テレビ消灯時間 (文春文庫)

  • 156人登録
  • 3.61評価
    • (17)
    • (15)
    • (40)
    • (3)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : ナンシー関
  • 文藝春秋 (1999年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167622022

テレビ消灯時間 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今さらにテレビはつまらなくなっている。

  • 面白かった、けど大食いは飛ばした。
    ナンシーさんが韓流やAKB、ジャニーズ、今面白くないと言われるTVをどう書くか見たかった。

  • ナンシー関がいなくなってから、テレビ業界、ダメになった、と思う。つーか、ずっと、ダメか。(11/12/19)

  • イラストが

  • 卒論

  • 芸能人批評において、ナンシー関にかなう人はいないと思う。あと消しゴムハンコもおちゃめで好き。

  • 大好きですよ。ナンシー関さん。美しい文書が書ける人。作家作家してなくて、いつも近くにいる「辛口のお姉さま」って感じで。そこはかとない女性らしい弱さとか、ちょっと悩んでる感じとか。逆にちょっと頑張ってみてる感じや、頑張って生きるんだ!というテンションも。その時々の心情が、なんとなく書いてくださる文章に反映されていて、大好きでした。いなくなってしまってホントに残念です。さみしいです。

  • 私が最も尊敬する今は亡きコラムニスト。ナンシーさんが大好きだった森繁久彌より早く亡くなるなんてショックでしたね、、一番面白いコラムニスト

  • テレビ番組や芸能人を見て感じるモヤモヤを 非常に論理的に斬ってくれるナンシー関。思っていはいたけれど誰に言うでもなく一人イライラしたことを代弁してくれる心地よさがある。「まさにそう!」とスッキリする。10年ほど前の本なので内容もそれなりに古いが、当時の番組を思い出して「そうだった」と懐かしんだり、あいかわらずあの芸能人は同じ微妙さで変わらないなぁと再確認することができて、最近あまりおもしろいと感じなくなったテレビも また見てみようかなと思わせてくれる。あいつもこいつも、あの番組もこのドラマも、ナンシー関氏が健在だったら またバッサリ斬ってくれただろうになぁと切なくも感じる。

  • ナンシー関氏が亡くなって、もう6年半も経つのだなあと思うと、その後、ナンシー氏に代わる人が出ていないことに気付いて愕然とする。
    消しゴム彫刻作家という肩書きも持つが、この人のテレビ批評が一番面白くて、そのために週刊文春を読んでいたといってもいいくらいだ。とはいえ、テレビ視聴時間がきわめて短く、なおかつ芸能系人材に疎い私にとっては半分以上は見たこともない番組だったのだが、それでも尚且つ面白く読めたという点が他の番組評との格の違いを表していたように思う。
    個人的には個々の番組評よりも、国民中が一致団結して日の丸を振り続けたワールドカップ期間への畏怖とも嫌悪ともつかない如何とも言いがたい心情への共感が一番強かった。
    今振り返ると、まさにナンシー氏が畏れたその日韓ワールドカップ期間に自身がこの世を去られたわけで、自国開催に沸きに沸くこの世に嫌気がさしたとか、いやいやそんなことはないだろうとか、ちょっといろいろ考えさせられてしまう。
    暇な時に(1)から(6)まで、文春文庫版で手に取ると時間が経つのを忘れてしまう。ナンシー氏の時は止まり、テレビ番組はその間も延々と幾多の番組を生み出し消費し続けているわけだが、全然進歩も反省も洗練もされていないところがなんとも。

全13件中 1 - 10件を表示

ナンシー関の作品

テレビ消灯時間 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

テレビ消灯時間 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

テレビ消灯時間 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする