蛇を踏む (文春文庫)

  • 2864人登録
  • 3.27評価
    • (147)
    • (268)
    • (723)
    • (120)
    • (47)
  • 365レビュー
著者 : 川上弘美
  • 文藝春秋 (1999年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167631017

蛇を踏む (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 芥川賞受賞である表題作を含め、短編が三本収録されてたけれど、全部気持ち悪かった。これは誉め言葉。
    とくに二本目の「消える」は、地方の少し怖い民話を読んでいるような感覚だった。独特すぎる“和”の世界観。

    見方によってはファンタジーなのかな。
    人間とそれ以外の有機的な生き物と無機物の境目がなくて、それらの間を行ったり来たり、どろどろに溶け合っているような。
    唐突な一行目があって、その後ろに世界が広がっている。

    なんか、こういう曖昧な説明しかできない。笑
    でもひとつ前に読んだ「センセイの鞄」とはまったく印象が違った。
    個人的には安部公房を少し思い出した。

  • 川上さん自身が「うその国に入り込んでしまって書いたうそばなしなので、うその好きな方、私の作ったうその中で遊んで行ってくださいな」と言っています(笑)
    このメッセージ、最初に読んでいたら、割り切ってもっと楽しめたかな~とも思いました。 大好きになった『センセイの鞄』の著者の別の作品にも触れてみたいと思い、今作が芥川賞受賞ということで、期待大でしたから、読めば読むほどにこの不思議な世界観は???でした。一言で言うなら、境のない世界。人間と蛇の境がないし、生物と無生物の境もあいまい、形あるものは個体から液状になり、さらに気体へと…そして気持ちだって何が何だか、だあれも分かっていない。うその世界はうそだってわかっていたらそれなりに楽しい。でも境目を区切りをつけたがる人間はある意味、つらいかな、こんな世界に居続けるには。蛇母さんがしきりに「ひわ子ちゃん、ひわ子ちゃん…」と呼ぶ声だけが生々しく現実的に思えました。著者もこの作品に関しては意図などきっとなかったのではないでしょうか?そこが魅力なのかもしれません。自分で書いててレビュー自体もちょっと?になってしまい、すみません(苦笑)

  • 文章によってしか起こされない脳内の解放があって、それを体験する。
    意識が空間に溶け出して、失くなってしまうみたいだ。

  • この世界にうまく馴染めない人間の、世界に対する違和感。自分と他人が違う人間で、違う考え方を持っていて、そうであることが当たり前だ、ということとは違った次元での、もっと本質的な、違和感。極端なことを言えば、あれ、私はみんなと同じ種類の「人間」だっただろうか、という疑いにもたどり着くような。そんな圧倒的な差異に押しつぶされそうにもなる。そこで、『蛇を踏む』、なのだ。ああ、ここに私と同じ感覚を持った人がいる。そう思うと泣けてくる。何だろうこの違和感、の「違和感」を確かな言葉にするということ。言葉にするということは一つの救いになり得るのだ。

  • ぬらぬらしている

  • 変な短編小説3編を所収。(笑)個人的には「消える」が面白かった。3編とも寓意に富んだ作品でその意は少し難解だが、状況変化がぽんぽんあるのと面白い文体なので、読むだけなら読みやすい。(笑)まあ、不条理小説ですね。
    「惜夜記」は心の冒険譚で少し理解は難しいが、状況に比して優しい言葉に包まれており、ほのぼの感がある。「蛇を踏む」と「消える」は家庭内心情を面白おかしく童話化していて、不条理さにもかかわらず、なんとなく余韻が残る作品である。

  • うーん、茶色い、ぬるぬるしてる、そんなイメージの本。
    最初は意味のあるものとして読んでいたけど途中からないものと気づいた。

  • 川上弘美さんの不思議な言葉遣いが好きです。再読でも、「蛇を踏む」と「消える」よりも、「惜夜記」が好みです。生物の隔たりも飛び越える、川上さんも独自のワールドをお持ちだと思います。ちょっと寂しくて、綺麗。「うそばなし」、感覚でしか読めていませんが、面白かったです。

  • この著者は、主人公がなんだかぼんやりしすぎていて、言葉の枠に収まりすぎてしまっている感じで苦手意識を持っていたんだけど、この本は良かった。
    「蛇」に対して日本人が抱いている感覚や太古からの記憶、つまり不気味さと狡猾さと、なぜか違和感なく身体になじんでしまう感じとが表されていた。本文中にあるように「教訓のない寓話」なのかもしれない。

    「惜夜記」泉鏡花や夢十夜のような、我の意識がない、不思議な話で面白かった。ニホンザル、少女、モグラ、イメージが広くて幻想的。

  • 不思議な話、三篇。
    人間の他に蛇とか獅子とか動植物もたくさん登場するし、消えたり変化したりもある。
    日本昔話を思わせる。大人版といった感じか?

    2017.8.19

全365件中 1 - 10件を表示

川上弘美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川上 弘美
宮部 みゆき
吉本 ばなな
川上 弘美
梨木 香歩
有効な右矢印 無効な右矢印

蛇を踏む (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

蛇を踏む (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

蛇を踏む (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蛇を踏む (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

蛇を踏む (文春文庫)の作品紹介

藪で、蛇を踏んだ。「踏まれたので仕方ありません」と声がして、蛇は女になった。「あなたのお母さんよ」と、部屋で料理を作って待っていた…。若い女性の自立と孤独を描いた芥川賞受賞作「蛇を踏む」。"消える家族"と"縮む家族"の縁組を通して、現代の家庭を寓意的に描く「消える」。ほか「惜夜記」を収録。

蛇を踏む (文春文庫)のハードカバー

蛇を踏む (文春文庫)のKindle版

ツイートする