真鶴 (文春文庫)

  • 1427人登録
  • 3.40評価
    • (78)
    • (138)
    • (174)
    • (69)
    • (17)
  • 165レビュー
著者 : 川上弘美
  • 文藝春秋 (2009年10月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167631062

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川上 未映子
村上 春樹
川上 弘美
村上 春樹
川上 弘美
有効な右矢印 無効な右矢印

真鶴 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • すごく不思議な物語だった。
    ふわふわしてて、痛々しくて、物悲しくて。

    主人公は40代シングルマザーの京。12年前に夫は突然失踪した、“真鶴”という言葉を日記に残して。
    それからは一人娘の百と母親の三人暮らしをしていて、物書きとしてどうにか生計を立てている。
    不在の夫に思いを馳せたまま新しい恋人と逢瀬を重ねる京は、何かに惹かれるように度々真鶴に足を向けるのだが、そこには夢なのか現なのか分からない世界が常に在るのだった。

    喪失、というものが強く胸に迫ってくる。この世に存在しているのかしていないのか分からない人に思いを馳せる。江國香織の「神様のボート」のさらに上をゆく“喪失感”。
    いっそ死を確認できた方が前に進める。生死さえ分からないからこそ、いつまで経っても心が囚われ続ける。

    東京と真鶴のエピソードが行ったり来たりするのだけど、東京は現実の生活で、真鶴は夢の中のような幻想めいた場面。そこでの会話も、出てくる人間も、現実のものなのか京の頭の中でのことなのか、よく分からない。
    ただ常にあるのは“喪失感”。
    囚われすぎて頭が少しおかしくなっているのか。でも東京ではきちんと仕事をし、家庭生活も営んでいる。人間は常に、普通と異常の間を行き来しているものなのかもしれない。

    そんな不思議な空気感が終始流れていた。
    ふわふわしてて、痛々しくて、物悲しい。

    川上弘美さんの文章には“和”を感じる。言い回しとか単語の選び方とか平仮名の使い方とか。
    主人公の行きどころの無い感じは、「風花」ののゆりとも共通しているかも。

  • 川上弘美さん いつも性愛を描くのが素敵すぎる。
    どこまでも憑いてくる女は、もしかして与謝野晶子かもしれないくだりに クスクス笑ってしまった
    しかも憑いてくる女と いい合うシーンで
    ワンタン麺食べたことないくせにって反撃するとこもクスクス笑ってしまった。夜の公園も大好きですが、こちらも大好きな作品です。

  • 絵画に色をつけていくように、言葉を連ねているような感じがした。
    ただ「真鶴」という文字だけがくっきりと浮かび上がっていた。
    読んでいる間中恐くて不安だったけど、最後、現実の人たちの温かさに触れて、ほっとすることができた。

  • 最近、川上弘美好きだなぁ。

    多分、内容を要約すると全く面白くないんだけど、
    文章のクセや表現が私好み。

    どの作品も、私の好きなジャンルではないのに、川上弘美って名前だけで買ってしまう。

    この「真鶴」も内容は暗いし、ちょっと病んじゃってる感じの主人公の飛んじゃってる話なんだろうけど、
    人に触れていたい温もりや人に対する温度の変化がすごく伝わってきた。

  • (解説で言うところの「嘘」の言葉でしか僕は文章を書けないんだけれども)京が往来する冥界と日常世界とに明確な境界線はなくて、ゆらゆら揺らいでいて、人と人でないものが混じり合っている事を肯定している。
    ある程度酔ってしまわないと、川上弘美の物語にはついていけない(←あえてひらがな!)と思った。あちらの世界の都合は解明されないけど妙に惹かれてしまって影を追ってしまう精神状態は、内田百間や宮本輝の『幻の光』、よしもとばななの『アムリタ』の感覚に似てる。
    電車は文学的な乗り物だなぁと改めて感じた。車で真鶴へは行けない。

  • 読んでいるあいだ、ずっと気持ちよかったです。
    冬の曇天のようなくすんだ景色で、遠くのほうは全部まじってぼんやりしているけれど、吸い込む空気だけは、清潔に澄んでいる感じ。

    夫が失踪し、思春期の娘と老いていく母との三人で暮らす女性が主人公で、お話の起承転結もちゃんとあるんですが、それより何より、夢幻と現との行き来、というより、その境界がなくなってしまったような、不安定な心持ちや、言葉の選び方、ひらがなの柔らかさ、ぽつりぽつりと繋がる文章、そういったもの全てが、とても気持ちよかったです。
    (が、こういう文章は、苦手な人も多いだろうな、とも思います。)

    ついてくるもの、離れていってしまう人、変わっていくこと。

    リアリティのあるお話ではないはずなのに、どうしてこんなに強く心に迫って来るのだろうかと、不思議な気持ちになりました。
    頭で考える、のではなくて、心で感じる作品かなぁと思います。

  • 「歩いていると、ついてくるものがあった。」
    なんという胸騒ぐ書き出し。これは覚悟を決めなければ。いざ行かん、川上弘美ワールドへ。
    大いなる期待と怖いもの見たさ的緊張を携えて、読む。
    『蛇を踏む』で味わった不可思議な不気味さとどこか寄り添える郷愁が、あのとき以上に磨かれて、繰り広げられてゆく。
    読みながら、ああ、川上さんは最早こんなところまで来られたのか、と、何度も何度も呟いた。

  • 読み始めて、あれ…これは苦手なタイプの作品かも…
    と、時間をかけて読むことになってしまった。

    しかし、後半からは、一気に引き込まれた。
    それまで皮膜のむこうの世界を、ぼんやり
    眺めているような読書時間だったのが、
    皮膜をやぶり、一気に核心に迫るような。

    誰かを想うこと、失いそうになること、
    失ってしまうこと、失ったあとに焦がれること。
    すべてが、ちりちりと胸を焦がすように
    その熱が痛いほど伝わるような気がした。

    歳を重ねること、時間がゆっくりと積もってゆくこと。
    そうして、やさしい風がふくような
    読後感。

    読み切って、よかった。

  • 背景としての海だけではなく、物語の必然としての海を堪能。読んでいるこちらさえ「輪郭がにじむ」ような小説。海水、それも生温い海水に浸かっているような心地。(読友さんが羊水と表現していた)生まれる前の彼岸と此岸が交じり合った(滲みあった)空間である真鶴と「ついてくるもの」の濃厚な存在感に圧倒される。「ついてくるもの」が彼女のたくさんの係累をぶら下げてくる描写には、怖ろしくて鳥肌が立つ。けれど、原生林を走るバスのなかで「ついてくるもの」が人生の節々を過ごした彼方此方を晴れやかに指さすシーンは美しく、心震えた。
    終盤、寒天を煮溶かすシーンがとても印象的。寒天は海藻という海のものであるからは、固めて食べてしまえば安心? 杏仁豆腐をつくる三人の女達が、自宅の台所に「ゆたゆたしたもの」を持ち込む、共犯関係のように思えて怖く感じてしまうのは、わたしだけだろうか。

  • 130919読了。
    昨年友人と温泉旅行に行ったとき、東海道線で通りがかったその駅に「真鶴って、名前だけで惹かれる」というその友人の言葉が印象的だった。
    忘れられず、ある日古本屋でそのタイトルを見かけたとき、「これは」と思った。表紙裏の概説を読むと、失踪した夫がうんたらかんたら、と書いてある。うーんそんな感じか、と一度棚に戻したその本をは、次に同じ古本屋に行ったら同じように置いてあり、今度はちゃんと買った。
    読むと、高校生の娘を持つ女が、ずっと前に失踪した夫の影を追い続けるが、いつしかその影が薄れて消えていくというそんな話だ。
    娘の、高校生くらいの固く冷たく、まだ大人ではない不安さ、若さ、綺麗さが個人的に好きな描写だ。
    「好きな人はいるの」という女の問いに、「いるような、いないような」と答える。どこがいいのかと聞くと、「しんせつ」と言う。高校生女子、素敵。その娘を持つ女の母としての感情も、興味深い。
    女の家は、女の母と娘の3人で暮らす。女には男がいるが、男にも家族がある。
    真鶴に行くと、失踪した夫と、謎の影がついてまわる。主人公がひとりで真鶴にいくたび、どんどんファンシーに、情緒的になっていく。
    中盤かさ終盤の、その情緒っぷりはちょっと勘弁ではあったが、女家族や、女が妻となり母となる過程の回想などは本当に面白かった。
    真鶴は、冒頭に「砂」という表札が出た旅館が出てくる。それだけで少しわくわくする。
    物語の舞台が伊豆箱根だと無条件に楽しんでしまうのでした。そういう本を読みながら、旅行に行きたい。

  • 文書はゆらゆら、さらりと読める。
    しかし言葉の裏側にある、おもいの揺れかたは激しい。

    この相反するトーンを同時に表現されている小説は読んでいて背筋が凍りました。

    もういちど、かまれて、かみしめたい。

  • 存在の揺らぎと、不在が有るということと、
    白い波。

    女という生き物が、
    現実と何かの挟間でゆらゆらしている。

    映画やドラマになりにくい、こういう物語こそ、
    小説を読む醍醐味を感じる。

    自分だけの絵、というものが記憶になり、
    まるでその物語の表紙になるかのようだ。

    表紙と言えば、この小説は図書館から借りたものだが、
    白地に「真鶴」という大きな字の表紙ではなく、
    微妙に違うトーンの色の林檎が、
    ごろごろと無造作にころがっている絵のものだ。
    それぞれの実はそれぞれに影をおびている。
    そばにいても、永遠に分かり合えない部分をもつ。

    それが親子だとしても、それが男と女だとしても。

  • 買った本だけど、後半は図書館で借りて読んだ。熱海行の東海道線の、網棚のうえに置き忘れてきてしまったのだった。あの本は「真鶴駅」まで旅をして、どんより曇ったひろがる海を見たのかしら。

  • 独特なひらがなを使っている作品。意味が重すぎて、さらっと読めないので、読みにくいかもしれない。

    とてもゆっくりと進むため、落ちついてでないと、最後までは読みきれない感じ。世界観に浸り、じわっときたら、おいしくいただける。


    p218
    …ねえ、どこにも行かないで、ねえ、わたしのものになって…

    私も京のような想いになったことだろうと思う。焦がれば、得られず、そのことが分かれば、永遠に不安が拭えない想いだと思う。

  • 一言で言うと境界が融けてゆく話。自と他、生と死、主と客、もろもろの境界。重要なのは、そこを縫い合わせるものとして「固有名詞」があるということ。「命名」の力。登場人物の名が数字である理由(「京」「百」「礼」)。亡き夫が「名を呼んでくれ」と求めることの必然。そしてなぜ「真鶴」に呼び出されるのかという根本的な問題。

    設定がフランソワ・オゾンの『まぼろし』と同じ。ただ決定的に違うのは主人公に娘がいるかいないか。この違いは大きい。

  • 真鶴は自殺した友だちが住んでいた場所で、
    なんとなく、殺風景な漁師町のイメージ。
    実際は、知らない。


    だんなが失踪して10年以上経った女性の物語。
    母と娘と女3人で暮らしている。

    凄く不思議で、ときどき怖い。

    最初は”ついてくるもの”の意味がわかりづらいし退屈で、
    なかなか読み進まなかったんだけど、
    失踪の謎がうっすら見えて来ると、
    やっぱりぐぐっと集中して読めた。

    礼(だんな)との思い出のシーンは
    なんだか切なく、恋してる感じで、好きだったな。

    恋人に固執するところも、なんかリアルで、よかった。

    もう1回読みたいと思うけど、
    他にも読みたい本がたくさんあって、
    いつになることやら。

    この大胆な装丁、かなり好み。

  • なんとも不思議な物語。突然行方不明になった夫(13年くらい)の手帳に書かれていた真鶴という文字に誘われて、何度もその地を訪れる京。夫を殺したかもしれない、夫と他の女が会うのを見たかもしれない、途中からそんな感じになりつつもそれが夢か現実かも読者には教えてくれない。

  • 川上弘美を読むのは『センセイの鞄』に続く2作目。
    終始夢の中にいるような、まさに「にじんでいる」文章。ある程度年のいった女親特有の、娘との難しい距離感があまりにも生々しくて目を背けたくなる。

  • ひらがなが多くて読みにくいが、幻想的な小説。解説も良い。

  • 女性の小説家の本を読むことがあまりない。自分が男性なのでそっちに偏るのと、やっぱり性差みたいなものを最近ものすごく感じるので。
    具体的に言うと、自分はどう頑張っても子どもは埋めないし、日常生活レベルで大きく違うのは生理がないこともそう。当然、社会的な部分でもだいぶ違う。だから女性のことを「わかる」って絶対に言えない。でも少しでもわかりたい、なんとか理解したいという気持ちはある。「わからない」こと前提で。逆に、自分は人として普通に接したいのに、悪い面での女性的なとこがある女性にはイラっとしたりもするけど。
    男性は確かに社会的には恵まれてると思うけど、誰しも好き好んで男に生まれたわけではないのです。

    で、女性作家のことはやはり女性のお薦めを参考にすることが多く、川上弘美は姉が好きと言ってたので読みたかったんだけどきっかけがなく、読書会の課題本だったので読んだ。
    課題本発表された翌日にすぐ買ったんだけど、読書する気が最近全くなくて前日徹夜で一気読みした。初めて一日で本を読んだよ。

    昔付き合ってた子に江國香織の短編を薦められて読んだのだけど、サイコホラー的な部分がある作品で、この『真鶴』も霊的なものだったから、またホラーか!!と。女性的なものや思春期的なものとホラーは結びつきやすいんだろうか?ホラー映画とエロが関係あるように。

    一気読みしたからそんなに精読できてない。内容、途中の思春期の娘との話のとこは面白かった。ラストはそうでもなかった。

    一気読みなので、構造分析はあまりせずに心情描写の方を楽しむことにしたのだけど、文学賞も獲ってる大学の先生(30歳)は逆に構造分析しかせず、恋愛ものとして読んでなかったのは面白かった。
    たぶん細かいとこにテクニックを使ってるはずと思ったけど、「礼」=「霊」=「零」というのはなるほどなー、なんで俺気づかなかったんだろうと。おばあちゃんの名前は那由他とかか?と思ったけど、名前出てこなかった笑。
    バナナとリンゴ、おたまじゃくしとかは性的なメタファーと成長だと思ったけど、そうならわりとストレート。

    お話としてはよくある再生もの。過去のトラウマに決着をつけ手放す。再生というのが、農耕民族の場合一年がめぐるのが大事なんだけど、主人公の再生と共に女三世代の循環、みたいな。

    解説の「時代を代表する作品」ってほんとにそう思うか?ってことを先生と話したんだけど、さすがにそれはないなと思う。感覚で言うと10年ぐらい遅い感じ。90年代の川上弘美を読むとまた違うんだろうか。

  • 現実と幻想のない交ぜさがあえて読みづらい書き方をしてあるような文章で綴られる。著者が女性であるからといってこれを女性性といってしまうのも違うような気がするが、正直な印象はすごく女性っぽい、男からみた理解しにくさが濃縮されているように感じた。、

  • 2016年1月30日読了。

  • 兎に角美しい文章。

  • 多くが語られないまま、透明感ある文章が漂う

全165件中 1 - 25件を表示

真鶴 (文春文庫)に関連するまとめ

真鶴 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

真鶴 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

真鶴 (文春文庫)の単行本

ツイートする