蛇を踏む (文春文庫)

  • 2820人登録
  • 3.27評価
    • (147)
    • (265)
    • (719)
    • (120)
    • (47)
  • 361レビュー
著者 : 川上弘美
  • 文藝春秋 (1999年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167631017

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川上 弘美
川上 弘美
梨木 香歩
吉本 ばなな
川上 弘美
有効な右矢印 無効な右矢印

蛇を踏む (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 芥川賞受賞である表題作を含め、短編が三本収録されてたけれど、全部気持ち悪かった。これは誉め言葉。
    とくに二本目の「消える」は、地方の少し怖い民話を読んでいるような感覚だった。独特すぎる“和”の世界観。

    見方によってはファンタジーなのかな。
    人間とそれ以外の有機的な生き物と無機物の境目がなくて、それらの間を行ったり来たり、どろどろに溶け合っているような。
    唐突な一行目があって、その後ろに世界が広がっている。

    なんか、こういう曖昧な説明しかできない。笑
    でもひとつ前に読んだ「センセイの鞄」とはまったく印象が違った。
    個人的には安部公房を少し思い出した。

  • 川上さん自身が「うその国に入り込んでしまって書いたうそばなしなので、うその好きな方、私の作ったうその中で遊んで行ってくださいな」と言っています(笑)
    このメッセージ、最初に読んでいたら、割り切ってもっと楽しめたかな~とも思いました。 大好きになった『センセイの鞄』の著者の別の作品にも触れてみたいと思い、今作が芥川賞受賞ということで、期待大でしたから、読めば読むほどにこの不思議な世界観は???でした。一言で言うなら、境のない世界。人間と蛇の境がないし、生物と無生物の境もあいまい、形あるものは個体から液状になり、さらに気体へと…そして気持ちだって何が何だか、だあれも分かっていない。うその世界はうそだってわかっていたらそれなりに楽しい。でも境目を区切りをつけたがる人間はある意味、つらいかな、こんな世界に居続けるには。蛇母さんがしきりに「ひわ子ちゃん、ひわ子ちゃん…」と呼ぶ声だけが生々しく現実的に思えました。著者もこの作品に関しては意図などきっとなかったのではないでしょうか?そこが魅力なのかもしれません。自分で書いててレビュー自体もちょっと?になってしまい、すみません(苦笑)

  • 文章によってしか起こされない脳内の解放があって、それを体験する。
    意識が空間に溶け出して、失くなってしまうみたいだ。

  • この世界にうまく馴染めない人間の、世界に対する違和感。自分と他人が違う人間で、違う考え方を持っていて、そうであることが当たり前だ、ということとは違った次元での、もっと本質的な、違和感。極端なことを言えば、あれ、私はみんなと同じ種類の「人間」だっただろうか、という疑いにもたどり着くような。そんな圧倒的な差異に押しつぶされそうにもなる。そこで、『蛇を踏む』、なのだ。ああ、ここに私と同じ感覚を持った人がいる。そう思うと泣けてくる。何だろうこの違和感、の「違和感」を確かな言葉にするということ。言葉にするということは一つの救いになり得るのだ。

  • ぬらぬらしている

  • 変な短編小説3編を所収。(笑)個人的には「消える」が面白かった。3編とも寓意に富んだ作品でその意は少し難解だが、状況変化がぽんぽんあるのと面白い文体なので、読むだけなら読みやすい。(笑)まあ、不条理小説ですね。
    「惜夜記」は心の冒険譚で少し理解は難しいが、状況に比して優しい言葉に包まれており、ほのぼの感がある。「蛇を踏む」と「消える」は家庭内心情を面白おかしく童話化していて、不条理さにもかかわらず、なんとなく余韻が残る作品である。

  • 踏んだ蛇が人になり、家に居着いてしまう女性。
    「消える家族」を持つ不思議な慣習と暮らす家族。
    夜にまつわる不思議な寓話。
    そんな3つの短編集。

    やっぱり芥川賞系の本は、合わないことが多い。
    合わないというか、文章を読もう読もうとするんだけど、ポロポロ取りこぼしてしまう。

    巻末によると表題作「蛇を踏む」は若い女性の自立と独立を描いているそうなのだが、そうとは感じ取れなかった。
    むしろ、安寧に暮らしていた女性が転機を受け入れるか優柔不断に悩むお話と思ってしまったなあ。それが自立と孤独、なのかしら。

  • 不思議な話で設定もあり得ないのに、なんだか受け入れてしまった。途中わけがわからなくなって何度も読み返すことあり。
    好き嫌いが分かれる作品かも。

  • もう訳がわからないけど、それでいいのかなって納得してしまう「うそばなし」。
    文体のせいかな。
    なんとなく、そんなもんか、って思ってしまった。

    なんか、エロい感じ笑
    別にそういうことが書いてある訳じゃないけど、なんとなく性的な感じがしました…_(:3 」∠)_

  • 本人曰く「うそばなし」。実質はファンタジーであり童話的なもの。最後に納められている「惜夜記」については、夢の描写か。

    芥川賞受賞の表題作は、比喩の話かと思いきや、文字通り蛇を踏んで取り憑かれてしまう。「消える」は、突然消えがちな家族の話。何を書いているかわからないだろうが、本当にそういう話だ。

    読んだことがない人に、何に近いかを説明する場合、宮沢賢治なのではないかと思う。正直なところ、個人的にはあまり好きではないのだが。

    全体に良い意味で、純文学を描く女性作家らしい、独自の世界を構築しながら突拍子もない事、例えば蛇が夕飯を作ってくれたり、嫁いできた兄の嫁がどんどん小さくなって芥子粒のようになってしまったり、影しかない獅子に頭を食われたりということが起きる。

    そういう表現の時に、往々にして、独りよがりの表現に終止する作家が多いのだが、小川洋子や川上弘美の場合は、何故か受け入れられるのだ。

    1960~70年代位なら、こういった抽象的な表現で高評価を得ると、その裏にある社会だとかをほころびから力づくで引きずり出してくるような読み方をするものが多かったのだろうが、本作の場合は、すべすべの大理石の彫刻を撫でるように楽しむのが正しいのであろう。

    ただ、個人的には、「センセイの鞄」のように、1本に"不思議"は1つ2つだけにして、収束点まで引っ張ってほしかった。

  • 電車のなかで、ゆらゆらと読書。
    まったく「ほんとう」ではない物語なのだけれど、淡々と軽やかに「これがほんとう」と言われれば頷いてしまいそう。
    すこし暗くておそろしく、ふと顔をあげて映るじぶんの顔にはっとするような。

  • 第115回芥川賞受賞作。
    他に「消える」「惜夜記(あたらよき)」収録。

    感想を一言で言えば、驚いた、だ。
    初めての読書体験だった。

    踏んでも踏んでもきりがない感じの蛇。「踏まれたらおしまいですね」といって消えてしまってから、様子のいい中年女性に化けて語り手の部屋に居座り、語り手を蛇の世界へしきりと勧誘する。

    わけがわからない。
    でも、面白い。

    筋が、あるようなないような。
    おとぎ話にありがちな説教臭いお話かと途中まで思ったがとんでもない、作者のいう「うそばなし」そのもので、シュールで不条理、教訓なんてこれっぽっちも含まれてなどいないように思える。

    3作品とも、どこにもない、似たような話すら一度も読んだことのない話だった。

    それでいて、どこか生々しくリアル。

    「蛇を踏む」も面白かったが、自分の好みは、「惜夜記(あたらよき)」だ。
    さまざまな小さなエピソードを積み重ねて大きなイメージが構築されている。
    単純で分かり易い文章は、意味の不明瞭な単語など一語もないにも関わらず、
    全体としてみたら予測不可能で不条理な不思議な世界を形作っている。
    その世界は独自なルールや法則に従って成り立っていて、妙に違和感がなく説得力がある。和田淳のアニメの世界のように摩訶不思議な視覚的イメージが鮮やかに次々と浮かんでくる。
    それは、これまで触れた物語の中でも群を抜いて美しく、艶かしくて、楽しかった。

    2013.10.18読了

  • 踏まれた蛇は女に変わって、私との共同生活を営むようになった。現実からずれていくさまが気持ち悪くも心地よくもある。妙なところで、すこし古めな生活感を感じるのもいい。つくねが食べたくなる。「惜夜記」の奇妙さは内田百けん(けんは、門構えに月)のよう。夜を感じて、いつまでも読んでいたい作品。

  • 今の今まで読んでこなかった芥川賞受賞作品。

    日常には程遠いことなのに、昔のことを思い出すように読めました。

  • 捉えどころのないふにゃふにゃした感じ。
    でもなんか好き

  • 芥川賞を読もう計画の一端です。

    不思議なことをあたりまえのことのように書いてある小説集でした。
    受賞作よりも「消える」のほうが、妙な信仰みたいなのが書かれていて面白かったです。
    あとがきにも、昔からうそのことばかり考えて生きてきたというように書いてあって、なるほど、と、思うと共に共感しました。

  • 真珠玉になった少女を飲み込む件がとてもきれいで好き

  • 読み始めたらくらいついて読み進めてしまうのに、ページを開くのに決意が必要な本だった。
    自分が、しゃんとしていないと、本の世界に飲み込まれそうになるから。

    だめだと分かっているのに近づいてしまう魅惑的なもの。一度虜になれば二度と抜け出せないもの。そんな自分に目をつむる曖昧な自分。どんどん流されていく。

    こんなことを、表題作「蛇を踏む」「消える」「惜夜記」それぞれから感じた。
    川上弘美さんの作品自体、嵌まると抜け出せない。

  • 芥川賞、という感じ。

    私が日々暮らす中では決して起こりえないことが、
    この中では淡々と起こり、
    人々はそれに少々困惑はすれども、
    特にそれを認めぬこともなく、話が進む。
    現実と非現実が溶け合っていて、
    私が暮らす世界とはほんの少しだけ
    軸が違う次元にいるような感じ。

  • 「うそばなし」というこの作者の物語に対する距離感があんまり好きじゃないです。
    自分の場合、本を読んだり音楽を聴いたりして感動したり面白いと感じるときに、そこに描かれている人物や物語が「うそ」だと思わない。というか「うそ」というスタンスでは楽しんで観賞できないのです。
    それは物語自体が現実的か非現実的かという問題ではないです。逆に変に現実的すぎて「うそ」臭くなってる青年漫画とかは嫌いです。

    この小説はこの彼女の思想を「うそ」に乗せて表現してるだけのように感じてしまっていまいち楽しめなかった。
    基本的に表現してる内容は似たり寄ったりで、だから物語の面白さは、彼女の表現を使えば「うそ」がうまくつけてるかどうかの違いでしかなくて、解説を読んでみてなるほど、結局どの短編も「うそ」でしかないなという感じでした。そこが作者の狙いなのかもしれませんが。
    普通は「うそ」と思われたら失敗じゃないかな?物語、作品として。逆転の発想ってやつですかね。作品がオモシロいかどうかは別の話として発想は面白いかも。
    でも「蛇を踏む」は嘘くさくない分、うまく「うそ」がつけてる作品だと思いました。

    解説が内輪・好きものネタすぎてちょっと引きました。

  • 不思議な話、三篇。
    人間の他に蛇とか獅子とか動植物もたくさん登場するし、消えたり変化したりもある。
    日本昔話を思わせる。大人版といった感じか?

    2017.8.19

  • H29.6.28 読了。
    独特な世界観で好き嫌いが分かれる作品だった。

  • 蛇が嫌いなくせに、タイトルが気になってつい図書館で借りてきた一冊。
    でもやっぱり蛇がリアルに脳裏によぎるのと
    変に生々しい描写についてゆけず途中で止めた。

全361件中 1 - 25件を表示

蛇を踏む (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

蛇を踏む (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蛇を踏む (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

蛇を踏む (文春文庫)の作品紹介

藪で、蛇を踏んだ。「踏まれたので仕方ありません」と声がして、蛇は女になった。「あなたのお母さんよ」と、部屋で料理を作って待っていた…。若い女性の自立と孤独を描いた芥川賞受賞作「蛇を踏む」。"消える家族"と"縮む家族"の縁組を通して、現代の家庭を寓意的に描く「消える」。ほか「惜夜記」を収録。

蛇を踏む (文春文庫)のハードカバー

蛇を踏む (文春文庫)のKindle版

ツイートする