玻璃の天 (文春文庫)

  • 1341人登録
  • 3.97評価
    • (134)
    • (238)
    • (113)
    • (17)
    • (1)
  • 169レビュー
著者 : 北村薫
  • 文藝春秋 (2009年9月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167586058

玻璃の天 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昭和初期の帝都を舞台に、令嬢英子と女運転手ベッキーさんが
    不思議な謎に挑むベッキーさんシリーズの2作目では、ベッキーさんこと
    別宮みつ子氏の素性が明らかになりました。

    これで今後は
    桐原勝久大尉とベッキーさんの二人の行く末が気になるところ....
    この二人に何か進展はあるのでしょうか♪
    期待が膨らみます。^^

    このたびも、ちょっとしたミステリの中に
    文学・芸術が絶妙な味わいで織り込まれた三編。
    英子令嬢とベッキーさんは好奇心旺盛に真相を探っていきます。

    ・与謝野晶子・枕草子・あしながおじさん
    ・百人一首・想夫恋.... 

    勉強にもなります。

  • シリーズ1作目の街の灯も良かったが、2作目は言葉では表せないくらい良かった。って言うより、感想を上手に自分の言葉で書き綴ることが出来ない。
    いつもだけど、北村薫さんの本を読むともっと勉強したくなる。
    枕草子も伊勢物語も、平家物語も…。
    そしてこの物語で描かれている時代についても。
    ベッキーさんのことが少し判ったけど、これからどうなるんだろう?
    さあ、シリーズ最終章を読もう!

  • ベッキーさんシリーズ二冊目。
    今回でベッキーさんの秘密も明かされてきます。
    今回も主人公英子とベッキーさんの知的な雰囲気に包まれ、背筋がしゃんとするようです。
    著者の表現が日本語の美しさとむずかしさが入り混じり、一段上の世界を歩くように読んでいます。

    ベッキーさんの印象に残った言葉。
    「水中の魚に、己を囲む水は見えないものだと思います」
    こんなこと思いもよらなかった。私たちを包む空気というものが当たり前ではなかったのだなと今さら感じました。

  • ベッキーさんシリーズ第二弾。
    知らずに2巻から読んでしまったが、短編連作なので、2巻から読んでも楽しめる。
    舞台は昭和初期の東京。
    主人公の令嬢と女性運転士のベッキーさんが事件や謎を解いていく、日常ミステリ。
    華族同士のつながりや、学校の友人たちの話など、昭和初期の知らない時代の様子を読むのも面白い。
    ベッキーさんの正体が明らかになるが、そこの章で出てくる会話が、読解力がなさすぎて、何度も何度も繰り返し読んで理解した。
    理解すると、いろいろ繋がってきて納得する。

  • 『ベッキーさんシリーズ』三部作の第二作。昭和初期の東京が舞台、女学校へ通うお嬢様と運転手兼付添人のベッキーさんが活躍するミステリー短編集。表題作では謎多き女性であるベッキーさんの過去が判明する。おすすめ。このシリーズは昭和のお嬢様ワールドが味わえるが、いざ事件発生の場面でも作品全体の気品を損なわない程度の最小限描写にとどめてあり、状況把握がしずらい欠点があると思った。
    収録作)『幻の橋』、『想夫恋』、『玻璃(はり)の天』

  • ベッキーさんシリーズの1冊目「街の灯」を読んで面白くて
    大喜びでこの第二弾の「玻璃の天」を読んだわけですが。
    今回は先が気になり過ぎてゆっくり読めずでした。
    文章もあんまり味わう余裕がなかったです。
    お話の中の雰囲気が、不穏な空気が漂っていて重い感じを受けました。

    違う本のことを書いてしまって良くないのかもしれないけど
    つい最近読んだ広瀬正さんの「マイナス・ゼロ」の中に出てくる時代(の一部)と殆ど同時期で
    あちらは庶民の目から見た銀座界隈の生活を描いていましたけど
    その先の戦争のことも書いてあって・・その辺のことを思い出したりで
    なんか「ああこの先は・・」とか思っちゃって辛かったです。

    ベッキーさんのことが段々と分かってきて、悲しくなったり
    英子ちゃんのこれからを思うと心配になってきたりとか
    とても素晴らしい本なのは確かなのに、レビューに暗いことばっかり書いてしまいます・・。
    シリーズ最終の「鷺と雪」も買ってあってすぐ近くに置いてあるんだけど
    なんとなく手が伸びません・・。
    なんだこの「街の灯」の時とのテンションの違いは。
    もう少し落ち着いたら読むことにしよう・・。

    こんな変なレビューだけど、本当に良い本だからこそ影響を強く受けて気持ちが動いているってことだと思ってます。

  • 柔らかく、優しいミステリーのベッキーさんシリーズの2作目です。

     前作からの個人的な疑問ですが、「私」である主人公、背景となる上流社会、この辺りは私的にあまり興味を感じないハズ。にもかかわらず、2作目も読みたかった。何ででしょうね?
     ミステリーではあるが、「穏やかな流れのなかにある感じ」がして不思議です。

     1作目から少し時間の経った昭和8~9年が背景です。戦意高揚の雰囲気がピリピリしてます。ですが、相変わらず「私」は穏やかな生活の中で、謎を解いていく。「想夫恋(そうふれん)」の謎解きは、読んでもさっぱり分かりません。

     傍らにあり終始冷静で透明感のある「ベッキーさん」こと別宮は、1作とは違い「私」との間に距離を感じます。読み終わってみると、なるほどです。

     1作目最大の謎であった、「別宮が何者であるか?」が分かります。ココに2作目の冒頭から、「私」に距離を感じた理由がありました。

    「ベッキーさんシリーズ」は次の「鷺と雪」で最後で御座います。もうしばらく、この世界感に浸らせて頂きます。

    1作目「街の灯」のレビューはココで
    http://booklog.jp/users/kickarm/archives/1/4167586045

  • 言いたいことも好きには口に出せない、口にすればたちまち糾弾される。そんな時代をうまく物語に絡めてきます。前作に比べると昭和初期の事件が近づいてくる時代を意識してか、少し暗い話題もちらほら。その中で、資生堂パーラーのクロケットなどの明るい流行の話題が混じったりしていいバランス感。ところで、コーヒーが出てくるのはいつの時代からなんだろう・・・。

  • やっぱり好きだなぁ北村薫さんの描く女性が。上品で教養があってそれでいてい芯のしっかりした自分の意見がちゃんと言えて、茶目っ気もあって。憧れます。それに北村さんの書く文章がまた綺麗なこと!極上!
    今作でベッキーさんの素性がはっきりした。やはりタダモノではなかったのですね。でもそんな悲しい過去があったとは!昭和初期が舞台なので時代がだんだん暗く戦争へと向かっていく日本。次で終わりらしいのでどのようになるのか気になる!伏線があって解決していくミステリだけどオチも洒落ててほんっとお素敵!

  • ベッキーさんとお嬢様シリーズ第2弾!
    昭和初期の東京、名家のご令嬢に謎の女性運転手ベッキーさんが、日常に潜む謎を一緒に解いていくこのシリーズ。
    まだまだ女性が社会に出ることが厳しい時代、生活格差、進む近代化、これから数年後に起こる悲しい戦争などを背景にしているからか、常にどこか切なさが漂うこの感じが作品をより重厚なものにしているのでしょうか。読み終わるとずっしりと重みを感じます。それだけ本の世界にのめり込めているのかもしれません。

    今回は友人・内堀百合江さんの恋騒動から始まります。
    ある「生きている人間の死亡広告」から内堀家の内部断絶が始まったのですが、百合江さんは敵方のご子息と恋に落ちてしまったのです。
    正に昭和の「ロミオとジュリエット」。
    真相をさぐるうち、隠された悲しいひとつの恋にたどり着きます。

    そんな中、思想家の段倉、通称「荒熊」という男が現れるます。その男の影響力は強大で死人も出ているほど。
    また、叩き上げの軍人、若月との出会いも。

    謎解きと平行して実はもう一つの大きな大きな事実がひとつ明らかになっていた『幻の橋』。第三篇の『玻璃の天』を読んだあと読み返すと、勝久さんとベッキーさんの最後の車の扉のやり取りの重みが衝撃となって返ってきました。


    ウェブスターのあしながおじさんの本をきっかけに友人になった綾乃さん。お琴の名手でもある彼女がある日失踪する。どこへ行ってしまったのか。残された暗号をとくことができるのか。
    お琴の唄に秘められた真実とは・・・(『相夫恋』)

    兄弟でやりとりする会話も雅な内容でうちでは考えられないようなものばかり。さすがです。

    物語中で登場する昭和の街の様子も読みどころのひとつですよね。
    ミートクロケット、当時の百貨店、何もかもが新鮮で輝きに満ちているような情景が浮かんできます。
    国会図書館の場面が出てきたのも印象的。昔は好きな本を読むことすら難しい時代だったのですね。

    そして第三篇の『玻璃の天』。
    資生堂パーラー大財閥の息子でやり手の末黒野と友人の建築家乾原を見かける英子。
    彼らとは意外な再会の場が待っていて、それをきっかけに英子は乾原が建てた末黒野の新居の披露パーティに出向くことになります。
    そこにはあの「荒熊」こと思想家・段倉も来ていたのですが、彼は天井のステンドグラスから転落するという謎の事故死をとげます。彼は本当に事故死だったのか。

    その謎をといていくと、そこにはベッキーさんの素性につながる真実が隠されていて、それはとても苦しくて、時間を巻き戻してすべてをやり直したくてもどうしようもなくて・・・

    ベッキーさんの抱えてきた痛みと、それを知ったお嬢さま・英子の受けた痛み。
    それは忘れてしまえばいいというものではなく、きっと一生抱えていくものだからなおさら辛い。でも生きていくしかない。強く。
    ここにベッキーさんの強さの秘密があったのかもしれません。

    まだまだ明らかになることもあるのでしょうか。

    軍人の若月さんとお嬢様の行方も気になるところです。

    2009年12月読了

全169件中 1 - 10件を表示

北村薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

玻璃の天 (文春文庫)に関連するまとめ

玻璃の天 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

玻璃の天 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

玻璃の天 (文春文庫)の作品紹介

昭和初期の帝都を舞台に、令嬢と女性運転手が不思議に挑むベッキーさんシリーズ第二弾。犬猿の仲の両家手打ちの場で起きた絵画消失の謎を解く「幻の橋」、手紙の暗号を手がかりに、失踪した友人を探す「想夫恋」、ステンドグラスの天窓から墜落した思想家の死の真相を探る「玻璃の天」の三篇を収録。

玻璃の天 (文春文庫)の単行本

ツイートする