恋愛事情 (文春文庫)

  • 39人登録
  • 2.89評価
    • (0)
    • (4)
    • (11)
    • (2)
    • (2)
  • 10レビュー
著者 : 藤田宜永
  • 文藝春秋 (2009年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167606084

恋愛事情 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中年と呼ばれる年代の男性の恋愛を描いた短篇集。
    特に不満もない妻がいながら、若い女性と不倫していたり。
    昔の恋愛を思い出す機会があったり。
    女性目線とはまた一味違った面白さがあった。

    2016.7.6

  • オトナの恋愛事情を描いた短編集。いずれの短編も、登場人物の男は社会的な地位もある初老で、女は男よりもひと回り、ふた回りも下である。不倫もあれば、純愛もあり、よく解らない関係もある。女性の読者が読めば、きっと石を投げつけたくなるような、どちらかと言えば男の目線で描かれた短編ばかりではないかと思う。しかし、文章とストーリーは一級品であり、いずれも下世話な物語ではない。

    『土鍋』『封を切る』『修羅の狭間』『残像』『不在の女』『赤心』の6編を収録。

  • 男性目線の恋愛小説。
    それ以上でも以下でもなく。

  • あらすじ(背表紙より)
    「不思議なことに、好きな女のことを一番話したかったのが、女房だったんだ」。かつての友人の告白を一笑に付した主人公は、恵美と付き合うようになって、初めて夫婦の不思議な関係に気づかされることになる(「土鍋」)。初老にさしかかった男たちの恋心や友情を時にシリアスに、時にユーモラスに描いた短篇集。

  • ほろ苦い、ビターな恋愛短編集。

    どれもこれも終わらせ方というか、
    「続きが気になる、でもこれ以上続くと安っぽいかも・・・」という絶妙なラインで
    閉じているのが個人的に良かった。

  • 初老にさしかかった男たちの恋心を描いた短編集。解説・藤田香織

  • 楽しく食事をする女性たち
    藤田宜永さんはずっと前に義足や義肢を作る技士の話を読んだことがあるようにおもいます。
    彼のこの短編は全体的に生臭く生活感にあふれています。テーマは社長とその周囲の女、半分くらい読んだかなと思って本をめくってみると、あと3ページしかないという作品が多かったです。終わりかたがあっさりしすぎていると感じるのはワタシだけではないと思いました。
    おいしく楽しく食事をする女性がたくさん登場するところはとても気に入りました。

  • 10/06/02 大人の恋愛短編集、イチ押し。
         主人公はみんな金持ち(笑)

  • 中年男性の恋愛話、、、。
    イマイチ、分からんかったなぁ。

全10件中 1 - 10件を表示

藤田宜永の作品

恋愛事情 (文春文庫)に関連する談話室の質問

恋愛事情 (文春文庫)はこんな本です

恋愛事情 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

恋愛事情 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

恋愛事情 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋愛事情 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする