壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)

  • 5450人登録
  • 4.18評価
    • (1331)
    • (612)
    • (778)
    • (24)
    • (7)
  • 700レビュー
著者 : 浅田次郎
  • 文藝春秋 (2002年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (463ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167646028

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
浅田 次郎
宮部 みゆき
浅田 次郎
有効な右矢印 無効な右矢印

壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)の感想・レビュー・書評

  • 最近になって、人生は一般的に良し悪しを決められるものじゃなく、自身が設定した判断基準で決めるものである、ということが遅まきながら分かってきた。そしてその判断基準は、自分の人生を何に捧げるかをきちんと決めることが出来た人のみが持っている。
    判断基準があった人はそれに向かってひた走ることで、何らかの結果が出る。対して判断基準がなかった人は、晩年になって「私の人生これでよかったのかなぁ?」と思うのではないだろうか。

    本書の吉村貫一郎は、妻子の幸せこそ自身の幸せと思い定めており、全ての行動の裏にはそれがある。
    また、子の吉村貫一郎も、難しい環境にも適応し豊富な実りをつける稲を開発することで故郷の人を幸せにすることが自身の幸せだとしている。
    この2人の境遇は天と地ほどの差があるが、最期に人生を総括する時には、私は幸福だったと思うのだろう。

    そういう風に私もありたい。

  • 新選組隊士、吉村貫一郎の話なのだがそこに描かれる思いに、それに関わる色々な思いが凄いです。

    生きることこそが武士、生きて忠孝の限りを尽くし、畳の上に死するが武士の誉…義を通すため生きなければならない為に切る貫一郎、それができるのは強いからなのではあるが。
    そして強さと優しさがあるからこその「おもさげなござんす、お許しえって下んせ。」

    義を通して守ろうとした息子嘉一郎は自らも父と同じく義を通して…、何ともせつない。
    義とは何だろうか、不変のものではあるはずだが時が違えばもう少し…と。

    上巻だけで入りこみクタクタになる。
    下巻へ続くであんす。

  • 「死にたくないから、人を斬ります。」

    痩身の浪人が、貧困、武士の身分制度、時代の渦巻く流れに翻弄され、人を斬らなければならなかった。
    きっといつも「オモサゲナガンス」と心に泪して斬っていたのであろう。

    吉村貫一郎の妻子への愛情に心打たれ、笑顔と優しさに隠された剣の強さに惹かれるも、時代の不条理に胸を締め付けられる。

    切腹を言い渡された吉村貫一郎には、なんとしても生き延びてほしい。

  •  毛嫌いしていた新撰組。なんのなんの、これには引き込まれました。
     南部藩を脱藩して新撰組に加わった吉村貫一郎の人生を、吉村の息子、新撰組の隊士などが語っていく・・・そこには、ただひたすらに義を通した侍の様々な顔が。
     初めはそれぞれのパーツがバラバラな感じがしてすんなり入ってこなかったけれど、それが一本の線につながってくる頃には、うなってました(笑)

     本筋の感想は下巻を読んでから・・ということで、まず、この時代の背景。
     江戸城大奥では篤姫が徳川のお家を守ろうとしているその頃、こんな時代だったんだ・・というのが大きな驚きでした。
     飢饉が続き、このままでは冬を越せないという現実を前に、身重の妻は口減らしのために自ら命を絶とうとします。助けられてもなお「この体をば、食ろうてくらんせ」。
     それを見ていた数えで九つの息子は「わしは兄者ゆえ、腹などへりはせん。飯なぞ食わねでも良がんす」と・・・・。
     もちろん小説です。ですが、こんなドラマとともに日本の歴史を学べたら
    もっともっと、社会の授業は面白く、濃いものになるのにな~と。

     出自で人生が決められていた時代。それでも、その定めをただ真っ直ぐに歩いていく、その生き様が素敵・・なんて思っていたけれど、それはそれは凄まじいことなのだ・・と、これまでの軽い考えを打ち消しました。

     これからどんな展開になるのか・・下巻、期待大です。

  • 「死にたぐねえから人を斬るのす」新選組で、ただひとり庶民の心を失わなかった吉村貫一郎の非業の生涯を描く浅田次郎版「新選組」

    引用終わり。

    いやはや、これは凄い。

    私は日本史などまともに学ぶべくもなくファミコンに夢中だったので年をとってから『竜馬がゆく』などを読んで明治~幕末の知識を学んだ口です笑。

    もちろん竜馬がゆくも素晴らしい小説ですが、長編であり史実に沿って物語りが進むため若干退屈に感じてしまう部分もありましたが、
    壬生義士伝は巧みな構成で飽きることなく一気に読み進めることができました。
    文庫本上下巻。二冊に魅力的な登場人物、歴史、ドラマがこれでもかと詰め込まれています。

    吉村貫一郎を中心とした物語ですが、周りの人物たちにもほどよくスポットライトを当て、激動の時代を生きた傑物達の魅力が伝わると同時に当時の生活がどのようなものだったか目の前に浮かんできます。

    幕末~尊皇攘夷、倒幕派と佐幕派の対立などを知ってるとより一層と物語りを深く理解することができます。
    たとえ知らなくてもさりげなく解説してくれるのが心憎い。

    一級のエンターテイメントであり素晴らしい歴史小説です。

  • 僕が読んだ新選組小説の中では一番好きな作品です。
    涙無しには読めないので、通勤中に読む際には注意が必要かもしれません。
    話的には、余り資料が残っていないとされている隊士、吉村貫一郎の人生を追う人物(学生?)が、関係者から話を聞いていく…という構成になっており、話す人物が様々な事件を織り交ぜて回想しつつ話していきます。
    話の中で、鳥羽伏見以降の戊辰戦争の主だった内容は網羅されている感じでしょうか。

    細やかな描写が美しく、とても読みやすい物語でした。
    他の新選組関連の作品はもちろん、それ以外のお話も読んでみたいと思える、素敵な作家さんに出会えたと思いました。

  • 私が1番好きな本。

  •  登場人物それぞれが家族への想いを内に秘め、見栄や名誉よりも大切なそのために、時代の変わり目を必死に生きる。
     そして、身体は朽ちても、その想いだけがまるで生命の本体かのように、誰かの身体にまた宿り、時代を超えて生き続ける。

     巧みな構成に感心しながら読みふけり、後半は涙なみだ。

  •  多くの方々が指摘していますが、この物語は百田尚樹氏の「永遠の0」とよく似ています。ストーリーも、登場人物の性格も、主人公の姿をいろんな人の目を通して描くことで多面的に浮き彫りにしていくという手法まで、何もかも。

     「壬生義士伝」も「永遠の0」もどちらも男の壮絶な生き方を描いています。カッコよくて悲しいです。二つの中では、私は壬生義士伝の方が好みです。話の進め方(取り回し)が洗練されていて厭味がないから。

     ところで、武士というのはどうしてこんな不自由な生き方から抜け出せなかったんでしょうか? 腹を切らされることは今のサラリーマンでもあることかもしれませんが、それでも本当に刀で切って死ぬほどのことはありません。そんなことしたら痛い! 武士に生まれなくてよかった……。

  • 主人公は南部藩の脱藩浪人、吉村貫一郎。司馬遼太郎の「燃えよ剣」で新撰組の主要メンバー達の生き様に触れたが、この人の事は知らなかった。名前くらい出てきたのかも知れないけど覚えてない。

    この作品の魅力は、職人 浅田次郎の手で練り上げられた貫一郎の重層的な人物像に尽きる。

    剣の達人である彼は、この時代の若者達を熱狂させた幕末思想にも自分を見失わない、孤高のリアリスト。一途で愚直、人に優しく面倒見が良い。そして郷に残した妻子へ仕送りするため、周りの嘲笑にも頓着せず倹約を重ね、仕事と割り切って人を斬る。想像する絵としては西島秀俊かな。

    この主人公とダブるのは「永遠の0」の宮部久蔵。時代の空気に染まらず、自分を貫く二人の姿には心が熱くなる。しかし結局は両者とも日本人としての美学を貫き、悲劇的な結末を選択してしまう。

    近藤勇、土方歳三、沖田総司ら新撰組の華々しい主役達の影で、こんなに人間臭くて味わい深い人生を背負った人物がいたのか...
    素晴らしい作品と出会った。やはり浅田次郎は間違いなし。

  • 単なる新撰組の活躍ストーリーとは一線を博す本。理不尽にまみれた時代の中で、自分を見失わず、大切なものを見失わず、ただひたすらに家族の幸せを願って戦い抜いた一人の男の人生。
    自分にとって大切なものは何か、改めて考えさせられる本です。

  • いつか見た映画で、号泣したことを覚えている。

    時にぐわっと涙をそそる物語。

    下巻も楽しみ。

  • なにかの名作100選で堂々の1位を獲得していたため、Y氏から借りて読んだ。
    新撰組の隊士 吉村貫一郎の独白と、彼と関わった人々の彼に対する語りを交互に読むという感じの構成。

    ひたすら故郷と家族を想う、あまりにも生真面目で不器用な男の生き方。こんなに過酷な生き方では報われなさすぎるのではないかと切なくなった。
    でもじゃあ、他にどんな選択肢があったんだろう?と思うと彼の生き方を否定することはできないのだけど。

    吉村もだが、他の登場人物にもそれぞれの生き方があり、深い。後半へ進むにつれ、涙、涙、涙。 特に吉村の望郷の想いがほんとうに切なくて、とにかく涙なくしては読めない感動作だった。
    ただ、また読み返したいかと聞かれたら即答はできない。 あのやるせなさをもう一度追体験したいとは思えないので。 それでも1度は読んでみていい名作だと思う。

  • ワクワクしてどんどん読み進んだ。面白かった。登場人物がとても魅力がある。吉村貫一郎は死なせないでと願っていました。

  • 「壬生義士伝」より「南部義士伝」と言った方がしっくりくるんじゃなかろうか。
    幕末の動乱に生きた新撰組隊士・吉村貫一郎という一人の武士のお話。南部藩を脱藩し新撰組で多くの人を斬りながら盛岡の家族に仕送りを続けた貫一郎の人物像はもちろん、国の重役・大野次郎右衛門の人物・貫一郎との関係にぐっときた。

    勝てば官軍、負ければ賊軍。
    幕末ものは、揺れ動く時代に様々な立場で生きる人々の生き様がどう描かれるか。
    その中で己の一本道を貫いた貫一郎の生き様。なんとも切ない。
    貫一郎が度々語る故郷・盛岡の美しさが、また日本人の心を揺さぶるのである。

    「南部の子だれば、石ば割って咲け」
    「潔く死ぬんじゃあねえ、潔く生きるんだ」
    ああ、浅田次郎はやっぱり巧いなぁ。泣ける。

  • 浅田次郎さんは日本人を泣かせるのがほんとうにうまいなぁと思う。泣いた泣いた。

  • これは泣けます びょうびょう泣けます 戊辰戦争の意味について、英語を学ぶよりまえにこどもたちに知ってほしい

  • 歴史・時代ものは本当に不得意とするところで、避ける傾向にあるのだが、少しだけ覗き見程度にというつもりで読んだら、さすが,浅田氏。上手い! 打たれてしまいました。 歴史的背景や新撰組などの知識をもって読めばその打たれ具合は増すに違いないでしょう。
     
     南部藩を脱藩し、新撰組に入隊した吉村貫一郎の物語である。上巻はその新撰組時代。前線にて戦う男、吉村貫一郎を格好良く描いたものではなく、武士の義という一本の筋の流れの中に、仲間への思いやりと計らい、郷里に残した妻子のために何としても死んではならない、生きねばならぬ...と、武士の勇ましさとは程遠い無様な姿をさらけ出す吉村貫一郎がそこには描かれている。

     「おもさげながんす(申し訳ない)」と繰り返す吉村。しかし、この勇ましからぬ言葉の裏に、守るべきものを何としても守るという、途轍もない強さ、男気を感じるのは私ばかりではないと思う。下巻が楽しみだ。

  • 南部藩を脱藩し、単身京都へ。新撰組隊士となった下級武士、吉村貫一郎。家族に送金するため新撰組で一生懸命働きます。最初は吉村を嫌っていた斎藤一もやがて彼の不思議な魅力に気付き・・・・。
    岩手の自然を自慢したり、家族を自慢したりとおおらかな吉村。だが金には汚い!!東北人特有のずうずうしさ、我慢強さ、優しさが吉村をとおして描かれています。
    ....

  • 素晴らしかった。初浅田次郎モノ。感涙です。おもさげながんす。

  • 友人から薦められて読み始めた1冊。
    約1000ページ×上下巻の大作!
    そして、電子書籍の偉大さを再認識(笑)

    色々な人の語りによって、
    幕末に、時代に翻弄されながらも、
    精一杯生き抜いた人たちの姿が生き生きと描かれてる。

    最初は断片的な話が
    ポツポツと続く印象だけど、
    一つ一つをじっと読んでいくと、
    徐々に一つの話につながっていく。

    この時代、新撰組とかあまり詳しくない私だけど、
    上手い具合に時代背景も説明してくれているので、
    無理なく話に入っていける。

    じんわり、
    のめりこんでいく、
    上巻でしたっ!下巻も期待大!!ヽ(*^ω^*)ノ

  • 「永遠の0」がコレのパクリだ、というのを読メのコメント等で見たため、その真偽見たさに読んでみました。
    うーん、確かにパクリと言われてもしょうがないかな、率直なところ。吉村貫一郎という一人の侍について、当時の関係者からその人となりを訪ねまわる。インタビュー形式で当時の関係者の回想録として記載されていく、という点では、話の作り方が一緒ですね(笑)
    あと、吉村貫一郎と宮部久蔵も、人となりは相通ずるものがありますし。生き抜くことを是とし、家族のために生きて、そして死んで。これからを生きる若い者を大事にして。
    だからと言って、「永遠の0」を否定するものでもないかと。永遠の0を読んでの感動,衝撃,哀惜等々の感情は間違いないし。

    こちらの方は、大泣きはしなかったけど、読みながらチョイチョイ涙ぐみました。嘉一郎に関する話がどれもこれも辛くて。母との誓いを守り、文武に精進し、だけども身分ゆえの壁は越えられず。宮部もそうですが、世が世なら、もっと生きやすかっただろうに。むしろ、平和な時代にこそ生きて、多くの人を導いてほしかった。(フィクションなのにおかしいですね、こんな書き方は)

    吉村が侍,義を踏まえた上で家族のために生きるとしているのに対して、宮部はただひたすら家族愛のために生きている感じ。お金に触れている点で、吉村の方が意地汚くも映るが、より現実味が増している。宮部の方がそのような記述がないので、理想的な清廉さが出ているかな。

    歴史にまったく疎く、新選組のことなんてマンガ「るろうに剣心」で得た知識くらいしかないので、新選組ってこんな陰のある人達だったのか、と妙に感心したり。
    ちょっとね、言葉に馴染みがないので、初めはなかなか感情が入りきりませんでした。石高や股立ちをとるとか、鯉口を切るとか、よく知らないんです。
    けど、南部訛りも盛岡を愛してやまない、その描写がまた涙を誘うのです。転勤が続いて、故郷を持たない身としては、なかなか沸いてこない感情なのですがね。

    日本人って、なんでこんな面倒くさい生き方をするようになったんだろう。切腹とか、死んでお詫びとか、潔く死ぬことこそ誇り高き、なんて。あとは見栄と建前。いや、奥ゆかしさと言えば、まあ、いいのかもしれませんが、あまりにも自己犠牲感が強いというか、本音を言わないというかね。近藤勇が医者に行く件も、なんでこんな茶番をせねば医者にも行けないんだ、とかね。

    何事も程度だよね。行き過ぎたるは・・・ってやつ。この本を読むと、武士道とはなんぞや、と思います。世間でいうほど、正しきことなのか。吉村貫一郎、まっとうで真っ正直。だけども、この人もまっすぐ過ぎたのか。
    しかし、これだけの覚悟,矜持をもって生きているかと問われれば否。流されているな・・・

    でも、中途半端な侍魂が後の第1次世界大戦,第2次世界大戦の戦略的失敗を引き起こしている気がしますね、「永遠の0」や「失敗の本質」を読んでみると。
    日本人の切腹思想はどこから来ているんだろうか。本当にDNAに刷り込まれているのではないかと思えるくらいの日本人的思想。もしこの感覚が無かったら、日本って全然違う国になっていたんだろうな。ま、歴史にタラレバを言っても詮無きことですが。

    でも、この日本が人の半生の間に、こんな劇的なことが起きていたというのが不思議。婢田利八(池田七三郎)他が、人を斬りながらも、その後の人生を全うしているというのが不思議な感覚、想像できないんだな。刀を振り回していた人が飛行機を見て、ビールを飲んで、サラリーマンを傍目で見ている、という時代の流れが、なかなか想像できない。本当にこの時代を生き抜いた人ってのは、どんなことを考えながら生きていったのかなあ。

    さて、この吉村貫一郎、私の脳内では堺雅人さんでしたね... 続きを読む

  • 365日、司馬遼だけを読んでいた時期がある。勿論『燃えよ剣』も読んだが、初・司馬は『竜馬がゆく』だった。一種の刷り込み現象と言うか、新撰組には余り良い印象を抱いていなかった。年末に読了した『永遠の0』が本作へのオマージュだと知り興味を持つ。確かに構成はそっくりだ。まだ上巻だけだが、複数視点の語りのみの構成が時代小説としては新鮮。ヌーベルバーグを初めて見た時の様な衝撃。但、読み進める内に少しずつ印象が変わって行く。ここには実験臭はない。これは文学や小説ではなく、もっと古いもの、そう!去りゆく者達の昔語りだ。

  • 新選組隊士吉村貫一郎の話。

    輪違屋糸里よりこっちのほうが好き。

  • 個人的には感情移入できる作品ではないけど、時代の描き方が好き。

全700件中 1 - 25件を表示

壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)に関連する談話室の質問

壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)を本棚に登録しているひと

壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)の作品紹介

小雪舞う一月の夜更け、大坂・南部藩蔵屋敷に、満身創痍の侍がたどり着いた。貧しさから南部藩を脱藩し、壬生浪と呼ばれた新選組に入隊した吉村貫一郎であった。"人斬り貫一"と恐れられ、妻子への仕送りのため守銭奴と蔑まれても、飢えた者には握り飯を施す男。元新選組隊士や教え子が語る非業の隊士の生涯。浅田文学の金字塔。

壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)のKindle版

壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)の単行本

ツイートする