!と殴りたくなるし…。なんとも複雑な読後感です。ちょっと特徴のあるお顔のとらちゃんと、途中から同居するようになったふくちゃんの写真には文句なくメロメロに。写真が多いので文章のなかにはあまり猫たちがでてこなくなっても許せます。破滅型人間を地でいく著者のバンド活動なんぞどうでもよい。講演会に呼ぶ人の気が知れない。と思いつつもムカムカしないのは、ことの次第を知らない外注業者さんに怒ってしまった後、 素直に悪いことをしたと言える人間性がどこかしらに感じられるからかもしれません。でも毒キノコの件だけはダメ、絶対。本人がどうなろうと勝手だが回りを巻き込むな。

  • 「レイプと殺人以外はすべてやった」中島らもの執筆とバンド活動と劇団と黒門市場で¥3,000で買ってきた雑種の「とらちゃん」との日々を綴ったエッセイ集。自宅でも犬、猫、蛇、サソリ等を飼っていて、このとらちゃんは仕事場で飼っている。そこに交通事故で左足を切断した3本足のふくちゃんもやってきて、最初はお互い警戒するが、画像多数のこの本にはふくちゃんととらちゃんが丸くなって寝ている写真も。「おれの無口なペン先ではとても描写できないほどとらちゃんは愛らしい。彼女がおれの罪を洗い流してくれるのかもしれないー中島らも」

  • 中島らもさんが、事務所で飼っている猫、「とらちゃん」との日常を描いたエッセイ… 

    「とらちゃん的」と銘打ってる割には、とらちゃんの話が少ないような気がした。 
    全編にわたって、らもさんが講演やライブに言った話の間にとらちゃんが少し入っている感じである。
    「猫の本」と思って買うとがっかりするだろう。 
    ただ、合間合間の写真には癒される♪ 
    それとわかぎゑふさんから見た、らもさんととらちゃんの関係の話が挟まっているのは面白かった。

全32件中 1 - 10件を表示

中島らもの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中島 らも
内田 百けん
有効な右矢印 無効な右矢印

とらちゃん的日常 (文春文庫)はこんな本です

とらちゃん的日常 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

とらちゃん的日常 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

とらちゃん的日常 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする